So-net無料ブログ作成

四十九日   [旅]





時を重ね法事の経験を積み始めている。
いろんな形があるのだろうけれど、今回は親鸞聖人の浄土真宗だった。
拙宅も門徒で、自分の生き方や考え方などの自己点検を繰り返す宗派。

嗚呼、耳が痛い。
けれども受容と感謝の浄土真宗。
美声の読経を終えて、法話を聞く時間が楽しかった。

ロウソクを使ったクイズ形式の法話は実に楽しかった。
これはどこかで使おうと思わせる話の展開で、現役教師ならメモするはず。
と言っても、ちゃんと脳みそにメモは終了している。




DSC04544.JPG


叔母はおそらく私を可愛がっているのだと思う。
お供えの、叔父貴好みの「ご飯」を、他の従姉弟を差し置いて、私へ。
おまえが食べ、大食いの卑しん坊だからと。

期待に応えて素直に、いただきます、感謝します。
親鸞聖人の教え、受け入れて、感謝する。
オレって生き仏かな。




DSC04572.JPG


宝塚の自宅で四十九日の法要を済ませ、宝塚温泉へ。
ホテルにて温泉に入り、親戚あつまっての会席膳。
個人的に好きだったのは、キノコのしゃぶしゃぶ。

叔父貴の思い出話を面白おかしく語り続けた。
彼が愛した出来の悪かったオレ、本当に大事にしてくれたんだ。
やっぱりオレってステキ、受容と感謝。




DSC04581.JPG


宿泊ホテルはJR三宮駅前に取っていた。
朝からかなり飲んでいたけれど、せっかく妻がチェックした店に出向く。
お洒落なカップルだらけだったけれど、上手く溶け込んだぞ。

阪急神戸線三宮駅 徒歩2分 ももたろう
私はワインをボトル飲みして少しは酔っていた。
妻も久々によく飲み、最後に飲んだプリンみたいな味のカクテル、炎上。

もう歩けない、と妻が言う。
さて、近くても歩く気力もなくタクシーで帰る。
基本料金680円で着いたけれど、おつりはイイよって、四十九日。

久しぶりに妻を酔わせて、私も深酒、体力の限界。
ステキな時間は、三宮において帰る。
贅沢な時間を過ごして心底疲れてしまいました。

次は豪州激励の旅、切り替えるぞ、オーレ・オレ。




ファイト!






ファイト!(88)  コメント(8)