So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

金町が気に入った   [旅]





8月3日(金)、さてこの日は。
妻に鰻重をご馳走するのも重要な使命だった。
しかし、サマージャンボの最終日でもあったのだ。




AA4I0802.JPG


金町の由来は知らねど、縁起は良さそうだ。
秘密の話をすれば、妻は、ポタリと鳩のフンが当たってる。
希少機会をヒットする妻は、当てに行くようだ、期待。




AA4I0728.JPG

帝釈天で蓮が植えられていた。
水槽のようなプランターのような大き目の容器で。
ありがたい雰囲気は出ていると思った。




AA4I0794.JPG

同じ名前の店が向かい合わせに営業していた。
食べるための客席は、こちら側が広かったけれど。
カレーも売る団子屋より、団子をメインにする団子屋がイイ。




DSC02875.JPG

餡子がおいしかった。
次女なら幸せの溜息を漏らすのではないだろうか。
オレ、おかわりをしたくなったけど、鰻重大盛りの後だから食えんかった。





AA4I0705.JPG

チコちゃんもペコちゃんも怒り心頭

文科省役人の息子を裏口入学させた東京医科大学が、重大な差別入試をしていた。
センター試験終了後、自己採点し全予備校に送り、集計する。
その結果、判定予想が出てどの大学で勝負するか、出願を考える。

しかし東京医科大学は女子一律で減点していて、受験生はその不正を知らぬ。
しかも二次では男子だけ加点され、この不正も知らず、泣き寝入りだった。
浪人したり、大学による不正で、受験生が人生を狂わされていたのだ。

即座に文科省は解明のために介入すべきだが、接待漬けである。
何でも反対の野党、ここですぐに動けば少しはポイントも上がるが、無理だな。
以蔵や梅安さん、ネズミ小僧、コナン君、ナショナルキッド、出てこないな。

我が子や教え子がこんな目に遭ってたら、梅安、許さんぞ。
と、泊りに来た三女とパイナップルを食べ、手巻き寿司を食う。
オレ? 浮浪雲、隠居おじさん。




ファイト!






ファイト!(105)  コメント(9) 

初めてのはとバス   [旅]




30年以上毎年、書道合宿で来ているけど、東京タワーも上ったことない。
函館から友人が来るので下町でも紹介するかなと、考えていた。
しかしこの暑さだから、はとバスがいいよと、妻がオゴってくれた。




AA4I0365.JPG


また函館に行ったら、鹿肉の刺身を食わせてもらうためでもある。
「東京二大タワー競演 (東京スカイツリー&東京タワー)」
親友の希望に合うかなと、妻が選び支払ってくれた、感謝。




AA4I0376.JPG

東京タワーは半世紀ぶりに上ったのかな。
おのぼりさんでなきゃ、のぼらない場所だと思う。
下を見るのはちょっと怖かったと、友人がはしゃぎ、オレ喜ぶ。




AA4I0393.JPG

浅草観音と仲見世 (自由散策/60分) は互いに来ているから、パス。
暑さしのぎで『まるごとにっぽん』に行き、涼むのだった。
ちょうど着くと『まるごとにっぽん』の前で火事があって、車と店が燃えていた。




AA4I0416.JPG

スカイツリーの展望台に着くと、記念写真を撮られる。
あなたのカメラでも撮りますよと言われ、EOS-1DXⅡを渡した。
すると、写りませんねと言われたが、そういうことなんだね。

もちろんフラッシュたいて綺麗に仕上がった商品の写真を見せられた。
友人は300円ならなと、買わなかったが、1300円。
もちろん私も買うはずがない。




AA4I0468.JPG

やっぱり東京タワーの方がリアルな怖さだと友人が言う。
ここで案内するお嬢さんとしばらく楽しく写して遊ぶ。
友人は案内嬢と楽しく写る、もちろん還暦は過ぎている。

少しばかりのお金と時間を使って二人で楽しんだ、はとバスツアーだった。
ランチバイキングが、詰め込み過ぎてちょっとキツかったけど。
おおむね、ときめいていたおじさん二人だった。




ファイト!






ファイト!(111)  コメント(11) 

ふたりの時間を楽しんだ   [旅]




6月が始まるのだ。
住み慣れた札幌から南下、市川に引っ越して2か月余り。
いよいよ妻も働き始め、オレは専業主夫で求職オヤジ。




1 時計だい.JPG



あれこれと生活も動き始め、日常が形作られていく。
限られた時間を有意義に使うのは最優先だが、楽しまなくっちゃ。
だから、二人でのんびりしてみようよ、と35年目の恋人ごっこをした。


肖像権を侵害してはいけない らしい

写すな 写さないでください 盗撮禁止!




2 だめ肖像権がある.JPG

いいじゃねぇかよドナルド、オレとおまえの中じゃないか。
いつでも代わりをするぜ、でも、中は暑いだろうよ。
涼しくなったらいつでも代わってやるよ。




3 ひもで結ぶ.JPG

妻による発見。
ねぇ、ミッキーったら落ちないように命綱付けてるよ。
ホントだ、まあ落ちたらカッコ悪いしね。




4 特注の合羽を使う.JPG

アリスだけでなく生身の女性タレントは、特注の合羽を着ていた。
これも妻が発見し、ホントだ、と追従する夫。
蒸し暑いだろうに、大変だなと思う。




5 小さな世界.JPG

妻は19年ぶりに来たという。
35年前、二人の本格的な初デートの頃と激変したのかな。
35年、自分たちが一番、変化を経験したのかな。

嫁さんめっけの電撃的な出会い後、手をつなぐのもドキドキしていたオレ。
北海道に渡り、結婚して、美人三姉妹が生まれ、すでに成人を通過。
ふたたび二人の時間も、人生の終盤となった。

若かったころのように、ガツガツ回ることはしなかった。
いわゆるジェットコースター物は一つも乗らなかった。
のんびり、ゆっくり、二人の時間を楽しんだ。

今日から少しずつ、生活が本格化するようだし。
わずかの時間だけ小雨も混じったけれど、客数も少なく、良かった。
やっぱりオレたち、ディズニー世代だなと思った。




ファイト!






ファイト!(120)  コメント(12) 

小岩菖蒲園までのチャリ   [旅]






昨日の朝は6時過ぎから、近くの、小岩菖蒲園に行った。
日曜の早朝、江戸川の土手はランニング銀座だった。
電動自転車を追い越すレース仕様の、スポーツタイプ自転車も怖い。




AA4I8287.JPG



いよいよ咲き始めたという感じがある。
その証拠に、三脚を据えている方が増えてきた。
ランニングの合間にスマホで撮る人もいる。




京舞(肥後) 2.JPG



犬の散歩の途中の方も、犬に見せ、スマホで写している。
あるいは、カメラ女子も真剣に写している。
私も、独占しないように周囲を気遣いながら写す。




AA4I8258.JPG



「燕子花図屏風」みたいな群舞を撮りたいなと、不肖、わたくし思うのです。
リンパ腺が腫れたわけでなく、尾形光琳みたいな。
到底無理とはわかっていても、記憶に残る屏風だしな。




蛇の目傘(江戸) 3.JPG



目の保養と言うか、美術館は昔、よく行った。
北海道ではあまり行かなかったから、美術館巡りは再開しようと思う。
センスを磨くには、良いものを見溜めておくのは重要だと思う。

構図の影響は確実に受けるはずだと思う。
着眼点、それがまだまだ甘いので、習練を要す。
大相撲、鶴竜の優勝で終わったが、栃ノ心はこれからの時代を作るだろうな。



・・・そう、誰かが言っていた。
日大アメフト監督は、追い込むと、心を作ると。
メジャーの大谷クンは、ジュニアも高校も日ハムでも、追い込む指導は受けていない。

爺っちゃんやオッサンが受けた教育から、何度も教育課程は大変更している。
そのつど、大人が、指導者が学びなおさねばならないはずなのだ。

しかも利権に巣食う日大の構図が、マスコミに炙り出され始めるようだが。
さて、食い止める政治力を持つか、マンモス日大、もたないと思うけどな。




ファイト!







ファイト!(123)  コメント(11) 

おのぼりさん   [旅]






木曜日に妻と「おのぼりさん」をしてきた。
東京駅に出向き丸の内で用事を済ませた。
その後、次女に貰ったチケットで東京ドームに初めて入った。




AA4I8073.JPG

札幌時代の税金や保険料で、支払い金融機関を指定していた。
面倒だなと思いつつ、一緒にお散歩でもしますかと、同行した。
北海道では大銀行だが、東京海上日動ビルの一室で小さく営業していた。




うずくまる女(エミリオ・グレコ)1971.JPG

妻が初めて見るという二重橋を、じゃあと、お上りさんで眺めた。
物凄く騒々しいのは大量のC国人、乗っ取り状態だった。
ビル街の谷間に小さな公園があり、少しばかり憩いを堪能した。




AA4I8129.JPG

公園の入り口に花屋さんがあった。
アジサイが売られていて、さすが売るだけあって、キレイな色だった。
いずれ野生の美しいアジサイを見つけて、激写するぜ。




AA4I8187.JPG

地下鉄・銀座線で後楽園に移動した。
むかし、後楽園ジャンボプールでアルバイトをしていたが、懐かしいな。
驚いたことに球場にはタコベルがあった、ヨケロ・タコベル、懐かしい。




AA4I8214.JPG

東京ドームに初めて入ったが、小さいし汚いなと思った。
人工芝の禿げたような汚さが寂しかった。
札幌ドームの回廊状態ではなく、窮屈な狭さを感じた。

イニエスタが来て、紹介されていた。
彼一人の年俸が、楽天イーグルス全員の年俸より10億円ほど高い。
ドーム内での生ビール800円にビビる自分は、いったい何だろうと思った。

お上りさんに映った東京は、すげぇーなぁ、だった。
とにかく人が多いし、狭いね。
ただ、皇居前の歩道は無茶苦茶、広かった。

美しい週末を過ごそうと思う。




ファイト!






ファイト!(112)  コメント(8) 

お台場までお出かけよ   [旅]





真っ赤な顔してもう酔っぱらったの?
ゆりかもめを降りてJR新橋駅に行く時、妻にそう言われた。
きのうの午後5時、お台場海浜公園からの帰りだった。




AA4I6680.JPG

東京みなと祭行事
東京ドラゴンボート大会2018
出場した次女の応援だったが、「ドラゴンボールに出場?」と思っていた。




AA4I6743.JPG

ドラゴンボールじゃなくてドラゴンボート、先週言ったでしょ。
船の先頭に龍がついたボートを左右に分かれた20人が漕ぐというもの。
ディズニーランドのビーバーブラザーズのカヌー探険で漕ぐようなボート。




AA4I6947.JPG

わたし初めてなのと、ゆりかもめに乗ってはしゃぐ妻。
車内でキョロキョロする妻が可愛いなと思った。
初めてレインボーブリッジを渡るわ、と完全なお上りさんだった。




AA4I7053.JPG

次女のチームはBグループで優勝した。
来年の世界大会につながる全国へは行けないが、B優勝で満足。
本当に楽しそうで、見ていてうれしかった。




AA4I7217.JPG

次女は競泳の世界に打ち込み引退したが、水がらみで楽しんでいるようだ。
上腕が鍛えられ、よく日に焼け、さらに逞しくなった。
少なくとも3本のレースを逞しく漕いで、お疲れでも今日は仕事。

風呂で驚いたことに、私は、日焼けしていたのだった。
日差しが強くてジリジリしたが、やはり焼けていたのだ、夏か。
年のせいか、太陽の下に立ってるだけで、大いに疲労を蓄積した。

足が痛いので、今日は少し近場を回るだけ。
アジサイを、見つけたいのさ。




ファイト!







ファイト!(114)  コメント(9) 

浅草の甘味と談笑に葡萄酒道中   [旅]




以前、次女から土曜日は暇かと問われ、即答した、暇だ。
それで一昨日、次女と浅草で待ち合わせた。
うっかり土曜日を忘れて出向き、その混雑ぶりに驚き、田舎者となる。




AA4I5423.JPG


変わった空の雲が出ていることを意識した。
何らかの気象現象かもしれないが、その名残がまだツリーの向こうにあった。
今のところ大地震も、大雷も何もないので気にしない。




AA4I5375.JPG


知覧鶏とおでんが有名な店へランチ方々飲みに行く。
次女の奢りだと言い、予約してあった。
次女の奢りでもメニューを見て、お父さんは控えめに。

酒と焼酎のレパートリーが多い中、赤ワインのボトル注文。
次女は夕方から水泳の個人レッスンがあるので、水のみ飲み。
途中で社長が他店からあいさつに来たのは驚いた。




AA4I5398.JPG


娘の顔を立てて、ごち。
ランチ飲みの前のスィーツは、実に美味かった。
茶和々の抹茶わらび餅が美味いので、妻にお土産とした。

土曜、妻は本八幡駅前のリラックス・マッサージに招待され。
その後、三女とスィーツ食べ放題に行ってるのだから、お土産もどうかと思いつつ。
それでも持ち帰ると喜んでくれたね。

ランチ飲みの後のスィーツは、梅園の「あわぜんざい」、オレには向かなかった。
ものすごい混雑ぶりに、呼吸が苦しくなるくらいだった。
あたりも外れもあってそれで良し。




ファイト!






ファイト!(128)  コメント(9) 

とりとめもない時間   [旅]





女性の平均寿命と人工関節の耐久年数を考える。
そこで妻が手術する年がまだ先だとなる。
そして歩く距離や時間が増えると、妻は立っていられなくなる。

だから本当は、一人で私は出歩かねばならないのだけど。
それでも一緒に居たいから、つい誘ってしまう。
あとで悪いことしたなって、反省モードに入るオレ。

雨が続きそうだったから、日曜に妻を誘ったのだ。
そして、雨が降り出すと、妻は言う。
一日中、家の中にいるのも良くないわね、と。




AA4I3944.JPG


妻はゆっくりと先を歩いていく。
私は木々の葉を見上げて写真を撮る。
小走りで追いついて話しかける。




AA4I3953.JPG


見るからに野鳥が歩いている。
スマホを構えてたくさんの人が写している。
妻は気にもせず先へ行き、バラ園へと向かった。




AA4I3973.JPG


いわゆる老夫婦が、奥様を薔薇の前に立たせて写真を撮っている。
私は効果的に、ずっと離れた所から薔薇を背景に妻を撮る。
ファインダーの中で妻の笑顔が弾けて静止した。




AA4I3982.JPG


私この花が好き。
そう言ってポケットカメラを構える妻。
リケジョだから、好きな花はこれ、写ればいいようだ。




AA4I4137.JPG


これは、野鳥ではないと思う。
円山動物園でも見たが、室内で見たのだった。
随分と私たちも南下したものだと、実感する。


とりとめもない時間の共有を、大切にしたいと思う。




ファイト!





ファイト!(122)  コメント(15) 

いずれアヤメかカキツバタ   [旅]





江戸川の土手を遡って走る。
市川橋を渡り小岩側で河川敷に降りる。
10㎞あまり走ると千葉側は松戸を過ぎる。

再び土手に上がる。
細い橋を渡ると、水元公園がある。

東京都葛飾区にある水元公園。
面積が76.7haあり、ディズニーランドの約1.4倍だと言う。
雨が来る前に昨日、電動自転車の力を借りて公園内を走り回った。




AA4I4242.JPG


いずれが菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)   いずれもすぐれていて選択に迷うことのたとえ。「いずれ菖蒲か杜若」とも。 ともに似ていて区別がつけがたいことから。/明鏡国語辞典

こういうのって「男目線」と言うのだろうか。
おそらく女性が考え、言いだした言葉ではないな。




AA4I4251.JPG


広い水元公園を走っていて思った。
涼亭という天婦羅と蕎麦の店近くを走ると、ポプラ並木がある。
北大構内でいつも普通にあったポプラ並木が、ここにもあり驚いた。




AA4I4263.JPG


どっちにしようかという迷いは、あまりない人生だった。
勢いだけで来たので、いずれアヤメかカキツバタと逡巡したことはない。
考えてみればピンチだらけで、直感でここまで来た人生に過ぎないのか。




AA4I4268.JPG


公園内を走っていると、ちょっとした森もあり、カラスがいて怖かった。
茂みの中にしゃがんで三脚を据えている人たちがいた。
オレ、こんな世界に足は踏み入れられないなぁと思う。

虫が怖いし、いつでも半袖半ズボンだからね。
それでも今週は、野鳥写真デビューが控えている。
せっかくの機会だから気合を入れる。




ファイト!






ファイト!(123)  コメント(11) 

市川動植物園   [旅]





昨日、天気が良いうちに遊びましょ。
妻を誘って自転車で、市川動植物園に行った。
片道およそ10㎞の旅、颯爽と。




AA4I4003.JPG



考えてみたら連休最終日。
子供連れの家族が多くて、少し驚いた。
ベビーカーが主役なので、遠慮気味に行動した。




AA4I4084.JPG



なんだか動物が少ないね、円山動物園の方が圧倒的に大きいな。
札幌の時と比較して言うと、妻にたしなめられた。
動物に期待しちゃダメよ、動植物園なんだから動物園とは違うのよ。




AA4I3991.JPG



薔薇園で花に囲まれた妻を写してアラーキー。
暑さで動物はグッタリして、全員がナマケモノになっていた。
コンクリートの猿山は、さながら灼熱地帯であろう。




AA4I4088.JPG



視線が合うと野生を感じ、ちょっと引いてしまう。
キーっ、何メンチ切っとんねん、われ。
おら、アホぼけカス、お前の母ちゃん出べそ、etc. 。




AA4I4094.JPG



函館植物園のサルは冬に温泉につかり、ウットリ目をする。
ここはどうでしょうか。
耳かきならすぐに寝ちゃいそうなボク。

暑かったけれど、たくさん筋肉を使ったぞ。
まあオレだけ年間パスポートにしたから、通うぞ。
と言っても、月に1回くらいが限界かな。




ファイト!






ファイト!(122)  コメント(12)