So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キレやすい爺っちゃんが苦手   [ひと]




本土寺での写真、つづき。


梅雨だから、昨日、レインシューズを買いに行った。
雪かき用でしか長靴は使わなかったが、本州仕様を購入。
北国仕様は靴底が違うし、頑丈で、長くて、重い。

今回買った長靴は、レインシューズ/メンズのコーナーで選んだ。
おっさんにはちょっと可愛い、軽いものを選んだ。
これで雨の日でも、買い物に出られるぞ。






AA4I0567.JPG



昨日ね、駅地下のスーパーで驚いた。
爺っちゃんがレジで、エライ剣幕で怒り出したんだ。
最近、怒りっぽい老人をよく見かけ、オレもこうなるかなって、恐怖だ。





AA4I0572.JPG



Y'S mart CARD と、JRE POINTカードの両方にポイントがたまる店でのこと。
レジのおばちゃんは、マニュアル通りのことを語るわけなんだ。
ポイントを貯めますか、使いますかって。

そしたら爺っちゃん、いきなり怒り出すのさ。
いつも聞かない事をなぜ聞くんだって。
前の人もその前の人も、同じ事を聞かれてたんだけどね。

揖保乃糸を1束買っただけなんだけど、エライ時間食ってる。
ポイントを貯めるのは当たり前だろ、ってレジのおばちゃんに激怒。
何だか思うに、家庭でも悲しい生活をしてるのかな、彼。





AA4I0614.JPG



自分勝手な常識でゴリ押しされてもね。
いやぁーなモノを見せられて、大いに困ったちゃんの小心者、オレ。
怒りやすい老人は苦手だな、勝手に切れないでくれ、突き飛ばすぞ。




ファイト!






ファイト!(138)  コメント(15) 

兄貴ぃ   [ひと]





昨日の朝、メールが届いた。
ちょっと、つらかった。
 Him さんが昨日病院で亡くなりました。明日6時から通夜です。遠隔地ゆえ手をあわせて冥福を祈ってください。  (2018-06-08--06:08)


1 Him.jpg

Himさん、2つ年上、函館時代よく面倒を見てくれたし、共に戦った。
教育大OBチームに入れてくれて、ラグビー、月寒のグランドも走り回った。
激しい男だから、理解する同僚は少なかったが、私は友だちだった。

私にとってはずっと、兄貴だった。
悪さも一緒にしたし、函館の夜を、毎晩、大きな顔して酔っぱらって歩いた。
一昨年の暮れ、重度の鬱にかかり面会謝絶のまま衰弱死したようだ。

若いころ、学校を作ろうと、野望に燃えたころ、懐かしい。
筋を通し過ぎる頑固さが致命傷だったのか。
Hip hip hooray ! Himさん  合掌






2 kumo.JPG

昨日、本土寺を攻めるために江戸川の土手を走った。
2kさんちに行くのに遅刻気味で急いだが。
気になってこの変わった雲を写した、何の前触れだろうか。




3 hondoji.JPG

本土寺(千葉県松戸市平賀63)
常磐線北小金駅下車 徒歩15分
次女の家が近いぞって、おかげで足が痛くなってしまった、疲れた。




4 ajisai.JPG

アジサイと花菖蒲が咲き誇っていた。
人出も多いかもしれないが、窮屈感はなかった。
写真、ちょっと気が重くて、いいのは写せなかった。




5 hondoji.JPG

昨日はなぜか緑の葉っぱに魅せられた。
大事な人がどんどん消えていくからこその、一期一会。
いまを大事にしようと思う。

でも何だか悔しい気がするな。




ファイト!






ファイト!(108)  コメント(6) 

選挙があった   [ひと]





市川市長選の再選挙が、この前の日曜にあった。
引越し早々の選挙かぁー、投票するぞって意気込んでいた。
が、私たち密入国者じゃないけれど、移ってすぐにはダメだった。



DSC02264.JPG

再選挙とは、全く意識の低さだぞと思うのだが。
それにしても、この手の参謀がいないのだろうか。
あるいは、誰がやっても同じなのだろうか。




AA4I2956.JPG

人寄せパンダもやってきて、市川駅北口は通行困難。
だが、聴衆は老人ばかり、オレが若手に見える?
面白いことに彼は歩きながら手を出し握手が好き、なんだね。




AA4I2961.JPG

今の石破さんのチカラでは、逆転は難しいのかな。
握手してくれたけど、家に帰ってすぐ手を洗ったので痕跡なし。
憲法9条に関しては、石破クンも近い考えだが、総理は遠いかな。

面白いことに、市長選だぞ。
掛け声は、「次期総理!」だから、オレは引いてしまったな。
市長選なんだよね。

そして、負けたみたい。




ファイト!






ファイト!(108)  コメント(8) 

元同僚の老い   [ひと]




仙台に住む元同僚からハガキが届いた。
14年前、彼の退職に際しては、退職旅行も企画した。
仲間たちと、彼の初任校である道東の紋別への旅だった。


DSC09700.JPG


情に厚い教師で、家庭環境に恵まれない生徒も大事に扱っていた。
確か英語の先生だったが、彼の英語を聞いたことはなかった。
下ネタが好きだったので、今ならセクハラ処理されるのだろうか。




DSC09672.JPG


そんな彼が、最後には、悪ガキどもの餌食になり、襲われることも多かった。
彼が生徒に脅迫されるたび、番犬の私が出動するのだった。
生徒の首ぐらい平気で絞めて怒鳴っていたので、今ならパワハラ処理かしら。




001.jpg


とかくに人の世は住みにくい。
元同僚の特徴的な字体のハガキは、懐かしかった。
彼はこの字で、毎日、学級通信「ライフライン」を発行していた。

おそらく、今の世の中では化石のような教師だと思う。
それでも面白い先生だから、教室は楽しいはずなんだけどね。
荒れた学校で、一緒に戦った元同僚、オレはレスキュー隊の番犬クンだったな。

仙台に行く時には。
声でもかけてみるかなと思う。
別に理由はないけれど。




ファイト!






ファイト!(117)  コメント(9) 

3月17日(土) の余談   [ひと]




うちの妻は今で言うリケジョ、数学が好きでお得意。
計算を打算でしか使わない私と違って、まさに数学好き。
人情、余情、情緒を私は好むが、妻は論理と推理を好む。

直感的に生き、空間図形はハナから逃げる私。
妻はじっくりと取り組み、配線図も契約書も解説書も、まず読み込む。
こらえ性のない私に対し、妻はじっとガマンの人。


017.JPG

電子ピアノの組み立ては業者さんがやってくれた。
さて解体は、もちろん妻が設計図を逆に辿って、孤軍奮闘。
私は時々飽きてサボり、妻は1時間近い難問を解決した。

できあがると私はホッとして疲れるが、妻は爽快な笑顔を残す。
問題を解く楽しさを楽しむ。
実に頼りがいのある妻なのである。




AA4I2068.JPG

初任校で3年間私のクラスだった、おじさんになった少年が来た。
200㎞を越える道を、休みを潰して往復である。
頭が下がる思いであるが、実に、嬉しく思い、教師(だった)冥利に尽きる。

私が退職した時も、わざわざ激励と挨拶に来てくれた。
うまく言えないけど、人と出会い別れていくのだけど、心に残る。
衰退する小さな街で、独立して、福祉関係の仕事を始めている。

振り返ると、若いだけの私と出会った彼ら。
悪影響しか及ぼしていないのだけど、生徒たちは立派に育ってくれている。
ああ良かったなって、北海道を去ることが出来る。




ファイト!







ファイト!(99)  コメント(6) 

お年玉くじ   [ひと]




年賀状のお年玉くじのチェックをした。
意外に当たる年も、外れる年もあり、面白い。
ただ、当たっても使ってオシマイだけど。

一枚ずつチェックしながら、恩師の賀状は背筋を伸ばして読み直す。
未だにオレって期待されてるんだって、襟を正す。
幾つになっても、激励や褒め言葉は嬉しい。




もっと狂え.jpg


当選番号を確認しながら、何枚か面白いのを見つけて、笑った。
函館のサッカー部時代の教え子からのは、ちょっと笑った。
曰く、
 去年の夏、息子と熱い握手をしていただき、ありがとうございました。長男は強化指定選手に選ばれ、次男も全国のメダルを狙って奮闘中です。(中略)tommy 先生からかけられた言葉、『もっと狂え!』を胸に、親子で燃える所存です。



そんなこと言ったっけ、と思う。
そしてそのシーンを思い出しながら、オレなら言うなと理解した。
おそらく、彼らは、私の意を汲んで、精進するのであろう。

ちょっと変なオッサンだけど、凡人並みに、影響を恥じる。
しかし彼らが、勇気を出して前進出来るように、オレも精進だな。
オレも精進、明日からな。

そう言えば、次女が、RIZAP(ライザップ)に通い始めたようだ。
市川から帰った妻に教えられた。
ストイックに追い込むのが好きな娘だが、宣伝にでも出るのかな。




ファイト!






ファイト!(120)  コメント(7) 

Himさんの鬱の回復を期待している   [ひと]




鉄人Himさんが、鬱だってよ。
そんなことを聞き、調査をするも、完全に遮断されていて、側近の又聞き。
一昨年12月下旬、出張の東京から帰り、様子がおかしいので病院へ。そこで鬱病と分かりすぐ入院。全く食欲がなく、そのうち点滴。痩せてしまった。誰にも会いたくないと言うこと。 それから半年、昨年6月。栄養剤を管で胃へという状態。とても会える状態ではなく、身体的にも良くないのではないか。何もできない状態。




AA4I0002.JPG


Himさんは65歳になったと思う。
じっくり休養すれば良いのだと思う。
しかし、食べていない生活を思うと、深刻である。

さて、どうすればいいのか。
どう対処すれば良いのか。
激励は禁物と聞くが、回復を待つだけなのだろうか。




AA4I0058.JPG


入院先を突き止めて、掃除係の格好をして潜入してみようか。
余計な刺激は禁物なんだろうか。
ガス抜きばかりしている私は、ズルイ、かな。

北海道を離れる前に、「やあ」って、会いに行きたいが。
会わない方が良いのだろうか。
教え子の女医たちを集めて、レクチャーを受けるかな。

うん、そうしよう。
それしか、出来ることがないよな。
鉄人のHimさんに、鬱は似合わない。




ファイト!






ファイト!(133)  コメント(8) 

展開が好きなんだが   [ひと]




知人よりメール来たる、在り。
 葉書受領。Himさんは、一昨年の入院でした。誰にも会わないとのことで面会謝絶中。何もしてやれない。委細は手紙で。



5 ススキの.JPG


Himさんのポジションはスクラムハーフだった。
私より小さく華奢だが、ボールを持つと突っ込んでいくのが好きだった。
つかまるのを楽しんでいるのだけど、走りたい私は、早く展開して欲しかった。




6 じょっぴん.JPG


過激で、攻撃的で、理詰めの HImさん。
何でも解決マンだったけど、1年以上も鬱で入院とは。
これは大変だなと、気持ち、深刻である。




4 手摺りが.JPG


自分の目の前のことで今は精一杯。
そして、北海道脱出も決め、動き始めた。
予想以上に忙しくなってしまった。

まずは自分が、健康診断を受けに行かなくっちゃ。
幾つか引っかかるだろうけど、この際、仕方がない。
Himさんの雪融けを待つしか、会う方法もなさそうだし。

私自身も精神的に追い込まれていくのが怖い。
趣味の写真で、気分転換。
趣味の入り口か、まだ。




ファイト!






ファイト!(104)  コメント(3) 

Himさんが鬱を発症する   [ひと]




昨日の朝は気がつけば大雪で車が埋まっていた。
早朝の除雪も婦唱夫随で、解決した。
午後からは快晴となるも、良からぬ報せを受け取る。


1 Fire engine.JPG


Himさんと呼んでいる、先輩が居る。
2つ年上だが、元同僚でガンガン鍛えられた。
高いところから物を言い、決めつけ押し込むので、敵も多かった。





2 Excavator.JPG


それでも「改革」への馬力が凄い教師で、彼にはなぜか可愛がられた。
やがて管理職になり、その道へ誘われたが、丁重に断った。
彼は校長で定年を迎え、天下って、私立で校長をしていたはずだ。





3 Road.JPG


その、ブルドーザーのような男が、昨年末に入院したと聞く。
鬱病になったらしく、あの彼がと、驚きである。
三女も、当番校長として、賞状を渡されたりしている。





4 Shadow of.JPG


私自身も、再再就職先が見つからず、凹んだこともある。
自己推薦文を書いて、何もない自分が情けなく思うこともあった。
日曜体育館の管理者面接で落ちた時も凹んだ。

マイナスの状態を、少しでも、良い方向へと考えるようにもした。
凹みすぎて、精神を病まないように、前を向き続けた。
しかし、再就職で安定しているHimさんが、今さら鬱になってしまうなんて。

鬱病に激励は良くないと聞く。
ラグビーの教育大OBチームに誘ってくれて、14番を任せてくれた。
小うるさい男だったけど、時間を作って会いに行くかな。

やっぱり仲間が病とあらば、会いに行くかな。
来月の、再再就職試験が終わって、受かれば、自分へのご褒美で、旅だ。
会いに行って、試合後のように、腰を指圧してやるかな。

心配の種は摘んでおきたいからね。
私も自分のことを自分で処理して、前へ。
明大ラグビー1点差に泣くが、前へ。

Himさんにも前を向いてもらおう。
オレの気色悪い笑顔で、話を聞いてやろうじゃないか。




ファイト!








ファイト!(114)  コメント(6) 

友人がひとり消えていた   [ひと]




ムムリクが死んだらしい。


絶対恩師が亡くなった時、そばで看病していた友人。

絵描きのムムリクが死んだって。


去年と今年、年賀状来なかったよな。

私より若い、まだ還暦にも満たないはずだ。

驚きだった。



よそ様のブログに
アーティスト ムムリクさんが今朝亡くなられました。
    (2015年01月21日 | 船橋社中)


191-1.jpg

我が絶対恩師が一番のお気に入りだったらしい絵。
ムムリクに初めて会ったのは、上迷の杉並のマンション。
始めは、上迷の身内の人かと思った人。

家族で交流したし、娘も、世話になっていた。
フランスの新聞社が取材に来たとき、長女は通訳をしたはず。
うーん、大切な人がどんどん消えていく。


234-1.jpg

絶対恩師の通夜、枕元でムムリクはスケッチしていた。
恩師が亡くなって5年目、その命日に。
大事なムムリクの死を知るなんて、重いなぁ。


DSC06158.JPG


チャックさま

上迷は、本当にチャックの事が好きだったよ。
会った時、チャックがさあ。って、2人で笑ったんだ。
頭の後ろに手を組んで、笑いながらコロッと横になって。

それぞれ個々に、きっと付き合いは違うのだろうと思います。

けれども、彼が貴方を好きだった事だけは確信できます。
チャックは一生上迷に愛される。
うまく言えませんが、彼は生ききった、と思います。
あの人物の特別な感じは、実際会って。
しかも感じるひとじゃないと通じないだろうな……。

上迷が 石川淳の「白描」を 読みなよ。って、言って来た事があって。
これのアルプスの少女ハイジで、盛り上がった事があります。
天上からの光はいつも、この世に存在している。
自分の窓さえしっかり開けていれば感じる。
そして その光を受けて生きて行く。
ひとりひとりが、とてつもない応援団を、自分次第で持てると言う話でした。

マジなつきあいは、同じくらい楽しくってきついよね!

ま、さ! 私はチャックの家族が大好き!
上迷が会わせてくれた、プレゼントだな。と、思っています。

これからも、よろしく!

上迷はすっかり!綺麗に死んでました。
それでいいんだ。上迷よ。 貴方と会って良かった。と、
私は思っています。

                      ムムリク


DSC06157.JPG

2012年12月、自分の結婚記念日の祝いに買った。
三女が犬好きだから、激励の意味も込めて。
結婚記念日の翌日に生まれてきた三女だから。

来年、戌年だから年賀状に使うかなって、思ったのに。
ちょっと参ったな。
親、友人、恩師、どんどん消えていくのは、残酷だな。
グリーン・マイルの刑だな。

縁だと思う不思議さは、彼女が市川霊園に眠ったと言うこと。
妻の実家もここに墓地を構えていた。
不思議な縁って、意識しすぎかな。




ファイト!






ファイト!(131)  コメント(7)