So-net無料ブログ作成

腕が上がらぬ   [日常]



Bee Gees の「Melody Fair」を聴きながら。


むかし道北の片田舎の町に妻は嫁いできた。
わたしは4月から初任校で勤務し、12月に妻がやってきた。
初めての雪国で、ふたりの生活が始まった。

朝4時に起きて、泣きながらわたしのお弁当を作る彼女を愛おしく思った。
電子レンジもなく、腕前の蓄積もなく、思うように仕上がらない涙か。
気が付くと妻の料理がイチバンで、子どもたちも母の料理を愛している。




DSC00526.JPG


道北の冬の早朝に、わたしの弁当を懸命に作る妻のことを思い出す。
わたしは手先が不器用で、料理を作るのに時間がかかりすぎる。
恵まれた環境にありながら、上手に作れない自分にウンザリする。




DSC00528.JPG


最近わたしは、だいたい仕上がりの味も想像できるようになってきた。
それでも自分ではこうしたいと思っても、なかなか完成にまでたどり着かない。
さて、だから、キューピーの3分間クッキングの5月号を買った。

まずは(かなり簡単そうだから)、5月号を征服する。
ちょっとエヘンな感じに仕上げたいと思う。
上達する前に命が尽きるかもしれないが、頑張る。




DSC00530.JPG


料理の上達にめどは立たないが、作ったものを一緒に食べてくれる人が居る。
これって最高に幸せで、じゃあ、今日は外食を辞めて、5月号で行くかな。
妻は明日が休みだし、渾身の5月号だ。



ファイト!




ファイト!(86)  コメント(9)