So-net無料ブログ作成

懸賞金に目がくらむ毎年の姿   [仕事]



5月31日締め切りの懸賞に挑戦をしていた。
まだ何もできておらず、焦っていた。
あと2週間足らずとなった時、打ちのめされそうなニュース映像を見てしまった。

4月に池袋で87歳の男が暴走し、ふたりの親子を殺した事件があった。
約1か月後に、任意の事情聴取を受けるために警察署を訪れた姿。
その姿の異様さに呆れてしまい、その後、怒りを覚えたのだった。

もちろん口先では謝罪するが、帽子にサングラス、マスク着用。
自分自身を透明人間にするだけではなく、両手に杖を突いている。
弱者を装う狡猾さに虫唾が走った。




DSC05149.JPG


男らしく、男のくせに、子ども時代に言われ続けたこと。
そこで描かれる姿はおそらく、潔さというものだろう。
だから、透明人間に加工して弱者を装う輩に怒りを覚えるのだと思う。




DSC05151.JPG


潔さや正義感から距離を置いて、10日あまり情報を遮断した。
今年で3回目の挑戦になる、懸賞童話。
懸賞金目当ての不埒な姿勢でも、書き上げて2日かけた校正は実に楽しかった。




DSC05152.JPG


今まででイチバンの出来だと思う。
だって、いままで応募したら読み返すこともなかった。
実は今回は、毎日読み返してニヤニヤしている。

タイトルは、ぼくは泳げない。
応募は添付ファイルで送ったが、一太郎は始めの1行が自動的にタイトルとなる。
何も考えず、だからタイトルは、始めの1行がそのまま。

小学校で習う漢字だけを使った。
主人公は小学2年生だけど、小3で習う「泳」を使った。
こういう別世界で遊びながら、カネにならんかなぁ~と下世話なオヤジ。

だから応募後も、暫く、ずるい年寄りを見たくなかったのでした。
しかしまあ、知らぬ間に、暴走事故だらけ。
異常事態だと思い、天変地異を恐れ、末法の世ぞ。



ファイト!





ファイト!(92)  コメント(7)