So-net無料ブログ作成

しつけだ   [新聞から]




「しつけでやった。間違いだとは思っていない」
どう考えてもこの男は気が狂っていると思う、キチガイだ。
ブレーキの利かないこの男の前頭葉には傷があるのだろう。



■スマホに暴行動画「お父さんごめんなさい」涙声
 千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、心愛さんが父親の勇一郎容疑者(41)から暴行を受ける場面の動画データを県警が押収していたことが、捜査関係者への取材で分かった。心愛さんが「お父さん、ごめんなさい」と涙声で謝罪し、暴行をやめるよう哀願するような様子も映っているといい、県警は、心愛さんへの虐待を裏付ける証拠とみて解析している。  (2019年2月9日/読売新聞・夕刊)





AA4I1644.JPG



昨日は関東地方も朝から雪で、大騒ぎの予感があった。
不要不急の用事がないから、自宅待機。
読書と映画に重点を置いた。




AA4I1652.JPG


午後になって、配達された夕刊を見て驚いた。
父親に殺された心愛ちゃんの続報である。
何とこのサイコ野郎、娘への虐待を録画していやがった。

そげな非情の行動を、哺乳類として私にはできない。
叱り怒っている最中に、エスカレートすることはあると思う。
熱くなるその行動と、撮影という手段は矛盾する冷静さだと思う。




AA4I1668.JPG


躾けとしてやった、と思っているのだろうな。
サーカスの動物たちですら調教の果てに殺されることなんてない。
我が子をいたぶり殺してしまう狂気は、どこからくるのだろう。

たしかに、人間という奴には「狂気」が組み込まれていよう。
ゆえに熱情があり、執念強く、何かを成し遂げていくのだろう。
大人になる、社会性を身に付ける、それは狂気を飼いならすブレーキを持つこと。

むき出しの狂気が発揮されるなら、隔離するか、抹消するしかない。
我が子へのいたぶりを録画する趣味、私は有しておらぬ。
こやつ、狂っているというくくりしか私にはできない。




ファイト!






ファイト!(93)  コメント(11)