So-net無料ブログ作成

働き方   [仕事]



働き方改革と言い、次女も先月は有給処理をしまくっていた。
働かなくても金が出るけれど、働き過ぎはダメよ。
残業がなくなるように、監督されているようだ。

トヨタや経団連のお偉方が、最近言い始めたことがある。
 トヨタ自動車の豊田章男社長の終身雇用に関する発言が話題を呼んでいる。13日の日本自動車工業会の会長会見で「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べた。 (日経ビジネス/2019年5月14日 )

終身雇用崩壊へ、パンドラの箱を開けたことになる。




AA4I2472.JPG


終身雇用がなくなる傾向が進み、残業も限られてしまう。
いよいよ働き方改革は最終章、自分のことは自分でしろよと。
そんな教育を受けてこなかったのに、ある日突然、クビ! が待っている。


残業時間をあてこんでのローンは破綻する。
退職金をあてこんでのローンは失敗する。
副業を持って、収入源を増やすこと。

そういう本当のことを教える義務教育が必要な時代かもしれない。
自分という資本、自分の才能という資本を開拓し、強化せよと。
若い人はこの現実の中で、どう考えているのだろう興味津々、と他人事。




8.jpg


1985年1月12日とあり土曜日、そしてまだ冬休み中。
結婚して1か月、新婚さんに後光が差している。
すぐ裏がサロベツ原野だから牛がたくさんいて、冬は、牛も外出はしない。

冬だから、クマに襲われることもないので外出する。
テレビの電波も来ないので、やることもなく、誰もいない原野を散歩する。
そんな恋人気分、キャノンオートボーイの自動シャッターを切る。

わたしたちの歴史はここから始まった。
働き方改革なんて考えることもなく、生徒のために、全ての時間をささげた。
理解される事は殆どなかったけれど、この地の5年間は、きらめく思い出。

ただ、副業を持てと、教えることができなかった。
国鉄が倒産し、ベルリンの壁が崩壊し、ソ連が消えたのに。
生きるヒントをほとんど教えないで転勤しちゃったけど、全力で生きた。




ファイト!





ファイト!(87)  コメント(6)