So-net無料ブログ作成

片手にピストル   [考え方]




川路利良という人がいて幕末から明治初期の人。
薩摩藩士で初代大警視(現・警視総監)を務め、日本警察の父とされている。
フランスで視察した警察制度を模して、日本で初めて構築した人。




AA4I3285.JPG


京橋にある警察博物館で川路のことを尋ねると、心酔、大絶賛であった。
私の知識は全て司馬遼太郎からのものだけど。
少なくとも、派出所を全国展開したのも彼である。




AA4I3432.JPG


その交番が狙われ、まんまと拳銃が奪われる事件が起きた。
翌朝、容疑者は逮捕されたけれど、おそろしい話である。
簡単に拳銃を取られてしまってはいけない。

しかし、だからと言って完全武装して、塩対応されても困る。
中国のような、管理的・監視的・高圧的な怖い警察にはならないでもらいたい。
オレ、出来る限り、ご苦労様と声をかけているんだからね。




DSC04619.JPG


昨夕また、60歳の女性が運転する車が、塾帰りの子どもたちに突っ込んだ。
同じような馬鹿げた事故や事件が連続する、嫌な話だ。
こんな時こそ、大谷クンの活躍を期待し、日本代表を応援する。

昨日、全日本大学野球選手権で明大が38年ぶりに優勝した。
対戦相手が「佛教大学」だということに驚いた。
さらに、主戦も含めて坊主頭ではないことに驚いたのは、佛教大学だし。

佛教大学だからと言って、坊主になるとは限らないということか。
坊主だからと言って、坊主頭になる必要はないということか。
佛教も坊主業も、ファッションが大事なのだろうかと思った。

そう言えば昔、勤務していた高校でのこと。
中学の野球部で全国に行った子が入学しても、野球部に入らなかった。
坊主頭になるのが嫌だという理由だったが、いまはもう古いんだろうなこんな話。



ファイト!





ファイト!(92)  コメント(6)