So-net無料ブログ作成

急いだキャッシュレス   [新聞から]



「脆弱性を突く」、これは攻撃の基本だ。
官・民を問わず、そんなことは当たり前なのだが、平和ボケと老害。
国境線が動き警備に緊張する、大陸の人間が持つ当たり前の危機感がない。




DSC05768.JPG


セブン・ペイがとんでもない失態を演じ、やはり中国人が逮捕されている。
緊急記者会見で社長が2段階認証のことを尋ねられ、え、何それ? という顔。
これは全く持って危険な「老害」の証。

官民一体の中国は一気にキャッシュレス国家に変貌し、ワルの攻撃力も上昇。
どう考えても危険な脆弱性のみの認証方法で、大々的に登場したセブン・ペイ。
今回の失態で、国策としてのキャッシュレスの出足が鈍る。




DSC04747.JPG


セキュリティー関連銘柄がテーマ株に変貌した。
今回の被害者が請求された画面を見て、泥棒の猛烈な速攻力を見た。
一気呵成に攻撃を仕掛け、あっという間に数十万円が抜き取られている。

還暦過ぎたオッサンでも、これは危ないやんとわかることを、セブン。
知らない人がリーダーの組織、危ないと思う。
イージス・アショアの防衛システムに、セブン・ペイは入ってないんだね。

この国は大丈夫かと、嘆いているうちに寝てしまった。
起きてみると、7月だというのに、肌寒いことに驚いた。
まるで札幌やないか。



ファイト!




ファイト!(83)  コメント(7)