So-net無料ブログ作成

晩秋の鹿肉   [味]





食い意地の張った卑しん坊、晩秋の鹿は脂がのって美味いと聞くと、ダメ。
ハンターの友人を持つ友人の友人宅へ、食べに行った。
静内の鹿を函館に運んで、食うぅ~。



IMG_20181214_185621.jpg


ルイベ(凍らせたまま薄切り)で出してもらう。
醤油におろしショウガとニンニクで頂くのだが、溶け始めたころがイイ。
一切の表現を拒み、ただ、美味い、もちろん食いまくってやった。

娘たちも大いに喜んだのだと思う。
持つべきものは、鹿肉を手に入れる友人を持つ友人である。
最後は、酢飯を作ってもらって、寿司にして食ったが最高。

鹿肉の寿司には、ワサビは似合わない、ショウガとニンニクだ。




IMG_20181214_220813.jpg



遠慮気味に食いまくり、食べまくり、ビールにワインと日本酒を飲んだ。
娘を誘発しないように、浴びるまでは行かないが、飲んだ。
酔うほどに、「はこだてクリスマスファンタジー」の話を聞き、行く。




IMG_20181214_221643.jpg


ホテルから歩いて10分ほどだが、往路は友人宅からタクシー。
久々のツルツルに凍った道路は、車も滑って、運転手じゃないから楽しかった。
恋人に似た娘と、スマホで写して遊んだが、寒くてチビりそうになった。




ファイト!






ファイト!(95)  コメント(8)