So-net無料ブログ作成

絶品焼き鳥   [味]



わたし別に過去にとらわれないわ。
じゃあ、切り捨ててるってこと?
思い出は思い出としてある、でも、過去は変えられないのだし、いまが大事。


妻が好きな、焼き鳥のレバー。
それが絶品という形で出される店に、連れて行った。
予約だけで埋まる店に、オレからの、懺悔って言うか、誕生祝い。




DSC02904.JPG


妻の部屋からも、私の部屋からも見えるサクラ。
大倉さんちは庭も広いし、たくさんの花、花、華やいで。
お友だちになって、宴会しようか。




DSC02909.JPG


人混みとは無縁の路地裏。
この満開の花を堪能するのは、妻とオレと猫と犬とカラス。
あとは、郵便配達のお姉さん。




DSC02952.JPG


前回、初めて来た時は、店長さんとは知らずに、高説を垂れてしまったオレ。
我慢が大事だ、いずれ自分の店も持てるからと。
昨日初めて分かった、ヤッチャン風の若手オーナーまがいは、バイトだった。

と田舎風味の、胸に北海道のイニシャルのポロシャツを着てて良かったぁ。
まあ、でも、この、手の込んだ店は、妻もまた所望するじゃろ。
予約満杯だから、もう誰にも教えない。

そしてなんとか、妻に嫌われないで、今日を迎えることが出来た。
さて、次はどんな行事があるのか。
3年後の妻の還暦祝いは本人ハワイだと、サンフランシスコじゃなかったっけ?



ファイト!





ファイト!(92)  コメント(4)