So-net無料ブログ作成

『DESTINY 鎌倉ものがたり』   [映画]




妻が昼で仕事が終わり、疲れ気味だけど映画でも見ようかと。
WOWOWで録画しておいた、国産ファンタジーを見た。
お気楽で、居眠りしながらでも見られる、見よう。



『DESTINY 鎌倉ものがたり』
8d4ad554a766fa50.jpg

■作品データ
製作年  2017年
製作国  日本
配給   東宝
上映時間 129分
映倫区分 G

■解説  「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、同作の原作者・西岸良平のベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化し、堺雅人と高畑充希が年の差夫婦役で初共演したファンタジードラマ。幽霊や魔物、妖怪といった「人ならざるもの」が日常的に姿を現す古都・鎌倉。この地に居を構えるミステリー作家・一色正和のもとに嫁いできた亜紀子は、妖怪や幽霊が人と仲良く暮らす鎌倉の街に最初は驚くが、次第に溶け込んでいく。正和は本業の執筆に加え、魔物や幽霊が関わる難事件の捜査で警察に協力することもあり、日々はにぎやかに過ぎていった。しかし、そんなある日、亜紀子が不測の事態に巻き込まれ、黄泉の国へと旅立ってしまう。正和は亜紀子を取り戻すため、黄泉の国へ行くことを決意するが……。主演の堺、高畑と同じく山崎監督作初参加の安藤サクラ、中村玉緒をはじめ、山崎組常連の堤真一、三浦友和、薬師丸ひろ子ら豪華キャストが集結した。



まあ国産だし、ファンタジーだから、大きな期待はない。
最近はコミック原作の駄作を見続けて失望していたので、少しだけ期待。
まあこんなもんだなと、終了した、めでたしめでたし。

死神役はどこかで見たという感じがあったが、朝ドラの、まんぷく。
大物血筋の安藤サクラだったが、朝ドラの脳天気笑顔は封印。
駆け出しの死神を演じていた。

主人公を堺雅人が演じていて、新妻を高畑充希が演じている。
堺雅人の女房役は上戸彩という固定観念があったが、高畑充希も似合っていた。
高畑充希はなかなか器用な役者さんだと思った。

アクの強さのない豪華キャストだから、ボーっとするにはいい映画だった。
季節の変わり目の疲労回復、うたた寝しながら見るには良い映画だった。
楽しかったし、終わるとどこかで聞いた声、宇多田ヒカルの主題曲も良かった。

リフレッシュしたふたりは、こうして週の後半を乗り越える。




AA4I6355.JPG

季節の変わり目、生命の営み。
わかるけれど、虫はやっぱり苦手だな。
これ以上、わたしは近づけない。




AA4I6287.JPG


10月の2週目が終わろうとしている。
札幌から移り住んで半年余り、ここからはどんな花が咲くのか、わからない。
せっかく内地なんだから、もう少し花があってもよさそうだが、落ち葉が舞う。

金曜は片道1時間かけて勉強に行く。
その体力を温存しながら、今日は、近所を少しだけ撮り歩くかな。
でもお天気がねぇ、洗濯物を干したまま外出するのはちょっと心配。




ファイト!






ファイト!(89)  コメント(8)