So-net無料ブログ作成

腕が上がらぬ   [日常]



Bee Gees の「Melody Fair」を聴きながら。


むかし道北の片田舎の町に妻は嫁いできた。
わたしは4月から初任校で勤務し、12月に妻がやってきた。
初めての雪国で、ふたりの生活が始まった。

朝4時に起きて、泣きながらわたしのお弁当を作る彼女を愛おしく思った。
電子レンジもなく、腕前の蓄積もなく、思うように仕上がらない涙か。
気が付くと妻の料理がイチバンで、子どもたちも母の料理を愛している。




DSC00526.JPG


道北の冬の早朝に、わたしの弁当を懸命に作る妻のことを思い出す。
わたしは手先が不器用で、料理を作るのに時間がかかりすぎる。
恵まれた環境にありながら、上手に作れない自分にウンザリする。




DSC00528.JPG


最近わたしは、だいたい仕上がりの味も想像できるようになってきた。
それでも自分ではこうしたいと思っても、なかなか完成にまでたどり着かない。
さて、だから、キューピーの3分間クッキングの5月号を買った。

まずは(かなり簡単そうだから)、5月号を征服する。
ちょっとエヘンな感じに仕上げたいと思う。
上達する前に命が尽きるかもしれないが、頑張る。




DSC00530.JPG


料理の上達にめどは立たないが、作ったものを一緒に食べてくれる人が居る。
これって最高に幸せで、じゃあ、今日は外食を辞めて、5月号で行くかな。
妻は明日が休みだし、渾身の5月号だ。



ファイト!




ファイト!(86)  コメント(9) 

ぼんやり   [日常]




町内と言うか自治会掲示板にはいろいろな連絡ポスターやチラシが貼られる。
かなりローカルなお知らせでも、重要なお知らせもあり、よく見ている。
土曜朝市の連絡などは重要である。




DSC03928.JPG


こんな連絡ポスターも貼ってあり、焦ると言うか参ったな。
全く演技ではなく普通にレンズを見ているのだけど、焦る。
これはズルイ、この目はズルイ、守ってあげたくなってしまう。



DSC03894.JPG


開けた窓から顔を出して、ボーっと外を眺める犬がいる。
まるで現在の私のようなものだが、ある種の無気力感が満載である。
目を合わせるでもなく、ボーっと考え事、のどかな犬は羨ましい。




DSC03948.JPG


爆弾テロは報復だと声明が出た。
そしてまた欧州でも沸点に近づいているようだし。
平和で行こうよ、もうすぐ令和だし。

財務省の暗躍に屈することがないように、祈る。
30年も続いたデフレ、もうそろそろいいだろ、祈る。
今は、5G関連で世界から後れを取らぬよう、祈る。



ファイト!






ファイト!(98)  コメント(7) 

催眠 仮眠 惰眠 春眠 傾眠 ねむい   [日常]




催眠 仮眠 惰眠 春眠 傾眠 ああ眠い
ここんところ暫く いつでも眠い状態が続いている
午前中 録画ニュースと新聞をチェックするのだけど ねむくなる





AA4I2275.JPG


昨日 昼前になるとものすごい睡魔に襲われた
机に向かっていても眠りに落ちそうなので 江戸川の土手を散歩
親子連れ 特に父親と息子が一緒に遊ぶ光景が多かった




DSC03699.JPG


いよいよ10連休が始まったぞと思ったが それはちょっと早かった
なんとなく 気分はお休みモード
本当は10連休など関係がなく 人ごみは避けて生きる




AA4I2292.JPG


昨日が選挙演説の最後だったが 実に静かだった
むかしは 奥様が選挙カーの中から絶叫して泣きわめくのが最終日の作戦
今はそんな迷惑で無意味な作戦はせず 少しはセンスが良くなったか

中には安全保障を云々する候補者がいたけれど 市会議員だぞ
個人的には出身幼稚園では選ばない one-issue 政策の一点突破
50人を超える候補者だから one-issue 政策の一点突破を選ぶ

選挙に行って 午後からお好み焼きで 飲む
次女が遊びに来る 有給処理で親孝行だそうだ
そんな娘にオレは一票投じるのさ



ファイト!






ファイト!(90)  コメント(5) 

本当は閉所恐怖症   [日常]




東京歯科大学 市川総合病院へ行った。

実は閉所恐怖症なんだけど、違いますと言って、MRI に入った。
過去2回は、目を開けていてパニックになったけれど、今回は違った。
言われるままに耳栓をして、横になると3秒で眠りについた。

所要時間20分の旅だけど、あっという間だった。
今回は検査のみだけど、検査を受けて余計に痛くなったので抗議した。
そうすると前回とは違う先生が懇切丁寧に説明をし、手を打ってくれた。




DSC03395.JPG



大丈夫です、典型的な五十肩ですね、そう言って注射を打ってくれた。
狭くなってるから痛いですよと、本当に関節の隙間に針を刺しこんだ。
泣きそうに痛かったが、漏らさないように頑張った。

何もしないで放置しても2年で治りますよ。
本気でリハビリをやるなら半年で良くなりますけど、どうします?
大聖堂への寄付があるから放置します、とは言えなかった。






DSC03409.JPG



来週の木曜から、紹介された町医者でリハビリをする。
ヒアルロン酸もいいけれど、今後の注射は変わるようだ。
関節腔内注射(デキサート注射液6.6mg+キシロカイン注ポリアンプ)。

課題を出しますから、必ずこの動きをやっておいてください。
毎日10秒を3セット、一日3回、これをやれば回復は確実に早くなります。
関節内が固まった状態だから、今日からほぐしていきましょう。

大聖堂の尖塔は焼け落ちたが、私の左肩には少し希望が見えてきた。
正しい形で動かし、固まりを溶かすぞ、そう決めて、明日からやる。
自然な正しい姿勢が要求されたのだと気づく。



ファイト!




ファイト!(95)  コメント(7) 

どてからふじ   [日常]




昨日のモーサテプラスの天気予報で、綺麗に富士山が映っていた。
天気予報からすると、最後のサクラかなと、土手に上がると富士山が見えた。
里見公園のサクラはどうであるか、電動自転車で走った。

強烈な向かい風を受けながら、サクラもダメかなと思った。
久々の自転車で受ける向かい風、腿に来る。
思いのほか課題の処理に時間がかかり、休憩のつもりが疲れる羽目に。




DSC03108.JPG


風が冷たくて、あまり気温も上がらなかったようである。
富士山が膨張して見える、冠雪の富士。
土手から富士、引っ越して良かったと思える瞬間だ。




DSC03124.JPG


里見公園のサクラは満開で、散り始めるところだった。
いろんな場所で、時間差のサクラが楽しめるのだった。
日曜に松戸で桜を見た次女は、有給処理で名古屋へ遊びに行く行動派。




DSC03148.JPG


昨日のお天気検定でやっていたけれど、花の真ん中が赤くなると散る。
この赤はアントシアニンで、蓄積して真っ赤になると散る準備が終わる。
と、依田さんが語っていたな。




DSC03154.JPG


今日の予想最高気温は7℃とかで、札幌より低いらしい。
寒冷前線が来るなら仕方がないや。
昨日終わらなかった課題を今日は、引きこもって終了させる。

勉強をすると脳が甘味を欲する。
たくさんあるチョコレートを摂取する。
引き籠っているので消費せずに蓄積するカロリー、嗚呼。



ファイト!





ファイト!(103)  コメント(9) 

中華鍋を持ちたい   [日常]




昔の職業柄、大学名を聞くと偏差値を考えてしまうが、行った。
東京歯科大学 市川総合病院。
最近の「大病院」の対応が変化していて、個人丁寧対応システムに驚いた。

MRIの検査予約表を貰ったが、問診票を書いていて思った。
私は手術の経験がなく、タトゥーもなく、ほとんど無傷の体だった。
唯一記入したのは「50年前にサルと喧嘩して頭頂部を3針縫った」こと。

さて、結果は4月に細密な検査があるにしろ、これは所謂「五十肩」。
長い付き合いになりますね、長い人だと2年以上かかります。
いままでの整形で、ヒアルロン酸と痛み止めの注射を続けてください。

注意されたことは、中華鍋は右手で持てませんかね。
痛み止めを打つとつい、かばうことをやめて、また痛くなります。
痛いの痛いの飛んで行けぇー、これから2年間の我が呪文である。





1.JPG


私たちがデイブんちと合流して、Bells Beachで遊んだ思い出の我が一歩。
それがヌーディスト・ビーチだと驚き、きしょくわるく感じたり。
たまったもんじゃないぜオッサン、と空を見上げていました。



2.JPG


メルボルンから約100km、南東に位置する。
気合いは、入ったぜ。
無限の彼方へ さぁいくぞ!



3.JPG


ずーっと向こうに ほら
ペンギンが見える はず
南極が見える はず



4.JPG


ヌーディスト・ビーチであったとしてもだ。
真っ裸でサーフィンやるバカはいないでしょ。
何てったって、オゾン層が破壊されてるもんで。



5.JPG


ん? 服着てないからヌーディスト?
ずぶ濡れの犬って、どうしてこんなにも哀れに見えるんだろう。
オレも? ただ、丈夫に生んでくれた両親に感謝は忘れない。


無限の彼方へ さぁいくぞ!  




ファイト!




ファイト!(78)  コメント(7) 

大きく明るい朝の月   [日常]




昨日の朝、妻が出勤したあと、5時を過ぎたころだったか新聞を読んでいた。
何だか明るいなと、外を見ると雲の合間に、大きく丸い月が出ていた。
スーパームーンっちゅうやつかいな、と思った。



DSC00235.JPG


沈んでいく月でもスーパームーンなんだろうか。
そう思いながら見ていると雲が晴れ、写してみた。
何となく大きいように思えたが分からない、それでも明るさは感じた。




DSC00077.JPG


ご老人が一人でお買い物に行く姿をよく見る。
どこかの延長線上に孤独死という現実があるのだろうか。
ふとそんなことを考えてしまう。

杖をつく人や、小型乳母車にもたれながら、あるいはカートを引きながら。
そんな姿をよく見るし、この街だけが特殊なのだろうかと、少し気にしている。
都会では核家族のなれの果てのような構造なんだろうか。

人を頼らず自分の足で歩いていたいなと、切に思うこの頃。
今日は美術館に予約を入れている。
遅刻しないように早めに行って、新宿を少し歩いてみるかな。




ファイト!





ファイト!(97)  コメント(4) 

梅さく春の訪れ   [日常]





昨日、午前中は晴れのはずなのに、ずーっと雲の厚い市川だった。
なんど気象予報をチェックしても、晴れ、晴れ晴れであったのに。
江戸川を越えれば晴れているかもしれぬと、電車で行けば晴れていた。




DSC00090.JPG


急ブレーキではないのだけれど、新小岩駅に入るとき妙な止まり方をした。
微妙に停止位置がずれていて、新人研修かいなと思った。
暫くするとアナウンス、駅の非常停止ボタンが押されて緊急停止しました。

どう考えても緊急に止まった感じはなく、研修じゃないかなと思う。
あるいはそういう停止訓練じゃないかな。
だって、運転席に3人の職員が配置されていたんだもん。




DSC00092.JPG


急ぐこともないブラリ族にとって、電車に閉じ込められた10数分は気にならぬ。
ホームで待っていたご老人集団は、ちょっと殺気立っていた。
亀戸駅に降りると、歩行者天国が、楽しそうに見えた。




DSC00102.JPG


おそらくこんな行為をしてしまったら私、骨折するんじゃないか。
苦しくないのだろうか、皮膚呼吸ができないんじゃないか。
彼女いるのかなぁ、心配をした。




DSC00106.JPG


先月に来た時よりは、少しだけ「咲いた感」があった。
カメラマンの数が少ないので、まだ時期ではないのだろうか。
スマホマダムはもう、しっかりおられましたけどね。


昨日は暑かったな。
今日から明日にかけて、春に近づく暖かさだと聞く。
それって私には、暑いってことなんだなと思ったよ。


身の回りの片づけをして、スカッと勝負の2月後半戦。
本は心の旅路、と有隣堂さんは言い、誘いに乗るわたし。
ちょっと旅に出るかな。




ファイト!






ファイト!(88)  コメント(6) 

おだやかに新年を迎えた   [日常]




元旦は毎年恒例の、新聞の買い出し。
高校教師時代の名残りで、退職後も元旦はがめつく買ってくる。
読み比べの楽しさは、視点、姿勢。



AA4I9878.JPG


午前中は快晴に近い空だった。
河川敷では、凧あげをする親子連れがたくさんいた。
我が家は三姉妹だったから、凧あげをせずに終わったが、雪国だからせず。




IMG_20190101_085906.jpg


日経は、190円
産経は、120円
読売は、150円
千葉は、140円

特集総力取材で面白かったのは産経で、いちばん安かった。
産経は、北海道では買えなかったので、新鮮に感じた。
日経はネット購読なのだけど、比較用に元旦だけ買う。

千葉日報は、千葉県民であることが誇らしく思える。
ディズニーだけに頼らない千葉姿勢があり、面白い。
ただ、かなり田舎風味の偏りはあるけれど、それもひと味だ。




AA4I9862.JPG


労働を終えて次女が来たが、初詣も含んで27時間寝ていない。
研究室に寄ってから三女が来て、パイナップルケーキを作る。
江戸川の土手を歩くカップルは、どんな夢を見るのか知らない。

初夢はもちろん、富士ヤマに決めている。
決めた通りの夢を見る、それを夢想というのかもしれない。
健康な新年を迎えた、オレってすごいぜ。




ファイト!






ファイト!(85)  コメント(9) 

謹賀新年   [日常]




朝おきて陽の光を実感する

なんと幸せなことか




2019年 亥年 年賀状 jiiri.jpg


世界情勢と経済に関しては爆弾を抱えたまま年を越しました。
それでも平成が終わり、5月には新元号、天皇譲位、即位。
消費税増税もあるけれど、ラグビーW杯で盛り上がってしまえたらと期待。




AA4I9855.JPG


地方の小さな大会でも嬉しいメダルがあるのでした。
新年フェスティバル、毎年の干支が刻まれるのでした。
12年前、中3の次女が金を2つ、小6の三女が銀を1つ貰いました。

干支の12種類は集められませんでしたが、あと3種類不足。
ジュニアの大会だから、12年取り続けるのは至難の業。
個性的なメダルなので、捨てずに北海道から持ってきました。




初詣の宣伝を東京はする.JPG


北海道では見ないもの。
初詣の宣伝がTVのCMで流れまくるし、駅の大広告。
費用対効果、宗教法人の必要経費、儲かる初詣なんだなと思います。




大人ではなく大入り.JPG


大人ではなく大入。
オレって大人だから大入がないのかな。
そういう問題じゃないけど、今日は娘たちが来るから、まずは飲んで酔う。



ファイト!






ファイト!(86)  コメント(33)