So-net無料ブログ作成

半袖の哲人28号   [旅]




三宮の街を歩いた時、コートの人セーターの人々。
マフラーをしてるお洒落な人もいた。
半袖に半ズボン、日向はそれがちょうどいいと思うんだけどね。



1 半袖の大将.JPG


1995年(平成7年)1月17日、阪神大震災から23年か。
震災後、神戸市長田区の復興に微弱ながら寄付をし、取り寄せの買い物もした。
あるいは、しばらくの間は御歳暮を長田区に特定して注文もした。

どうなってるのかなぁ、とずっと気にしていた。
気になっていたので、三宮に宿泊したこともあり、足を延ばした。
うーん、半袖半ズボン、おそらく元気に映ったことでしょう。






2 復興の足跡.JPG


復興、どうなのかな。
老人が多く、商店街にも元気がなかったのは平日だからかしら。
景気が良さそうなのはパチンコ屋さんだけのように見えた。






3 哲人28号.JPG


神戸出身の漫画家、横山光輝にちなんで三国志と鉄人28号だそうで。
哲人28号として、おいらも元気をもらうかな、でも、寂しい。
こういう発想は、しょせん役人という方の頭から出るのか。

さあ、行くぞ、無限の彼方へ! と、これはバスだったか。
ビューンと飛んでく、だったな、鉄人28号、グリコ、グリコ。
名古屋に立ってたナナちゃんよりは背が高かったな。



置き去りにした寂しさは、仕方がない。
オレはオレで元気にやるさ。
Australia ETAS 申請終了、さあ、行くぞ、無限の彼方へ




ファイト!






ファイト!(89)  コメント(6)