So-net無料ブログ作成

日帰りランチ  




この子はなかったことにしよ。
ショッキングな親の会話も、仕方がなかったのかもしれない。
大阪を飛び出して堕ちていく途上、わたしを拾ってくれた宝塚夫妻。

始め、東京は中野区の上高田で引き取られ、人生の生まれ変わり。
苦節十年、新天地へ屯田兵として出向き、北海道開拓の高校教師稼業。
色んな重要な場面で、ほぼ「我が子」として育ててくれたと思う。

私の叔母さん91歳、百か日法要もすでに終え、宝塚にてマンション暮らし。
自己満足なんだけど、たまには激励に行かねばと、日帰りランチに行った。
ある意味で、贅沢なことをしていると思うが、人生だもん。




1 久々にでこっぱち.jpg


急に用事が入ったと言われ、いいよと、時間調整を入れた。
久々に、知的生命体のデコッパチでも入れてみるかなって。
散策で1時間余りの時間調整をし、宝塚へ向かう。




2 家族並んでワー.jpg


七回忌が終わるまで死なれへん、と意志の強さが頼もしい。
そして、死んだら棺桶にあれ入れてな、これ入れてなと語る。
どこまで本気かは分からない。




3 なめくじら.jpg


お葬式の時は、あんたらに心配かけへんように泣かへんかってん。
自分でも、よう頑張ったと思うわ。
それでもだんだん寂しぃなってな、夜は泣いてしまうわ。

ヒレカツを食べていたのだけど、飲み込む時に、のどがジーンってなった。
赤ワインも飲むんだけど、いつもの半分も飲めなかった。
帰る時間が近づくと、途切れなく話し始める。

バスを4本やりすごして、おしまいにした。
また来るわ、元気にしときや、来月は長女も来るみたいやし。
ボクも4月にはまた来るから、またな。




4 目を閉じて何も見えず.jpg


羽田ー神戸、往復ともスカイマークを使った。
帰りの便では、どういうわけか阪神タイガースの応援歌がかかった。
変わったサービスだが、サトウさんに許可を得て写し、目を閉じて何も見えず。

爆睡をした帰りの便だったが、恩義を受けた人間の仁義を通す。
また、月に一回の絵ハガキでも作って出すかな、宝塚に。
ちょっと優しい気分で、今日は妻にサービスをする。




ファイト!






ファイト!(77)  コメント(5)