So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

金町が気に入った   [旅]





8月3日(金)、さてこの日は。
妻に鰻重をご馳走するのも重要な使命だった。
しかし、サマージャンボの最終日でもあったのだ。




AA4I0802.JPG


金町の由来は知らねど、縁起は良さそうだ。
秘密の話をすれば、妻は、ポタリと鳩のフンが当たってる。
希少機会をヒットする妻は、当てに行くようだ、期待。




AA4I0728.JPG

帝釈天で蓮が植えられていた。
水槽のようなプランターのような大き目の容器で。
ありがたい雰囲気は出ていると思った。




AA4I0794.JPG

同じ名前の店が向かい合わせに営業していた。
食べるための客席は、こちら側が広かったけれど。
カレーも売る団子屋より、団子をメインにする団子屋がイイ。




DSC02875.JPG

餡子がおいしかった。
次女なら幸せの溜息を漏らすのではないだろうか。
オレ、おかわりをしたくなったけど、鰻重大盛りの後だから食えんかった。





AA4I0705.JPG

チコちゃんもペコちゃんも怒り心頭

文科省役人の息子を裏口入学させた東京医科大学が、重大な差別入試をしていた。
センター試験終了後、自己採点し全予備校に送り、集計する。
その結果、判定予想が出てどの大学で勝負するか、出願を考える。

しかし東京医科大学は女子一律で減点していて、受験生はその不正を知らぬ。
しかも二次では男子だけ加点され、この不正も知らず、泣き寝入りだった。
浪人したり、大学による不正で、受験生が人生を狂わされていたのだ。

即座に文科省は解明のために介入すべきだが、接待漬けである。
何でも反対の野党、ここですぐに動けば少しはポイントも上がるが、無理だな。
以蔵や梅安さん、ネズミ小僧、コナン君、ナショナルキッド、出てこないな。

我が子や教え子がこんな目に遭ってたら、梅安、許さんぞ。
と、泊りに来た三女とパイナップルを食べ、手巻き寿司を食う。
オレ? 浮浪雲、隠居おじさん。




ファイト!






ファイト!(105)  コメント(9) 

鰻屋さん   [むかし噺]




お盆明けに課題を提出する。
葛飾区民大学の課題だけど、A4紙2枚を使って8pの冊子を作る。
川千家の取材をまとめるのだ。




AA4I0692.JPG



クッソ暑い35℃の、妻の休日に、ご足労願った。
柴又に出向き、日頃の感謝を込めて、うな重をご馳走します。
すでに、とっくに、決めていたのでした。




AA4I0736.JPG



課題の冊子では写真も多用しなければならない。
川千家の社長に取材した際、写真を撮ったけれど、社長の顔ばかりじゃ変。
となれば、後付けではあるけれど、うな重も店内も店員も店構えも、写しに行く。




DSC02863.JPG



早めに帝釈天をお参りし、暑さこらえて編んでます。
表紙も、内容を示す決定的写真を使わねばならず、苦慮した。
ブログとはまた違った風味で仕上げる。





DSC02868.JPG



取材費がどこかから出るわけではなく、うな重(松)4500円、自前。
でもね、妻への日頃の感謝もあるわけで、大丈夫だよオレ。
店員への取材も含めていいものが仕上がりそうで、楽しみ。





AA4I0796.JPG



そう。
大阪の高校時代、半世紀近く前の話だよ。
サッカー部のイケメンでアルバイトをした話を、妻に語る。

なんばのね、虹の街ができたころかな。
近鉄に向かうところの地下街入り口のすぐひだり。
江戸川と言う天婦羅と鰻の店。

そこでウエイターとしてアルバイトに入ったの。
初日からお姉さんたちから可愛がられたけど、客対応が悪く、態度?
すぐにオレだけ裏方に回された。

でもね、意外にそれが似合っていて、2年間、夏・冬・春休みと働いた。
皮膚病の鰻をさばかせてもらったり、賄い作ったり、食器洗ったり。
食器洗いが専門だけど、肝つぶしが楽しかった。

肝つぶしで胆汁が飛び、目に入ると痛いけど、割烹着がカッコよく汚れた。
その汚れた割烹着で、いっちょ前に地下街を歩いて、トイレに行ってた。
鰻屋さんには、だから何となく愛着があり、昨日は外から板場を覗いたりした。

鰻を食べまくった時期があって、今は昔。
それでも老いは、夫婦が老舗で、早い時間からノンビリ過ごすのもいいかなって。
昨日は中身の濃い、実に楽しい一日だった。


楽しい真夏の佳日




ファイト!





ファイト!(111)  コメント(11) 

経済新聞読み解き講座   [勉強]





NHK学園の単発講座に参加している。
90分×3回=12,000円 東洋大学の先生による「経済新聞読み解き講座」
2回目に参加して、これが一番楽しい講座と思う。

いい授業に出ると、自ずと笑顔になってしまう、悪人顔でもね。
毎回の課題が楽しくて、手を挙げて答える勇気はないけれど、身につくぞ。
日経は30分で読み終えて、後は好きなことをしよう。 ナルホド




AA4I0635.JPG


新聞を読むのに、人より賢くなろうと思っちゃダメ。
人より知識を増やすのではなくて、世の中の流れを読む。
そのための情報を集めるのだ、と。




AA4I0645.JPG


小さな記事からキーワードを拾い、この先どう変わるかを読む。
そういう目と頭を鍛えるって話。
ちょっと無駄な読みをしていたなと、ここからが逆襲。




AA4I0646.JPG


キーワード読みも保存も、ネット版なら楽にできると再確認。
ちょっと趣味のスクラップが楽ちんだぞ。

 電動化やコネクテッドに対応してクルマが変わると、内装も変わる。ドアの内側も、タッチモニターを搭載するなど機能を進化させる必要がある。    自動車内装部品の河西工業の堀浩治社長は「電池などへの投資が増えると内装コストが削られる」と危機感を持つ。高付加価値な部品を提案しようと、4月に商品企画室を設けた。完成車メーカーが示したコンセプトに沿うだけの姿勢から、脱却を目指す。 (8月1日(水) 日経朝刊・11p ニュース一言)

こんな小さな記事の中に「変わらない強いもの」を発見していく。
燃料電池の話より、タッチモニター搭載のドアの話は新しい。
一歩先を考えるって、すこしだけ、わくわくする。





AA4I0625.JPG


猛暑が再び襲うけれど、楽しい勉強はワクワクしながら、もっと楽しむ。
アホな会長や理事長の話からは思いっきり遠のいて、社会を読むぞ。
ちょっと、活力がみなぎって来るではないか。




ファイト!







ファイト!(108)  コメント(5) 

暑いさなか奈良判定クソ暑い   [新聞から]





猛暑、衛星で地表の熱がくっきり 地表温度の画像公開 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、地球観測衛星「しきさい」が捉えた地表温度の画像を公開した。1日午前10時40分ごろの観測で、埼玉県熊谷市や京都市周辺では50度を超えるなど、大都市周辺の広い範囲で40度以上の高温となり、猛暑に見舞われている様子が見て取れる。子供は大人より背が低く、地面の熱の影響を受けやすいため注意が必要だ。 (産経新聞/2018.8.1 21:31)


40℃の高温で場所によっては50℃だと言われたらよくわかる。
だって35℃じゃないよ、かなり暑くて目まいがするもん。
エアコンは夜もつけっぱなし、生きるため。



実に久々に、水元公園に行った。
まだ蓮が元気でやってるかなって気になって。
台風以来で、まあ、4日ほど捨て置いたかな。

少しだけ、お気に入り写真が撮れた。
でも、文章は、鬱陶しい話。
もとお世話になった役所だけど、文科省、ダメ。




AA4I0572.JPG



文科省の役人が、えっちな接待も含めて、好きなだけ盛ん、ボロボロ出てくる。
でもね、偉そうに意見を言う元文科官僚・寺脇研、これ、ゆとりの旗振り男。
円周率(π)は、3.14ではなく「約3」として、3桁の計算をさせなかった。

現職で教師をしていて、このバカほど迷惑な奴はいなかった。
この男が擁護したのは、新宿の店に女性を買いに行く元文部次官・前川喜平。
こういう連中が、またもや正義を振りかざすので鬱陶しい。





AA4I0592.JPG



もう文科省が何も言えない、手前の火消し状態だから、子どもに目は配れない。
自分の子どもが大学に入れるように手は打つけどね。
国体やインハイで無茶苦茶な不正判定をしでかす連中は野放し。

スポーツを奨励する現場で生きてきてちょっと、はらわたが煮えくり返るな。
不正がまかり通る日々の中で、子どもに何を教えようか。
人斬り以蔵の時代には、怖くて不正は出来なかったよな。




AA4I0594.JPG



村上龍の言ってた、老人の船を出すべきだな。
とんでもない老人を積み込んで数年間、世界で、持っている知識を生かして来い。
その間に、日本をよくしてしまうと言う船。


森喜朗あたりが旗ふりして、数々の話題の問題老人を連れて、老人の船。
そうしてくれると、森喜朗は歴史に名を遺す。
ちょっと若くても、菅直人も福島瑞穂も連れてってくれ。

暑いさなかだから、これ以上、腹は立たないけれど。
奈良県のボクシング関係、おかしくないかい。
奈良判定、今年後半の流行語大賞にはちょっと遠いかな。




ファイト!







ファイト!(107)  コメント(8) 

眼も老いて   [日常]




目の健康診断をしなくっちゃとずっと思っていた。
視力が落ちたようだし、ちょっと気になっていた。
再び猛暑日の迫り来る7月31日、眼科へ行った。




そこに眼科がある.JPG


いまふうの眼科だと思う。
便利な場所に店舗を構え、交代で何人かの先生が来る。
検眼は専門家を常駐させる、という店構え。




そこに水槽の底がある.JPG


白内障だと言われてチビりそうになったが、初発白内障(ステージ1)だった。
様子を見ましょうと言うことで、定期検眼を決意する。
年に2回、いつを検眼記念日にするか、もう少し考えよう。




あっちに総武線が見える.JPG


自宅マンション階段から総武線を仰ぎながら思った。
医療機関に行きいろいろ言われる共通語は、「加齢による」である。
ちょっと寂しい気もするが、それが自然なんだろう、逆らわない。




あっちにツインタワービルが見える.JPG


西の方では台風12号が勢力を強め、ゆっくりと移動している。
少し北では仙台が大きく揺れていた。
自然に逆らうことはできないけれど、人災にはかかわりたくない。


アマチュアのボクシング協会の無茶苦茶加減は、日大と同じ。
権力とカネが密接につながれば、暴君と化す。
驚異的な集金システムを作り、実害を選手が受けている。

逸ノ城が習近平に似てるなと思ったけれど、習君は独裁強化中。
北朝鮮が弾道ミサイルを製造中と言い、やっぱりなと、まず自国を守ろう。
自然災害は嫌だけど、人災はもっと嫌なのだ。




ファイト!






ファイト!(100)  コメント(13) 

54文字の文学賞   [TV]





お天気の週間予報が恐ろしいことを告げている。
関西は殆どが猛暑日で、ましな関東もほぼそれに準じている。
何だか体がおかしくなりそうだね。




DSC02790.JPG



日曜にTVをつけたら、ちょうど興味ある話をしていた。
「54文字の文学賞」で登場した作品が話題に なっているとか。
9文字×6行の小説ということで、現役教師なら食いついて生徒にやらせたな。

この面白さが上手く妻に伝えられず、困っていた。
録画番組ではないから、再現できないということ。
でも、ネットで調べると、PHP主催の「54字の文学賞」である。




代表的な作品.jpg
代表的な作品だと思う

いわゆる落ちがあると言うことで、小さな小説。
ああなるほどって、読後の感じ。
共有できる常識を使って削減されても広がりのある世界。





国語教師的な好み.jpg
国語教師的な好みの作品だと思う

慣用句やことわざを使って作られる世界。
慣用句Aと慣用句Bの間にあるものを、世界とする。
そうだよねって感じさせるもの。




イチバンのお気に入り.jpg
イチバンのお気に入り作品

これは思わず声が出ました。
ちょっと怖い作品、こういうのは作って遊びたい。
文章の数独みたいなものかな。

縦に右から順に読んでいくと、
「幸せになりたいの。嫌よ、貴方と別々になんて・・・そんなの」と続く。
女性が、貴方にすがっている、あなただけよって。

縦に左から順に読んでいくと、
「だから、おねがい。私の愛する人は貴方じゃないから。一生なんて」と続く。
女性が毅然と、貴方と別々の人生を望んでいる。

ゾッとしました。
ママに置き去りにされないよう、頑張んなくっちゃ。
別々の人生は嫌だ。



DSC02801.JPG

第100回全国高校野球選手権記念大会北大阪大会は30日、決勝があり、甲子園春夏連覇を狙う大阪桐蔭が23―2で、初の夏の甲子園を目指す大阪学院大を下し、2年連続10回目の全国選手権出場を決めた。

地方大会でも決勝はコールドなし。
暑い中やってて、負けた方はしんどかっただろうな。
猛暑日ですわ。



ファイト!







ファイト!(108)  コメント(10) 

昨日の講座はインタビューと取材   [趣味]





台風一過の晴天、一気に気温が上昇。
それに比し、テレビでは豪雨の爪痕ばかり。
逆走、蛇行、下手すりゃUターンしてきそうな台風12号、早く消えな。




DSC02778.JPG


昨日は京成立石まで行き、葛飾市民講座の3回目。
柴又帝釈天門前の川魚と鰻の店、川千家(かわちや)がある。
その10代目・天宮久嘉氏にインタビューをするという授業。




DSC02785.JPG


30名ほどの受講生がインタビューをし、次回までに記事にするという作業。
手を挙げて自己紹介し、質問するのだけど、ものすごく上がった。
かつては1200人の生徒を前に指示を出して動かしもしたけれど、アカン。

人前で喋るのは慣れで、筋肉と同じく使わねば衰え、劣る。
昨日も、立ち上がって自分が何を聞いてるのかわからなくなってしまった。
教え子から結婚式でスピーチしろと言われているのだけど、アカン。




DSC02786.JPG


喋りが劣化している自分に愕然としながら帰ってきた。
すると道がふさがれていて、なんだか屋台だらけで、縁日だったのかもしれない。
地元の、町内会の、まつりなのかもしれない。




DSC02787.JPG


通り抜けて振り返って、コンデジで写させてもらった。
区民講座の取材では写真も必要になるので、持参していた。
できるだけ、人の顔が写らないように配慮して。

町内の縁日。

妻も行きたかったのだろうか、あるいは少女時代に行ったのだろうか。
自分は、子どもの頃、子どもだけでは行かせてもらえなかった。
かと言って連れて行かれることはなかったかので、参加のし方が不明。

夏休み本番。

再び暑い夏がやってくるので、妻を連れて、うな重でも食いに行くかな。
課題提出のために川千家の店内を写したいし、妻へのサービスもある。
暑さふたたび、焼き肉だけでは乗り切れないぞ。




ファイト!






ファイト!(107)  コメント(8) 

嵐の夜に思う   [むかし噺]





台風はそれたと言っても、風が唸り、ちょっと怖かった。
横殴りの雨も襲い、風が唸ると、やっぱり台風は怖いぞと思った。
先の水害に遭った人たちは、更なる恐怖だろう。


近くのプールで個人レッスンがあった次女からメールが来る。
帰りに寄ってパイナップル食べて、泊ってイイかな。
キミの実家だよ、いつでもおいで、つまみも用意するし、飲むのだよ。




壁波.JPG


無職で良かったことは、娘たちに時間を合わすことが出来る。
おまけに、サッカーのワールドカップをほぼ全試合見ることが出来た。
来月、函館時代のサッカー部員と、ちょっと本気で語れるのが旨いぜ。





フラウ ホレ.JPG


4年前のサッカーW杯決勝は、河内長野の実家で見た。
あれから4年、実家はスクラップ処分し、母も亡くなった。
決勝の朝、母がコーヒーをいれて、まだやってんのかと笑った。

あの時、母は私と話をしたかったのだろうか。
2014年7月、週末を利用して年休も付けて実家に帰っていた。
日本での中継は、7月14日(月)午前4時からだった。

あの時は、ドイツとアルゼンチンの決勝で、延長にもつれ込んでいた。
アルゼンチンは1日少なく、準決勝を延長PKで上がってきた、不利。
今回もそういう日程的不利はあったけれど、仕方がない。




日大ではないフェニックス.JPG


珈琲を持って来てくれた母に、状況の説明をした。
細かいことは抜きに、これ今の反則、程度。
インスタントコーヒーだけど、美味かったのは母がいれたから。

そういうことってあるんだよ。
と、台風が通過する夜中に考えるオレ、お父さん。
今年の決勝も、語ってやりたかったけどね。

高校時代、母に試合の日程を教えなかった。
だから、見に来ることもなかった。
ワルぶって突っ張ってんだから、母ちゃんが来ると恥ずかしいって。

後悔はしないけど、寂しいなって、嵐の夜に。




ファイト!






ファイト!(104)  コメント(7) 

あっち行け颱風   [日常]





気象庁が異例の会見を開いていた。
これまでの経験が通用しない場合があろうかと思います。自分の家は大丈夫とは思わずに自分とご家族の命は自分で守るという意識を持って対応していただくようお願いしたいと思います。  (FNN/7/27(金) 14:45配信 )


そもそも自分の身は自分で守るのは当たり前のことだった。
過保護だなと思う。
情報を提示する役所が、余計なお願いをまでもする。





1を見上げてごらん.JPG



すぐそこにある危機、既に近づいた危険。
そういうものを察知する「勘」が軽視され久しい。
危ないものには近づかない、用意周到、準備万端、仕上げを御覧じろ。





2を見上げてごらん.JPG



ハリウッド映画のパニック物を見過ぎているからか。
竜巻が来れば牛も飛んでしまうぞとか、不安でならない。
うちは牛を飼っていないからいいんだけど、そういう不安がわいてくる。





3を見つめてごらん.JPG



台風の進路はそれても、バルコニーの縁台も飛ばないようにした。
今日はたくさんの雨が降るみたいで、自宅待機。
食べ物の準備は万端、妻も、フルグラを買い込んでいた。

魅惑的だが、江戸川の写真を、撮りには行かない。
そんなことをしなくてもいいように、アマゾンプライムでドラマを見まくる。
スーツのシーズン1を攻めてみようと思う。

ピンクフロイド
吹けよ風 呼べよ嵐   原子心母  嗚呼
台風よ来るな 来ないで 人違いです




ファイト!









ファイト!(113)  コメント(11) 

危険な台風が来る   [新聞から]




人災もあるし、墓穴もあるが、勝手に受難は勘弁してほしい。
老いては子に従えと言うのだが、避難拒否して迷惑な親にはなるな。
次の大きな自然災害が予測されるが、どうする?


西日本を襲った豪雨で水害による死者が120人を超えている。
その後の暑さによって、熱中症による死者も100人に迫る。
物凄い勢いで日本の人口が減っているけれど、いいのかな。




スカイちゅりーのエレベーター.JPG



台風の進路に意思はないだろうが、意図的と思えるような予想進路。
関東に上陸したあと左折し、なんでまた近畿・中国地方へお訪ねか。
十分に酷い災難を受けた地区へ、追い打ちかけて大打撃を与えに行くのか。





スカイちゅりーのボク.JPG



おそらく弱った地盤に、また豪雨を連れて来れば、激甚も激甚だ。
しかもこの台風、西日本に停滞予定だとか。
これって悪意があるとしか思えないぞ。




名前は知らない.JPG



1年かけてモリ・カケ追及姿勢なんてパフォーマンスはもういいから。
西日本の、大型避難所を確保することぐらい考えてほしいな、政治家どもよ。
崖崩れ、川の氾濫、水害、避難、酷暑、そこへ再び豪雨、想像してほしいな。






市川遠望.JPG

スカイツリー展望台から市川を望み、友人に説明をした。
この隅田川を超えて向こうに、四角い箱型ビルと、のっぽビルが2本。
ヤマザキパン研究所と、市川駅のタワーマンション2本、オレんちの近く。

海までの距離を考えたら、津波は遡ってこられる距離だな。
地震があっても、豪雨があっても、大丈夫と嵩上げしている堤防。
役人の言う大丈夫ほど心配なものはない。

うちの近くに防災公園があるから、そこへ避難するのかな。
それとも防災公園は、朝のラジオ体操をする場所だったかな。
自然が相手だから、オレ、ちょっと心配な週末だ。

・・・妻のそばを離れないんだ。




ファイト!









ファイト!(109)  コメント(12)