So-net無料ブログ作成

池袋暴走爺さんの真相   [新聞から]




辛坊治郎さんのメルマガを購読している。
日経、読売、夕刊フジ、辛坊さんのメルマガ。
あといくつか不定期購読もあるが、定期購読は以上かな。


辛坊治郎メールマガジン第425号(5月3日発行)より
・今回池袋で事故を起こした87歳の男性を牢屋に入れても、解決にならない。
・ベンツやボルボの最新型の車の安全運転装置搭載車なら防げた事故だと言うこと。
・元官僚がトヨタのプリウスでなく、ベンツかボルボの最新型に乗っていたら、今回のような悲惨な事には絶対になっていないと断言出来ます。




DSC04115.JPG


 最近、高齢者の事故で目立つのは、事故車両の多くがトヨタのプリウスであることです。何故か? それは圧倒的にプリウスが高齢者に人気だからです。燃費が良く、「環境に配慮している賢い高齢者」を演出でき、値段もサイズも手ごろで殆ど故障しません。そうなると確率的に高齢者が事故の際に乗っている車はプリウス、あるいはトヨタ車って事になります。   辛坊治郎メールマガジン第425号(5月3日発行)より





DSC04100.JPG


 自動ブレーキ、自動運転の開発が後手に回っていたトヨタを守るために、国土交通省と警察省が意図的に自動ブレーキ、自動運転の普及を遅らせたのは、数々の証拠から明らかだと私は考えています。これって、薬害エイズの構造とそっくりですよね。池袋の事故で若い母親と幼い子供を殺したのは87歳の元官僚であることは間違いないですが、もし日本で一番普及しているプリウスに現行のベンツ、ボルボクラスの安全装置がついていたら、あの事故そのものが起きていなかった可能性は高いです。何故プリウスに乗る高齢者の事故が多いのか? 実は、日本の構造的な問題が背景にあるってことなんです。  辛坊治郎メールマガジン第425号(5月3日発行)より





DSC04148.JPG


北朝鮮が「飛翔体」発射
懲りない方々が蠢き始めました。
中国とロシアが、アメリカに対峙して、陣地合戦。
台湾も巻き込まれそうで、英国より極東アジアがきな臭くなってきました。

今日もおいらはセミナー。
宗教ではなく、世界を先読みする勉強会。
実費は高いが、中身は濃厚を良しとする。



ファイト!





ファイト!(90)  コメント(5)