So-net無料ブログ作成

暴走半島 TOKYO 2020   [新聞から]




「車のアクセルが戻らなくなった」
87歳の男性が運転するプリウスが暴走して、次々に人を撥ねた。
この男性の話が本当なら欠陥車を作った会社の株価は、月曜に下がる。

しかし、どう考えてもこれは、車を作った会社の問題ではなさそうだ。
31歳の主婦とその3歳の娘が死んだからには、87歳、余生は生き地獄。
あるいは、運転を辞めさせられなかった家族も奈落の底か。


本当は自動運転も可能になっている。
と言うことは既に、自動ブレーキは可能なのだが。
どれだけ無駄に殺せば、より良い車へと移行するのだろうか。




DSC03603.JPG


昨日の夜は、国立で授業があった。
ところが人身事故で電車が遅れた。
夕方のラッシュ時だから、前後の電車が玉突きのように時間調整する。

山奥の駅ではなく、大東京に関わる駅には早くホームドアの設置を願う。
そのための値上げは、いくらしても良い。
何でも反対する人よ、安全と安心を担保する値上げに協力しておくれ。




DSC03583.JPG


今は過渡期なのでしょう。
暴走する車両、落ちる戦闘機、落とされる駅のホーム。
だから外出したくない。



ファイト!





ファイト!(87)  コメント(6) 

大聖堂の尖塔 落ちた   [新聞から]




昨日は朝から気が気ではなかった。
カチカチ山ではないけれど、朝から歴史的建造物が燃え盛る映像は怖い。
実際にカチカチ山ではない、シテ島にあるノートルダム大聖堂。

2015年、退職前に妻と、長女がお世話になった巴里のお婆ちゃんちに行った。
大聖堂から10分ほどのお宅に10日間居候し、毎日、大聖堂の前を通過した。
中に入るのは無料だったし、帽子を被っていて注意されたけど、写真もOK。

いい思いをさせてもらったから、寄付はしっかりしようと思う。
長女がパリ政治学院時代、多額の奨学金を貰ったし。
おっさんにしては多めの寄付をしようと決めている。




‎2015‎年‎1‎月‎9‎日.JPG


或る早朝に、妻と散歩した。
映画などで見た風景に人のいない時間を、ロマンチックに眺めて過ごした。
そういう、良い思い出がある場所には、こころ入れがある。




2015年1月7日.JPG


もう少しルーブルで時間を使いたいから、また行こうねって。
ドイツ遠征の後にはって、言ってた矢先。
明治村も良かったけれど、ここは、厳かで、美しくて、失いたくない場所。





2018年10月10日.JPG


マクロン大統領はブレグジットで混迷するイギリスに、厳しい姿勢だった。
日産や、日本にも厳しい姿勢だった。
でも、それとこれは別、私の大聖堂修復に、寄付をするぞ。


それにしても、英国議会、本気度を疑ってしまう
文化の違いと言えばそれまでだけどな。
【ロンドン時事】 英議会は11日の審議日程を終え、イースター(復活祭)休暇に合わせた11日間の休会期間に入った。■ ただ、欧州連合(EU)離脱をめぐって議会は多くの時間を浪費した末、10月末まで離脱を再延期したばかり。混乱のさなかの休暇入りに、国民はあぜんとしている。 (2019年4月12日 /時事通信社)


「ハードブレグジット(合意なき離脱)」なら英国が景気後退に陥る。
しかしその後の調整で、特にポンド安になれば、投資機会が生まれる。
と、あれこれ予測する経済人だが、英国議会は本気か、日本じゃ通じない。




ファイト!




ファイト!(93)  コメント(8) 

新札発行まであと4年   [新聞から]



一年で本州仕様のカラダに変化したのかしら。
昨日は寒く感じたし、雨だから外出する気になれなかった。
よって、気分を前向きに、一昨日の写真を放出。

4月9日の火曜日に、思いのほか残る桜に感激しながらポタリング。
江戸川の土手の千葉側を走るのだけど、小岩菖蒲園の近くがカラフル。
気になったので、橋を渡り、菜の花の集団を発見し写した。

一昨日の写真、厳選4枚。
そして雑談は、新札発行のこと、あるよ。




DSC03249.JPG


キャッシュレスを進めるはずが新札発行の矛盾も、話題づくりか。
何をするにも、麻生大臣が語ると、ちょっと胡散臭くなる。
偽札を防止する力量発揮らしいが、5年後の発行と言う。




DSC03301.JPG


5年後にはキャッシュレス化が、かなり進んでいるんじゃないかな。
電車やバスによく乗るけれど、現金を使うこともない。
先日の宝塚遠征でも、缶コーヒーですら現金は使わなかった。




DSC03322.JPG


福沢諭吉が去り、津田梅子が入ってくる。
また1万円が男で、女は5千円かとも思うが、慶応、津田塾。
大隈重信は入ってこないのかしら。




DSC03334.JPG


ブログではよく、1諭吉とか言ってたけど、1栄一になるのか1渋沢か。
気が早いけれど、そんなこと以外にお札への興味はない。
岩倉具視の500円札がはあと3枚くらいしかないけれど、早くに使おっと。


桜のピンクも好きだけど、黄色の菜の花が大好き。
そして、一万円札はもっと大好き。
5万枚ほど、早く手に入れなきゃ。



ファイト!





ファイト!(103)  コメント(8) 

たたくとあざ残る   [新聞から]




人の痛みが分かる人間になると言いながら痛み止めを打ってくれていた。
熱心な担当医だったが、頭を抱えて、ボクの手には負えない。
そう言って彼は、東京歯科大学 市川総合病院 整形外科に紹介状を書いた。

左肩へのヒアルロン酸注射は暫く期待が持てたけれど。
メルボルンから帰ると、また痛くなってきたよと、今日は精密検査。
老いては医者に従え、と我が格言集に言う。




DSC01902.JPG


「たたくとあざ残る」8歳長女の両手縛り水風呂





DSC01919.JPG


2人は長女に対し、「うそをつかない」「わがままをいわない」など10項目にわたる誓約書を書かせ、それを破ると水風呂に入れていた。数時間にわたるときもあったという。[新月]捜査関係者によると、2人のスマートフォンから、長女が水風呂に入れられた状態の動画を押収。母親が撮影したとみられる。[新月]県警によると、2人は1月下旬にも、長女の両手首をひものようなもので縛り、無理やり水風呂に押し入れてけがを負わせたとして2月21日に逮捕されていた。    (読売新聞/2019年3月14日 14:00)





DSC01924.JPG


間違った知識には注意せよ。それは無知よりも危険である。
                (バーナード・ショー)


誰が教えたのだろうか、「しつけ」という錯覚。
鬼畜の行為を撮影録画できる悪趣味が、既に狂気だと思う。
8歳の子どもに書かせた「誓約書」に何の意味があると思うのか。

ほぼ確実なバカが、子育てを偽装している。
肩の痛みは「紹介状」を希望に、まだ耐えることが出来る。
だがなあ、この8歳の少女がどんな未来を生きるのか、胸が痛い。



さて、今日は大阪・宝塚遠征から長女が帰ってくる。
鮭の炊き込み御飯と、甘塩の鮭の切り身をふっくら焼いてやろうと思う。
私も長女に、長く厳しい「しつけ」をし、すでに何度もゴメンと手を合わせている。




ファイト!






ファイト!(96)  コメント(6) 

生後11か月の赤ちゃんにダイエット   [新聞から]




昨日は久々に、雪が顔に当たって溶けるくすぐったさを体験した。
まさか雪がちらつくとは思わなかったが、少し楽しく感じた。
駅の向こうにある整形外科で、左肩にヒアルロン酸の関節内注射をした。

昔から注射は怖くて、大人げないほど怖がってしまう。
若い時分は、看護婦さんと接するのが好きで、月に2回は献血してたけど。
でも、注射は大の苦手で、昨日も、実は、院内皆さんに笑われた。

痛いと思う痛さとダルさが残ってはいるけれど、回復は感じる。
来週また、イッポン、打ちに行きますか。
関節のギシギシがなくなり、早く来い来い完治クン。





AA4I1462.JPG


■ 首浮輪つけ入浴乳児放置、死なす…両親書類送検
 埼玉県戸田市の自宅で2017年1月、当時生後11か月の次女を浴槽に放置し、脱水症状で死亡させたとして、県警は15日、30歳代の両親を重過失致死容疑でさいたま地検に書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。次女は、乳児向けの入浴時用「首浮輪」をつけた状態でお湯につかっていたといい、県警は1時間以上放置されていたとみている。   (2019年2月15日 /読売新聞)


薬局で待っているとニュースを見ながら、ご高齢の御婦人に話しかけられた。
私こういうひと、全くこんなこと信じられないんですけど、ひどいですわね。
ハイ、こいつら夫婦そろって、発情して生むだけの、ただのバカですから。

物静かな紳士然と座っていた私が、予想外の厳しい言い方をしたからか。
そうでございますわねぇ、と薬を受け取りに、ご婦人は去って行った。
オレ、空気読めなかったのかな。




AA4I1463.JPG


「ダイエットをさせようと湯船に浮かべていた。ゲームなどをする自由時間を作りたくて放置してしまった」と、生後11か月の次女を浮き輪を付けたまま自宅の浴槽におよそ1時間半放置し、脱水症状で死亡させたバカ。

父親(33)は、生後11歳でダイエットが必要かどうかも分からないのだ。
おまけに生後11か月の赤ちゃん相手に、自由時間を求めるなよ。
薬局でご高齢の御婦人が、耐えきれず嘆くのも、大いに一理ある。


子育ては総力戦だった。
私の母が数か月のあいだ函館でお手伝いし、その後は義母が手伝いに来てくれた。
私は稼ぐためといい、好きな仕事をやりまくるだけだったけれど。

それでも授乳で妻が寝不足になるので、こわごわ抱っこしてミルクを与えた。
げっぷが出たかどうか、見落とさないように真剣だった。
そういう当たり前のことは、誰にも教わらなかったけれど、した。

妻には不足だったかもしれないが、自分の赤ちゃんが潰れないようにした。
何とか五体満足で生まれますように。
何とか元気に育ちますように、そういう願いはずっと持っていた。

いや、ちがう。
やっぱり妻だけが苦労したように思う。
私は子どもを殺さなかっただけで、何も偉そうなことは言えぬ。

定食屋だけではなく、薬局でも悲惨なニュースが流れる。




ファイト!






ファイト!(87)  コメント(7) 

バカが喋る   [新聞から]




昨日、昼のテレビを見ていて、唖然としてしまった。
薄ら笑いを浮かべているように見えてしまう、おダイジン、五輪担当大臣。
ボキャ貧でしかないのだが、置物にしては迷惑な奴だ。


それを言っちゃぁ、おしまいよ。
どうして本音を包み隠さず言うのだい、不届き者め。
圧倒的なバカが化石のように、国の最高機関にこびりついてるのだろう。





AA4I1114.JPG


■ 池江選手に五輪相「本当にがっかり、下火心配」
 桜田五輪相が、競泳女子の池江璃花子選手が白血病を公表したことを受け、「本当にがっかりしている」と発言していたことが分かった。関係者によると、桜田氏は12日、「1人リードする選手がいると、全体が盛り上がる。そういった盛り上がりが下火にならないか若干心配している」と東京都内で記者団に語った。  (2013年2月13日 14時/読売新聞)





AA4I1133.JPG


五輪担当大臣の不届きな発言を聞いて、おらが市川村の選出ではなかっただろうなと、かなり不安になってしまったぞ。こんなバカが市川から選ばれたのなら、この街の民度はかなり低いぞ。と、世も末だ感が増してきた。




AA4I1134.JPG


悪夢のような民主党政権と言われて、イオン財閥の岡田克也は、大声で発言の撤回を安倍総理に迫っていたけれど、これも馬鹿げた話、単なる事実であってレッテル張りでもなんでもない。それが分からないから、未だに分裂行動をしてるのに。


馬鹿どもの発言を聞きたくもないのだが、定食屋ではニュースが流れる。
だから定食屋へは赴かず、そうだ、今日と明日、妻が連休だ。
よし、バレンタイン気取りで、精一杯サービスするかな。

だってオレ、本物の男だもん。
いや、甘えん坊か。
うーん、甘ったれかもしれん。




ファイト!






ファイト!(93)  コメント(7) 

衝撃の銃弾2発   [新聞から]




昨日は久々に大きな驚きを、ふたつも受けた。
・大坂なおみがコーチのサーシャ・バイン氏との契約解消を発表。
・競泳女子の池江璃花子さん(18)が白血病だと公表した。




1 Hakubai.JPG


大坂さんは全くのアメリカ人だと思いつつ、またさらに強くなるのだと思った。
日本ではコーチの方がエラく、指導者などと呼称する。
しかし大坂さんたちは対等で、なおかつ大坂さんが雇用主、決定的に違う自立心。




2 Koubai.JPG


東京五輪の水泳では目玉になっている池江さん、白血病。
大いに驚き、いけないことだけど、東京五輪はどうなるのだろうと思った。
本来は命が大事で、寛解を願うのが筋だけど、彼女が背負うものは大きすぎた。




3 Hakubai.JPG


大坂さんのコーチ解任は、池江さんのことで吹き飛んでしまった。
ただ、医学界は進歩が著しく、癌の薬も治療法も大いに進んでいる。
夏目雅子さんだって、今なら寛解していたと言われる。

豪州では我が友デイブだって、逞しく復活するのである。
メルボルンにはオリビア・ニュートン・ジョンがん健康センターがある。
マットウに生きてきた人たちだ、寛解を期待し、復活してねと祈る。




ファイト!






ファイト!(96)  コメント(6) 

「の」を入れよ   [新聞から]





バカが湧き出てくるのは、親の教育が悪い。
バカがしでかしたこと、ちゃんと、落とし前をつけろよ。
未成年なら、親が肩代わりして損害賠償を支払えばいい。


■捨てた魚、まな板に戻した2人は憔悴…退職処分
 動画を投稿したのは「無添くら寿司守口店」(大阪府守口市)のアルバイトで、魚をゴミ箱に捨て、再びまな板に戻す様子が映っていた。批判が相次いだことなどから、現在2人は憔悴し、受け答えができる状態ではないという。 (2019年2月10日(日)読売新聞 朝刊)




AA4I1078.JPG



どうせクビになるんだからと腹をくくった連中、莫大な代償を払えばいい。
こんなことをすれば、どうなるのか、その程度のことが想像できないバカ。
学校の責任ではなく、これこそ親のしつけ。

生んで育てた親が観念して、たてかえてやればいい。
家を担保に金借りてでも返せばいい。
痛い思いをして初めて学ぶバカだから、金という痛みを支払って学べばいい。




AA4I1641.JPG



学校にさえ行かせていれば何とかなると、勘違いした代償を親が払う。
子育ては丁寧にしなくちゃ、ツケは大きい。
憔悴しきるのは自由だが、落とし前はつけろよ、社会の掟。

バカに市民権を与えてはならないのだ、くら寿司。
今回、くら寿司が手を抜けば、バカが増幅する。
とんでもないことになるから、バカはよせと社会が示してやる。


重要なことは、今後もバカには近づかない。
あおり運転も、虐待も、バカな動画配信も、想像力が欠けているのだろう。
これ以上したら危ないと、ブレーキがかからないのは、頭の悪さか人格破綻。



さて、本日は、建国記念日。
金曜のモーサテで、月曜は「建国記念日」でお休みですと言った。
聞いていて、私は、腰を抜かしそうになった。
この国に建国記念日はない、あるのは建国記念の日なのだけど、日本語。




ジャンボ!






ファイト!(98)  コメント(8) 

しつけだ   [新聞から]




「しつけでやった。間違いだとは思っていない」
どう考えてもこの男は気が狂っていると思う、キチガイだ。
ブレーキの利かないこの男の前頭葉には傷があるのだろう。



■スマホに暴行動画「お父さんごめんなさい」涙声
 千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、心愛さんが父親の勇一郎容疑者(41)から暴行を受ける場面の動画データを県警が押収していたことが、捜査関係者への取材で分かった。心愛さんが「お父さん、ごめんなさい」と涙声で謝罪し、暴行をやめるよう哀願するような様子も映っているといい、県警は、心愛さんへの虐待を裏付ける証拠とみて解析している。  (2019年2月9日/読売新聞・夕刊)





AA4I1644.JPG



昨日は関東地方も朝から雪で、大騒ぎの予感があった。
不要不急の用事がないから、自宅待機。
読書と映画に重点を置いた。




AA4I1652.JPG


午後になって、配達された夕刊を見て驚いた。
父親に殺された心愛ちゃんの続報である。
何とこのサイコ野郎、娘への虐待を録画していやがった。

そげな非情の行動を、哺乳類として私にはできない。
叱り怒っている最中に、エスカレートすることはあると思う。
熱くなるその行動と、撮影という手段は矛盾する冷静さだと思う。




AA4I1668.JPG


躾けとしてやった、と思っているのだろうな。
サーカスの動物たちですら調教の果てに殺されることなんてない。
我が子をいたぶり殺してしまう狂気は、どこからくるのだろう。

たしかに、人間という奴には「狂気」が組み込まれていよう。
ゆえに熱情があり、執念強く、何かを成し遂げていくのだろう。
大人になる、社会性を身に付ける、それは狂気を飼いならすブレーキを持つこと。

むき出しの狂気が発揮されるなら、隔離するか、抹消するしかない。
我が子へのいたぶりを録画する趣味、私は有しておらぬ。
こやつ、狂っているというくくりしか私にはできない。




ファイト!






ファイト!(93)  コメント(11) 

正体を見たり   [新聞から]




親に頼って七光、ひとに頼って甘ったれ、磨いた奴はどこかが違う、自分で光れ。
1970年代に、宇崎竜童がラジカセのCMで言っていたセリフ。
このセリフはなぜか、大阪を飛び出して以来、自分の中に息づいている。


体罰、暴力は受け継がれ、連鎖するのだと思う。
どつく方は、アドレナリンを放出して興奮し、止まらなくなる。
どつかれた方も、親が相手なら、どう対処していいか分からない。


子どものころから思っていたことを、どなたかが指摘していた。
日本人:自分の子は自分の所有物 
欧米人:生まれた時から一人の人間


この支配からの卒業と、尾崎豊が語り、共有できた意識がある。
自分の人生、大人たちからの支配を逃れるためだけだったのか。
何度もそれを思い、むなしくなったことがあった。


結局はどういう教育を受けたか、与えるか。
どういう人と出会えたか、どう受け止めたか。
できることなら屈折せずに、生きていけたらと思うこの頃だ。




IMG_20190207_122402.jpg


薬中ではないけれど、注射、空振りでしたね。
医者の不養生、きょう会ったら呟いてみるかな。
いや、痛くされたらいやだから、お元気ですかと尋ねよう。




IMG_20190207_130026.jpg


寒くなったり温かくなったり、暑く感じたり。
ちょっと落ち着きのない季節感、せめて自分は養生して。
ランチは人気のロースかつ定食。




0_4_2_466496_0_0.jpg


夕刊フジ、購読料月に100円というサービス期間、ネット版を定期購読中。
母体がサンケイだから偏っているだろうが、朝日ほどひどくはない。
一昨日、献金問題がスクープされ、ヤフー・ニュースに出ただけ。

昨日、夕刊フジは第2弾を掲載したけれど他紙は報じない。
おそらく辻元さんは、かわしていくのでしょう。
ひとには印象操作した不快な言葉を浴びせるけれど、自分はオッケー。


私もそこまでの厚顔無恥になれたら、成功してたかもしれない。
でも、日本のために、市川のために、北海道のために、正々堂々。
おっと、目立たないように、バレないように、逃げ切るぞ。




ファイト!






ファイト!(98)  コメント(8)