So-net無料ブログ作成

名もなき一滴   [新聞から]



第7回 いちかわ ローズフェア
開催日時 2019年5月11日(土) 午前 10時~午後3時
開催場所 里見公園 バラ園





AA4I2414.JPG


昨日、バルコニーに洗濯物を干し、9時前に里見公園に着いた。
すでに、市川消防署の楽団がリハーサルをしていた。
駐輪所も自転車で埋まり始めていた。




AA4I2416.JPG


ワインの試飲にも心惹かれたが、飲酒運手はダメ。
ぱっぱと写して、帰るのでした。
楽しそうだけど、日射が熱くなり始めていた。




AA4I2452.JPG


読売新聞でも夕刊フジでも読んだ記事。
『文芸春秋』6月号に次の原稿が寄せられていると。
「猫を棄てる―父親について語るときに僕の語ること」




AA4I2522.JPG


村上春樹が文芸春秋に文章を書いただけで、新聞記事になる。
なーんてこったい。
でも、ドイツ在住の長女のために手に入れておくかな。

しかし、大学の東アジア研究室で研究し授業をしているのだし。
大学で買ってもらうのかな。
あるいは、余計なお世話かもしれず、自分が読みたきゃ自分で買う、か。

 村上さんは寄稿の最後で、「我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない」と書き、「一滴の雨水なりの思いがある。一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある」とした。 (読売新聞/2019年5月10日 朝刊)



絶縁に近い状態だった父親の戦争体験を継承するらしい。
やっぱり読むのが先だな。
暑い暑い5月の中旬に。


ファイト!





ファイト!(84)  コメント(7)