So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

帽子を拾う親父   [考え方]





上空には秋を感じさせる冷たい空気が流れ込んでいるのだろう。
空を見上げると、秋を予感させる雲が見られる。
しかし直射日光は痛く、眩しく、突き刺さってくる。




AA4I2677.JPG


北海道から移住した者にとっては、連日の32℃越えは暑すぎる。
外出にはハンカチタオルと、サングラス、帽子は欠かせない。
エアコンを切ると、実に蒸し暑い夏が、ここにはある。




AA4I2679.JPG


それでも日の陰りは早くなったし、妻の起きる4時は一段と薄暗くなった。
朝の5時から12時間、バルコニーは直射日光を浴びていた。
それが立秋を過ぎて、確実に短くなっている。




AA4I2680.JPG


もう何十年も経験していない「残暑」を、経験するのだろう。
どのように対応すればいいのか、ちょっとだけ不安だ。
そして今日は墓参りの運転手、役に立つのが嬉しい。




AA4I2686.JPG


夏用の帽子がなくて、娘が捨てたものを使うことにしている。

2月、3月に、次女と三女が札幌の自身の持ち物を処分しに来た。
捨てるのにはお金がかかるけど、衣類は無料の場所へ持って行った。
その際、JAPANのジャージ、Tシャツ、キャップ、すべて捨てていた。

使わないし、恥ずかしいからと言う。
分かったと言いながら、新しいのだし勿体ないから、こっそり拾ってきた。
それでも山根会長を見ていると、JAPANはカッコ悪いと理解した。

だからJAPANのキャップは使わない。
大会で米国や豪州のひとと交換したキャップなら、いいかなって使う。
米国チームのキャップは、メイドイン・チャイナだし、土産物屋でも売ってそうだから。

勿体ないの精神で、オレは、娘が捨てたものを拾って使う。
もしかすると娘たちは、オレが拾うのを知って捨てているのかもしれない。
まだまだ使えるものを捨てるのは、オレは気が引けるのだ。




ファイト!






ファイト!(100)  コメント(5) 

あーあな時間に   [考え方]




古い船には新しい水夫が 乗り込んで行くだろう    
古い船を 今 動かせるのは 古い水夫じゃないだろう 
なぜなら古い船も 新しい船のように 新しい海へ出る
古い水夫は知っているのさ 新しい海のこわさを    
            (イメージの詩 / 吉田拓郎)



むかしからね、経験至上主義を好まないオレ。
経験を生かすのは大事だが、経験だけが重視されるのは疑問。
重要なのは、想像力だったんだよな。

経験があるから臆病になって、反応が鈍るのさ。
失うものは何もない若さが、窮地を救って来たんだよ。
やっぱり川島、バンザイ1失点目が敗因、高校生レベル。

あーあ、だ。
オレの日本代表が消えてしまった。
この後はフランスを応援し、でも、ロシアが毒を盛ることはないだろうね。




DSC02635.JPG

今回の宝塚遠征、神戸から入った。
神戸、三宮はオシャレな町並みで好きだ。
お嬢様が日傘をさして歩いているのは、優雅、どうぞお行きなさい。





DSC02642.JPG

三宮から西宮北口で乗り換え、宝塚へ移動する。
客層の良い、阪急電車。
乗り間違いはゼロ、すべて予習通り。




DSC02646.JPG

半分、青い・・・そら。
暑いけれど、お年寄り女性は冷房が苦手。
じっと我慢の暑がり屋さん。




DSC02652.JPG

85歳の夫を介護する妻、90歳。
半日、愚痴でもなく嘆きでもなく、あきらめの話を聞く。
あーあ、だぜ。

やがて来る道、通る道。
準備と言うよりも、理解を進めておこうと思う。
次に会うのは、8月の下旬、達者でな。




ファイト!






ファイト!(111)  コメント(7) 

面倒くさいに蓋をする   [考え方]





ボーっと生きてんじゃねえよ!




宝塚は無事であり、良かったなと。
裏・市長が言うように、すべては運かもしれない。
ではその運を磨くためには、大谷クンを見習うしかないのかな。

蒸し暑い日本列島、日曜のセネガル戦に備えて身体能力を高める。
と言っても、高まりっこない年齢ではあるな。
飲むしか能がないよって、応援の体力は温存する。




AA4I0664.JPG



妻曰く、
面倒くさいと、何事においても思わないようにしている。面倒だと、いちど止まれば、どんどん物事への意欲も萎えていく。目の前にあることは何でもやりこなすよう、すぐに引き受ける。自分の仕事を先送りしても、何も解決にはならない。だから、面倒くさがらずに、やってしまうようにしている。そうしていれば、ボケるのも少しは遅くなる。

オレ、なるほどなと納得して、生活姿勢のカイゼンを志す。
掃除、洗濯でネを上げずに、部屋も片付け、脳内も整理。
後回しにし過ぎたね。




ファイト!






ファイト!(97)  コメント(8) 

全ては習慣   [考え方]





tommy メンバーは、或る日、「調教」されたのかもしれない。
妻がまだ少女だった頃に出会った始め、口うるさく言われたことがある。
躾けられたのか、調教だったのかはわからないが。




AA4I3434.JPG


tommy メンバーは金がなく、彼女と会うと、いつも歩いていた。
高田馬場のBIGBOX前でクレープを食べた後、ガムの包み紙を普通に捨てた。
わたし、そういうの嫌いなんですけど、このことだけはハッキリ言われた。

ズボンのポケットに入れる振りをして、そのまま道に落とす。
そういうポイ捨ても、厳しく言われた。
時間、金、女とだらしないオレが、ポイ捨てだけはしつこく言われた。

やがて、おそろしいことに、習慣となるのか。
高嶺の花のお嬢さんの横で、野蛮な自分が恥ずかしくて、情けなかった。
ものすごく時間がかかったけれど、ポイ捨てはしなくなった。





AA4I3466.JPG


駅前の、とりあえずのメインストリートに面して、これ。
見るに堪えないという心境を、今は持つのでした。
だらしないオレだって変わったんだから、ここの住人さんも、変われ!

すべては習慣だと思うんだよ。
谷内六郎先生の表紙は週刊新潮だったけど。
大谷クンに見習って、掃除しようぜ、アパートの皆さん。




ファイト!






ファイト!(117)  コメント(11) 

離れ業の待機   [考え方]




札幌をたたんで市川に転居、4月18日と決めた。
決めるとすぐに、巻きが入って、義母のSOSに応えるのでした。
必要があれば動き、必要とされなければ動かない。

必要な遊び以外は、お金は使わない、そう決めている。
そして家の売りと買いが、間延びしないように行くことは神頼み。
年度末と年度始めの引っ越しも回避し、業者は決まっている。

大きな動きに呑み込まれながら、流れていく。
人生のサーファーとして、波に呑まれないで、流れていく。
きっとあれこれ離れ業を駆使して、上手く切り抜け、辿り着くのだと思う。




AA4I0469.JPG

札幌駅前に、変わった形のポストがあった。
何らかのメモリアルポストだとかで、日本にこれ一つだと書いてあった。
不審なポストではあるが、ちゃんと集配があるみたいで時間が書いてあった。

使いにくそうな場所に、使いにくそうな形のポストが、ぽつり。
何がしたいのやら、親方日の丸意識かしら。
まあ、いいや。




ファイト!







ファイト!(123)  コメント(6) 

喪中かと人は言い   [考え方]




喪中かと人は言い。
区切りを付けて、心は母の元に、身は現実生活に置く。
汚れちまった男。

不謹慎ではあるが、前向きに生きる。
母の四十九日を終え、母が墓に入った。
母の百箇日には一人で墓参りし、前を向くと決めた。



DSC08482.JPG


妻と激安の野菜を買いに行く。
その通り道に神社があった。
通らせていただきます。





DSC08475.JPG


百箇日を終えて、複数の学校長に推薦文を依頼した。
滅入る自分に目標を与えて、ラストチャンスだと叱咤激励。
世のために自分を活かして働く、その挑戦にも締め切りがあった。





DSC08481.JPG


喪中ではあるが、残り少ない時間を切り拓く。
外面よろしく愛想を振りまいて、選抜試験に備える。
笑顔の練習もし、この腹か、なんとかする。





DSC08490.JPG


二つの顔を持ち、二枚舌を駆使し、生きる。
ここからが勝負。
就職に向けて、かなり戦闘モードが要求されている。

イイ湯だなと銭湯モードも魅惑的。
でもね、でもね。
望み叶え給えとは言わず、自力本願

ついに時間との闘いが始まった、再再・就職選抜試験。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(5) 

饅頭も大阪も怖い   [考え方]





"Live by putting on and ressive show"
「自分に見栄を張って生きろ」
        (アパホテルのアメニティグッズ印刷)



大阪は怖い街だと、田舎者は思う。
大阪の、特に女性の押しの強さが怖い。
大阪が落ち着けない場所になりつつある。



DSC06560.JPG



大阪で見た、先輩店員による言いたい放題の指導光景。
たこ焼きチェーン店やコンビニでよく見た。
客商売とは思えない、先輩の狭量な叱り方は、言ってスッキリなんだろう。

後輩を指導していると言うより、難癖を付けている光景。
店舗裏でやればイイものを、レジの後ろで、後輩を罵らないで欲しい。
聞いていて客の私は、不快であり、不愉快だった。





DSC06615.JPG



やり合う会話の中で、時々聞くのが、「これだけは言わせて」。
関西の女性陣からよく聞くセリフだが、解決の道がないセリフ。
感情的に、言ってスッキリの世界なんだろうな。

喧嘩も議論も、理路整然と、論理的にやりあってほしい。
非論理的な展開を頑固に主張するシーンは、見たくない。
「これだけは言わせて」、やだ、聞きたくない、聞いても仕方が無い。

少なくとも、大阪の女性は怖いと思う。




ファイト!






ファイト!(111)  コメント(10) 

優先順位を決めて行動する   [考え方]




函館での「北朝鮮乗組員」の逮捕劇を見ても、現場が可哀想と思う。
大量にやって来る狼藉者たちに、どう対処すべきか。
安全保障の面から、モリ・カケ辞めて、早急に話を付けて欲しい。

「市民になりすます」のが、個人テロの基本であるのだし。
漁民ならその人権を侵害してはならないし。
ミサイルより先に、沿岸部に、不審船と乗組員が着岸した現実。

優先順位ってものがあると思うけどね。





ニッポンのお父さんはエライ 

1休日もお父さんは働く.JPG

休日もお父さんは働く

休日もお父さんは働くんだ。

一生懸命に働くんだ。

頑張るんだ。



2息子のために働く.JPG

息子のために働く

息子のために働くのが現代のお父さん。

昔のお父さんは、男は黙って背中を見せた。

ワケ分かんないまま、子どもは回り道をした。



3一生懸命に働く.JPG

一生懸命に働く

一生懸命に、見える場所で働く。

子どもには、分かる言葉で語りかける。

一緒に作業を楽しむ、今どきのお父さん、ステキ。



4息子と一緒に遊ぶために.JPG

息子と一緒に遊ぶために

どうして働くのかという問いに。

背中しか見せなかった親は、家族を養うためと言った。

犠牲的精神だけが売りの時代だった。


パパはどうして働くの?

だって、キミと遊ぶのが楽しいからだよ。

うん、一緒に遊ぼうね。


父とは、本当は、そんな始まりが欲しかった。

一緒に遊ぶ、大事なことで、省略はいけない。

人生、自分が楽しむ、一緒に楽しむ。


お母さんと一緒、お父さんも一緒。

省略しないで言うと、

お母さんと一緒に遊ぶ、お父さんも一緒に遊ぶ。


休日に働くお父さんを見て、清々しい気分になった。




ファイト!






ファイト!(125)  コメント(7) 

ベンヤミンが嘲笑した   [考え方]





旧東ドイツ出身の留学生(ベンヤミン)が、鍋を食べに来た。
変な日本語だが、鍋料理を食べに来たと、国内では通じる。
東大の博士課程に籍を置き、論文は英語で書いている。

日本語が達者なベンヤミンだが、ストレスが溜まると英語になる。
そんなベンヤミンが嘲笑した、と思う。
北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した、という報道のこと。



DSC04707.JPG


北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12型」が、「日本上空」を通過したことを、理解に苦しんだようだ。 同じように私も思っていたのだが、日本のマスコミはバカだからね、仕方がないんだと。 最高高度は約550キロ、もうそれって宇宙ヤン、と確かに彼が嘲笑した、と思う。

危険や不安があるのは、北朝鮮がミサイルを作る際、迂回ルートを使って、神戸製鋼から何らかの素材を購入していたら、落ちる。 落ちる可能性はある。 最近、北朝鮮が大人しいのも、もしかすると、神戸製鋼のデータ改ざんを知り、間違って落下して戦争になるのを怖がっているのではないか。 と、自虐ネタを語った。

上空100㎞を越えたら、もう宇宙だろう。




ファイト!








ファイト!(121)  コメント(7) 

卑屈の領分   [考え方]




やばい! ・・・隠さなきゃ。
すぐにそんな方向に思ってしまうのは、小市民ゆえか。
あるいは、理由もなく、反省モードで生きているからか。


DSC00488.JPG

ピンポンと宅急便が届くのだが、どうしたものか、箱が4つ。
中は分かっている、100種類ほどのワインを試飲して、買った。
ただの美味しいワインが、薄々気づいてはいたが50本近くある。

長女が帰ってきた時に(残っていたら)、味わって貰う甘めのドイツ白ワイン。
次女や三女が帰ってきた時に(残ってたら)、呑んで貰う、勝負のワイン。
妻の誕生日に(残っていたら)、味わって貰うロゼのスパークリング。

何もやましいことは無いはずだ。
しかし、隠さなきゃと、こそこそしている自分。
ちょっとイヤになる。


今日は午後から大阪に入る。
月曜の移動で良いのだけど、もう一日早く行くと飛行機の値段が宿泊費分ぐらい安くなるので、そうする。そして、今年の方向「ブログ仲間に会う」の第4弾を敢行することになる。2kさん、Junkoさん、サトちゃんさんと来て、第4弾は、一気に4名との遭遇だ。過激な発言者の裏さんの脳内を見せて貰うつもり。

ただ、夜更かしをしてしまったから、すぐに酔うだろう。




ファイト!






ファイト!(114)  コメント(6)