So-net無料ブログ作成

社会的性差の壁   [考え方]




日曜の読売新聞、読書欄に気になる1冊の本があり、Amazonで申し込んだ。
「上野千鶴子のサバイバル語録」というもので、文春文庫。
なんとなく、新聞解説を読んでいて、読みたくなった本である。

と、その夜つけたTV番組「Mr.サンデー」で奇妙な縁を感じた。
東大の入学式祝辞が扱われていて、上野千鶴子が祝辞を読んでいた。
キャストの木村太郎氏が、祝辞内容に文句をつけていたが、違和感があった。




DSC01882.JPG


平成31年度東京大学学部入学式 祝辞
HPで読ませてもらったが、良い「祝辞」だと思った。
三姉妹の父親である私には、よくぞ言ってくれたと快哉を叫ぶ。

木村太郎氏は、「この祝辞には解決策がない」とバカなことを言い、違和を感じた。
長女が、ドイツにも甚だしい男性優位の息苦しい空気がある、と言っていた。
一石を投じる入学式祝辞と、老害あって一利なしの木村氏、潮時かな。




DSC01884.JPG


少なくとも、娘たちには上野さんの「祝辞」を読んでもらいたいな。
おそらく妻も、読めばきっと、そうなんだと賛同するだろう。
そして、解決策は与えられるのではなく、おのおのが考え出すのだと思う。




DSC01888.JPG



ノーベル平和賞受賞者のマララさんの父上への質問、「どうやって娘を育てたか」
父上の答えは、「娘の翼を折らないようにしてきた」
私もそうありたかったが、まずは、妻の翼を折ってきたように思うのだ。

女のくせに、女なんだから、そういう差別は知らず知らず、やってきたかな。
そういう、「壁」を平気で作ってしまっていた自分が、いるはずだ。
新しい時代は若い人に任せるとして、男女差別を生まないように、意識したい。



ファイト!






ファイト!(101)  コメント(5)