So-net無料ブログ作成

『アイ,トーニャ』   [映画]



妻が札幌へ行っている、友人の旦那様が亡くなったから。
ママさんバスケットチームの親しくしていた人の夫、まだ若い。
家族葬にて終了していたけれど、仁義、妻なりの筋を通して、正しい。




『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
3f44165a4875845c.jpg

■ 作品データ
 原題/  I, Tonya
 製作年/ 2017年
 製作国/ アメリカ
 配給/  ショウゲート
 上映時間/ 120分
 映倫区分/ PG12

■ 解説  アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。プロデューサーも兼ねてトーニャ役で主演したロビーは、スケートシーンにも挑戦。母親役のアリソン・ジャネイが第90回アカデミー賞の助演女優賞を受賞した。元夫のジェフ・ギルーリー役は「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。



トーニャ・ハーディングという名前は知っていた。
ひどい奴やな、という程度の記憶でしかなかった。
同情的に見ることになってしまった。

教師稼業をしていると、「成育歴」などと言ってしまうが、教育は環境が全て。
映画区分がPG12になっている通り、とにかく言葉遣いがひどい。
母親の態度と言葉から、マトモな娘は育たんぞと納得してしまう。

やはり可哀想な人と、同情している。
劇中、主人公が言うセリフに切実な事実だなと、思ってしまう。
「オリンピック4位の選手にスポンサーはつかない」




DSC05526.JPG


この映画の母親役の女優、私と長女にとっては、CJである。
長い期間TV放送されたドラマ『ホワイトハウス』でCJ・クレッグ報道官役。
親しみを持って見ていた人だが、憎たらしい母親役、アカデミー女優だ。

子供時代から罵られて育てば、粗暴な子供になっても仕方がないと思う。
わが妻は暴力的な言動は絶対にしない。
子育てを完全委任しても間違いはないと、思っていた。

20年以上前、妻に注意されて意識して直したことがある。
ねえ、運転中に三女が、パパと同じように粗野な言葉を使って驚いた、やめて。
私が運転中にヤンキーな反応をし、それが諫められたわけである。

妻に育てられた私としては、言葉遣いも正さなくっちゃ、と思ったのでございます。
闘争心と言葉が連動する、というのは錯覚かもしれない。
そう考えて、スポーツはさらに近代化するのだろうと思う。




DSC05527.JPG


類が友を呼んで、逃走犯が捕まり、かくまった男も犯人隠匿の疑いで逮捕された。
こういう人騒がせな男のおかげで街の機能が低下し、時間も金も浪費させられた。
しかし、迷惑をかけられた市民が補償されることはない。

映画『アイ,トーニャ』の中で「正しい」姿勢を見た。
3年の執行猶予を言い渡され、その間に500時間の社会奉仕活動と、罰金。
使途不明となる国庫金に入れるのではなく、目的別の罰金には賛同した。

・スペシャルオリンピックスを援助する5万ドルの基金の設立。
・そしてオレゴン州マルトノマ郡の検察に1万ドルの捜査費用の弁済。
・裁判所が定めた精神鑑定と治療に参加すること。

また出てきて同じことを繰り返されるのはウンザリする。
塀の中で矯正するだけではなく、衆人環視の社会の中で償ってもらう。
そういう執行猶予は現実的なんだけど、日本じゃ隔離してしまうのかな。



ファイト!




ファイト!(99)  コメント(5)