So-net無料ブログ作成

「日本型組織の病を考える」村木厚子 (角川新書)    [読書 本]




まんぷく
マンペイ ジルシのダネイホン
立花萬平が不当な勾留を受けたまま、国(国税局)と戦おうとする。
あまりにもタイムリーで、ゴーンと東京地検を思い浮かべてしまう。

カルロス・ゴーンを擁護するつもりはないが、人権問題だと思うよ。
村木厚子さんの「日本型組織の病を考える」 (角川新書) を読んでそう思ったよ。
立花萬平もハメられたわけだし、村木厚子さんは検察の証拠捏造での不当勾留だし。




AA4I9091.JPG


村木厚子さん
2009年6月14日 - 虚偽公文書作成、同行使容疑で逮捕、その後大阪拘置所で勾留
2009年7月4日 - 虚偽公文書作成、同行使罪で大阪地裁に起訴され、刑事被告人となる
2009年7月8日 - 大阪地裁が保釈請求を却下したため、引き続き大阪拘置所で勾留
2009年10月15日 - 3度目の保釈請求を大阪地裁が認容。しかし検察側は大阪地裁へ準抗告。これが認められ、引き続き大阪拘置所で勾留
2009年11月24日 - 4度目の保釈請求を大阪地裁が認容。検察側の準抗告も却下され、保釈される
2010年9月10日 - 大阪地裁で判決言い渡し。求刑・懲役1年6月に対し無罪
2010年9月21日 - 大阪地検が上訴権を放棄し無罪が確定。

 信じてくれる家族の存在は大きかった。あとね、子育てしながら働いていると、色んなことが起きる。子どもが熱を出した時、「プールで長く遊ばせすぎた」とか思い出しても仕方ない。それより、仕事やお迎えをどうするか、今やれることを考える。だから、なぜ逮捕されたのかはちょっと横に置いておいた。拘置所でできることは、「体調を崩さない」「裁判資料が届いたら必死で読む」の二つしかない。そう思ったら、すごく落ち着いた。  (2018年12月21日/読売新聞コラム)



立花萬平の勾留はTVドラマでの話だが、村木さんの本を思い出し、立腹する。
NHKは国民を立腹させ、ゴーンを支援させようとしているのではないと思う。
でもね、特捜部の暴走は、秘密主義の中にやりすぎ感があり、良くない。




ファイト!






ファイト!(87)  コメント(6)