So-net無料ブログ作成

対照年表   [考え方]



昨日、セミナーで池袋へ行った。
通い慣れてきて、秋葉原の乗り換えでボンヤリと青い電車に乗ってしまった。
すいていてラッキーと、スマホで新聞を読んでいたら赤羽に着き、慌てて降りた。

しまった! と、でも便利な時代で、スマホ検索で、戻らずに済んだ。
初めての埼京線に乗り換えて池袋に着いたが、十分に余裕があった。
学生時代に赤羽と聞くと田舎感満載だったが、今は新しく大きな駅で驚いた。





DSC05783.JPG


帰りの電車で気になった広告。
「都心・中野で」とあるが、中野はいつから都心になったのだろう。
学生時代には新宿副都心で、中野は隣りだったように思うが。


札幌の高校教師時代、この大学から学校に「150年史の年表」が送られていた。
進路指導部長は、偏差値が低いからとその年表を棄てていた。
私はその年表に惚れて自宅に持ち帰って、貼っていた。

上の三分の二が日本の、下の残りが世界の歴史である。
明治維新前夜からの150年、項目は毎年1つか2つの事件記載のみだったか。
上には日経平均の折れ線グラフ、下にはNYダウ平均の折れ線。

こういう見方が好きで、絶対恩師がよく日欧米を対照させて、歴史を語った。
そういう島国を俯瞰するような見方が好きで、この大学の作った年表を愛した。
最後の学年では自宅から持ち出して、こういうモノの見方を、と提唱した。

生徒を送り込むことはなかったが、こんど、見学にでも行こうかなと思った。
一時期は中野区上高田の住民だったし、哀愁だ。
出会いとモノの見方、大学で手に入れるべき重要な2つ。





DSC05788.JPG


市川駅構内から、シャポーを眺める。
高いから行かないけれど、スタバから駅構内が眺められる。
珈琲店は4つほど出来たが店ごとに客層は違い、私はドトール派。



DSC05785.JPG


総武・横須賀線側はカレー屋さんなど飲食店が並び、中も見える。
リニューアルオープンから1週間が過ぎ、発狂の混雑はなくなった。
オープンセールは今日で終了、行ってみるかな。



ファイト!




ファイト!(88)  コメント(4) 

賢明な判断   [考え方]



貴景勝の休場が決まった。
賢明な判断だと思うし、旧師匠の美学に染まる必要はない。
無理をして頑張って、それが致命傷になればバカだし。




DSC05734.JPG



相撲は神技だと強情に仰る方がいて、その通りだと思う。
しかし取り組む若者の体は、神業でも、根性でもない。
科学的に対応すべきで、応援する人のためにも、選手寿命を延ばしたい。




DSC05741.JPG



高校球児の投球数を問題視するのは、正しい科学だと思う。
かつて高校サッカーも、勝ちあがるたびにグルグル巻きのサポーターだらけ。
相撲も神技なら、見苦しいサポーター巻き姿じゃなく、回復させなきゃ。




DSC05742.JPG



神技なら尚のこと、カッコよくなくっちゃ。
神様も見苦しい姿を奉納されてもね、ちょっとね。
貴景勝には期待する分、大関を陥落してでも、回復してもらいたい。



ご近所の花を盗撮させていただいた。
1枚目は名前が分からないので、花。
2枚目は愛の花でアガバンサス、3枚目はアジサイ、物知りだ。



ファイト!





ファイト!(89)  コメント(7) 

つづく   [考え方]



昔、バイト先にギャンブル好きのあんちゃんがいた。
彼は、飛行機が落ちたら1-1を買う、と言っていた。
競馬の話だけど、どういう理由かは知らない。

飛行機の事故は、時折、続くものだ。
運転操作ミスの自動車事故も、連日続いている。
不意に、震度6強の地震が襲ってきたが、これも続くと腹をくくるしかない。




AA4I3482.JPG


南海トラフ、東海地震、関東地震を言い続ける専門家。
不意に、九州や北海道、北陸で起きる地震。
後出しジャンケンのように説明をなさるが、予測不能とは言わない。




AA4I3437.JPG


お先に失礼とばかり関東は梅雨入りをしたけれど。
まだ、西日本は梅雨ではないらしい。
天変地異とまでは言わないが、何かがおかしいと感じる。




AA4I3491.JPG


麻生クンはオカシイし、前五輪担当大臣もオカシイ、と感じる。
もっと言えば、蓮舫や枝野は、確実にどこかオカシく、詐欺めいた扇動ばかり。
彼らのおかしさは、被災地に、必ず作業服に着かえて出没する、選挙が近い。




AA4I3445.JPG


家の権利書だとか、重要物の入った鞄は妻が持ち出すことになっている。
私は、カメラと老後30年分のカネを持って飛び出そうと思う。
かかってこい地震! でも、来るときは言ってね怖いから。


親にすがって七光り、人に頼って甘ったれ、しかし自立する年金生活者。
地震やあれこれ災害を想定して、避難準備をしておこう。
これからも自分で感じて自分で考えて行動し、妻に従う、これだ。




ファイト!




ファイト!(102)  コメント(6) 

片手にピストル   [考え方]




川路利良という人がいて幕末から明治初期の人。
薩摩藩士で初代大警視(現・警視総監)を務め、日本警察の父とされている。
フランスで視察した警察制度を模して、日本で初めて構築した人。




AA4I3285.JPG


京橋にある警察博物館で川路のことを尋ねると、心酔、大絶賛であった。
私の知識は全て司馬遼太郎からのものだけど。
少なくとも、派出所を全国展開したのも彼である。




AA4I3432.JPG


その交番が狙われ、まんまと拳銃が奪われる事件が起きた。
翌朝、容疑者は逮捕されたけれど、おそろしい話である。
簡単に拳銃を取られてしまってはいけない。

しかし、だからと言って完全武装して、塩対応されても困る。
中国のような、管理的・監視的・高圧的な怖い警察にはならないでもらいたい。
オレ、出来る限り、ご苦労様と声をかけているんだからね。




DSC04619.JPG


昨夕また、60歳の女性が運転する車が、塾帰りの子どもたちに突っ込んだ。
同じような馬鹿げた事故や事件が連続する、嫌な話だ。
こんな時こそ、大谷クンの活躍を期待し、日本代表を応援する。

昨日、全日本大学野球選手権で明大が38年ぶりに優勝した。
対戦相手が「佛教大学」だということに驚いた。
さらに、主戦も含めて坊主頭ではないことに驚いたのは、佛教大学だし。

佛教大学だからと言って、坊主になるとは限らないということか。
坊主だからと言って、坊主頭になる必要はないということか。
佛教も坊主業も、ファッションが大事なのだろうかと思った。

そう言えば昔、勤務していた高校でのこと。
中学の野球部で全国に行った子が入学しても、野球部に入らなかった。
坊主頭になるのが嫌だという理由だったが、いまはもう古いんだろうなこんな話。



ファイト!





ファイト!(92)  コメント(6) 

カウントダウン   [考え方]



座学が続いていて、PCに向かっている時間も長い生活。
予定は未定ながら、近場運動で、里見公園まで自転車で遠征をする。
驚いたことに、本当は当たり前のことだが、薔薇が始まっていた。




DSC04283.JPG


キャノンのカメラには確実にホコリがあり、修理を依頼するつもり。
ただ、なかなか億劫がって行かない自分がいて、困ったもんだ、です。
今月中にはと、考えるのですが。




DSC04290.JPG


北海道から市川に引っ越して来て1年、刺激を受けて、ボーっと生きている。
残り時間を考えながら、進む方向を模索中。
博士課程の三女のために「保護者」の稼ぎを生みながら、残り時間をカウント。




DSC04299.JPG


祖父の享年と絶対恩師の享年は超えさせてもらうかな。
すると7年余りの時間が見え、そこを設計すると、欲張りは禁物。
会いに行く人を絞り、やることも限り、ただ、冒険はする。

そんなことを考えながら、夜ふかしをしてしまった。
今日は里見公園で薔薇祭りがあり、ワインの試飲会もある。
もちろん行くのだが、自転車でも飲酒運転になってしまうから、飲まないか。


トランプめ、迷惑な奴だ、と思いつつ。
中国の傍若無人な横暴ぶりを叩くには、トランプの狂気が正解かもしれない。
狂よく剛を制す。



ファイト!




ファイト!(85)  コメント(6) 

それぞれだけど   [考え方]



余計な知識が邪魔すると、それは偏見と言うのだろうか。
ただ、生理的についていけないのは事実だが、さて。
偏見なのか、理解力や受容力が不足するのか。



DSC00832.JPG


タトゥーと言い、入れ墨とどう違うのか不明だが、理解する気もない。
むかし罪人が島流しにあうとき、識別符号として入れた。
しかし、部族や民族にとって、必要なものもあるかもしれない。

だから攻撃的にはならないが、好きにはなれない。
外国へ行くと、ほとんど、普通に、にぎやかに、入れてる。
日本でも、都会に来ると、しょっちゅう見る。




DSC00527.JPG


あーあって、見るたびに思う。
自分の娘たちがファッションで入れたら、さて、どうするんだろう。
また、それがファッションだとは思えないし。

しかし、知らない間に妻も入れてたりしたらどうしよう。
うーむ、こんど泳ぎに誘って観察するかな。
まあ、人間が古くなってきたのかね。



ファイト!





ファイト!(89)  コメント(11) 

統一地方選挙 後半   [考え方]




青空は少ないけれど、初夏に近づくうららかな春の日。
江戸川の土手を自転車で走ったのは、運動不足の解消。
座学が続いているので、少しは体を動かさなきゃっ、てね。




DSC03553.JPG


風が少しあり、八重桜の枝を揺らしていた。
枝を押さえつけて撮るのもバカらしいので、見るだけ。
空には風変わりな千切れ雲、はぐれ雲。




DSC03635.JPG

準備完了!

To infinity and beyond!

無限の彼方へ、さあ行こう!





DSC03644.JPG


統一地方選挙 後半 こんどの日曜日が投票日だ。
市川市議会議員の定数42に対して候補者56、多すぎる。
絞り切れずにまだまだ思案中。

候補者は面白いことに「ナントカ幼稚園出身」とか「なんちゃら中学出身」。
むしろ卒業した大学よりも、地元の幼稚園、小中学校名を記す。
そして、ほら、おいらは地元出身だぜってニュアンス。

そういう閉鎖性があるのなら、流れ者には疎外感がある。
問題点を提起し、解決策を提示する、政策でオレは選びたい。
どこの幼稚園出身でも、オレには関係ないしな。



ファイト!






ファイト!(94)  コメント(10) 

社会的性差の壁   [考え方]




日曜の読売新聞、読書欄に気になる1冊の本があり、Amazonで申し込んだ。
「上野千鶴子のサバイバル語録」というもので、文春文庫。
なんとなく、新聞解説を読んでいて、読みたくなった本である。

と、その夜つけたTV番組「Mr.サンデー」で奇妙な縁を感じた。
東大の入学式祝辞が扱われていて、上野千鶴子が祝辞を読んでいた。
キャストの木村太郎氏が、祝辞内容に文句をつけていたが、違和感があった。




DSC01882.JPG


平成31年度東京大学学部入学式 祝辞
HPで読ませてもらったが、良い「祝辞」だと思った。
三姉妹の父親である私には、よくぞ言ってくれたと快哉を叫ぶ。

木村太郎氏は、「この祝辞には解決策がない」とバカなことを言い、違和を感じた。
長女が、ドイツにも甚だしい男性優位の息苦しい空気がある、と言っていた。
一石を投じる入学式祝辞と、老害あって一利なしの木村氏、潮時かな。




DSC01884.JPG


少なくとも、娘たちには上野さんの「祝辞」を読んでもらいたいな。
おそらく妻も、読めばきっと、そうなんだと賛同するだろう。
そして、解決策は与えられるのではなく、おのおのが考え出すのだと思う。




DSC01888.JPG



ノーベル平和賞受賞者のマララさんの父上への質問、「どうやって娘を育てたか」
父上の答えは、「娘の翼を折らないようにしてきた」
私もそうありたかったが、まずは、妻の翼を折ってきたように思うのだ。

女のくせに、女なんだから、そういう差別は知らず知らず、やってきたかな。
そういう、「壁」を平気で作ってしまっていた自分が、いるはずだ。
新しい時代は若い人に任せるとして、男女差別を生まないように、意識したい。



ファイト!






ファイト!(101)  コメント(5) 

令和が自分のラストラン   [考え方]




新元号が「令和」と決まった。
5月1日から移行するが、しっくりこないでいる。
しかし自身の生活にも人生にも、やがてなじんでくるのだろう。




AA4I2213.JPG


昨日は、久々に江戸川の土手を散歩した。
ノンビリと、ぼんやりと、歩きながら思った。
妻に、ここ市川に連れて来てもらって、良かったんだと。

おかげ様で義母様の調子も一時期ほど悪くはない。
やはり、たった一人の娘がそばに居るだけで違うのだろう。
そして私は、雪かきと雪踏みという激務がなくなって、本当に良かった。




DSC02662.JPG


梅を見て、北海道の1か月も前にサクラを見て。
やがてアジサイ、薔薇へと、季節を追って四季の花を見ることが出来る。
猛烈な、命にかかわる暑さも待機していて、今年はどうするか楽しみである。




AA4I2169.JPG


昭和に生まれ、昭和、平成と働いて、令和は余生。
新しく始まる令和という呼び名が、やがてしっくりするまでの寿命かな。
この令和という時代を、出来る限り、自分の色で生きて、染めてみたいと思った。


残り時間を考えながら、あれもしたい、これもしたいと。
そういう強欲はなく、静かに、楽しい日々を遊びたいと思っている。
さて、今日は何をしようかな、明日に続け!




ファイト!





ファイト!(114)  コメント(10) 

寄付という行為   [考え方]




寄付という行為が日本ではあまり定着していないと思う。
自分の意志で、寄付する相手を探して、選んで実行することが少ないと思う。
赤い羽根や緑の羽根が免罪符のように配られて、精神的に追い詰められて寄付。

寄付という行為を実行するには、弱者の理解から始まる。
僕には少しお金があって、三食は困っていない、だから寄付しよう。
そういう寄付だとか、ボランティアだとかに関して、不慣れなニッポンに思う。




1.JPG


癌を患いステージ4だったデイブが寛解に至ったのは、メルボルン在住だったから。
もちろん私の公式発表では、私が激励しに行ったからなんだけど。
実際メルボルンには、癌に対応する、癌専門の研究機関、病院が複数あるのだった。




2.JPG


デイブはオリビア・ニュートン・ジョンセンターに入院していた。
検査も、入院も、その後のリハビリも、ここに通っている。
高度な知識と技術を持つ病院が近くにあったのは、大いなる助けであった。




3.JPG


私の世代でオリビア・ニュートン・ジョンは超有名な売れっ子歌手。
世界的ヒットを出していた彼女が癌になり、お粗末な病院を建て替えちゃった。
自分の癌を治してくれと、最先端の病院を寄付してしまう。




4.JPG


世界的ヒットを出す英語圏ならではなのか。
日本の大歌手が、いまのところ専門の大病院を寄付した話は聞かない。
幸せと裕福は分かち合うことで、より本物になるように思うのだけど。




5.JPG


デイブは退院するにあたって、なけなしのお金をはたいて寄付をした。
入院病棟の娯楽室にある、TV用のチャンネルチェンジャーを寄付。
これはボクが寄付したやつで、入院中に使っていた私物なんだけどね、って。

オリビア・ニュートン・ジョンのCDを買うかなって思っている。
我が親友デイブくんを救ってくれた病院を寄付してくれたお礼さ。
何に使われているのか分からない羽根には寄付しない。

でも、世の中の役に立つ寄付を、新年度から少しずつ始めようと思っている。
オリビア・ニュートン・ジョンみたいにはなれないけれど。
それでもできる、オリビアを聴きながら社会を考え参加する。




ファイト!






ファイト!(73)  コメント(4)