So-net無料ブログ作成

はいしゃ   [ことば]





函館の高校に務めた時、サッカー部の顧問をしていた。
井の中の蛙たちの意識改革に日常からこだわった。
それは生活の質を要求するのだが、言葉にもこだわっていた。

「先生、今日ハイシャに行くんで部活休みます」
あほ、負け犬かい、敗者などと言うな、歯科医と言わねば行かさんぞ。
勝ちを意識する部活で、ハイシャなどと言うなであった。

いまから思えば、言ってる己がアホかいな。
デンティスト・オフィスに行きます、歯科医に行きます。
あまり流通しない表現をさせていた私、勝ちにこだわっていた愚か者。




AA4I3758.JPG



昨日、歯医者に行ってきた。
オレは敗者かもしれない、勝ちにはもうこだわらない。
歯医者の方が言いやすいから、歯医者だ。

一昨日、奥歯のかぶせモノがとれたので、修繕のつもり。
口コミ評判をチェックして、スタッフ写真を見て、行った。
歯科医院は通い慣れた所がイイ、引っ越したのだからここが拠点になるのかな。





AA4I3765.JPG



飛行機墜落の身元確認があるだろうから、妻にはモスバーガーの上だよと教えた。
新しい主治医は、説明好きの優しい方。
他のスタッフも、札幌より洗練され、技術は上だと感じる。

月曜には皮膚科に行き、主夫の手荒れ用クリームを貰った。
火曜は歯科医院で、奥歯の臨時かぶせものをした。
水曜は整形外科に行き、借金で回らない首を見てもらうかな。

札幌時代より頻繁に病院通いをしている。
実は少しばかり凹んでいる。
晩ご飯で唇を噛みまくって、麻酔が切れたあと、ずっと痛ぁ~い。





ファイト!






ファイト!(88)  コメント(6) 

マンジュシャゲ   [趣味]




曼殊沙華の存在を知ったのは去年でした。
過去に見ていても、認識はしていませんでした。
ブログで見るようになり、是非、実物を見たいと思いました。

サギソウと曼殊沙華は、実物を見たいと思っていたのでした。
サギソウは去年のお盆前に北大植物園で堪能。
母に見せるために写した最後の花がサギソウでした。

曼殊沙華はまず近場で、葛飾区奥戸の宝蔵院、真言宗の寺です。
昨日行き、お賽銭と般若心経をあげてきました。
マナーがあり、エチケットっちゅうもんがある、につき。



AA4I3783.JPG



これが曼殊沙華だと知って、理解して撮った最初です。
初めて曼殊沙華を見たと認識した、最初です。
だから昨日は、曼殊沙華記念日、もしくは彼岸花記念日。




AA4I3797.JPG



ちょっと早かったかもしれず、僅かに咲くのみ。
檀家さんの墓は荒らせないので、奥までは行かず。
地蔵仏の前に幾輪か咲いていた。




AA4I3805.JPG



蒸し暑い一日だったが、大坂なおみの余韻に酔いしれていた。
洗濯物は室内干しにし、雨が降るまでに寺へ行って帰って来た。
密集で咲き始めるまでにはもう少し時間が必要だった。

しばらく曼殊沙華を追ってみようと思う。



ファイト!






ファイト!(99)  コメント(11) 

全米オープン決勝   [TV]





昨日は早朝からTVにくぎ付けだった。
WOWOWの独占生中継による、テニスの全米オープン女子シングルス決勝。
大坂なおみの試合をインタビューまでしっかり見た。




AA4I3749.JPG



いま風に言えば、大坂ハンパねぇ。
ちょっと古い言い方だと、なんも言えねぇ。
ドキドキしながらハラハラしながら、親心で、お願いしながら見ていた。




AA4I3754.JPG



早朝から、一日のエネルギーを使い切って見ていた。
第1セットを取っても、セレナの底力と会場を制圧する相手側応援が恐かった。
しかも、セレナの猛抗議の形相が、闘牛に出てくる猛牛みたいで怖かった。

審判へのクレームも音声で拾ってくるし、聞いていて泣きそうになった。
審判も、泣き出すんじゃないかと思うくらい、猛牛状態だった。
会場のブーイングも、再開直後の大坂なおみを圧倒し、押しつぶした。

それでもセレナが自分を制御できずに自滅していった。
二十歳の大坂さんが、自身を抑制し、世代交代を果たした象徴的な試合。
大坂さんを絶賛したいし、やっぱり怒鳴らなくても最高のコーチングがある。


今の時代には、今の時代の、論理的なコミュニケーションが必須。
スケート羽生結弦のコーチが、怒鳴ったり叩いたりしているのを見たことがない。
時代は変わったんだ、認めよう、張本さんにも引退勧告、喝




ファイト!






ファイト!(100)  コメント(9) 

準備   [日常]




北海道の停電が99%復旧、良かった良かった、あと一息。
丸二日間、電気のない生活は便利な道具が使えなく苦しかったでしょう。
生活を取り戻し、打撃を克服してもらいたい。




AA4I2732.JPG



全米オープン、錦織クンはジョコビッチに完敗した。
故障から復帰した今シーズン、ここまで来たのは今後への期待。
ただ錦織クン、そろそろジョコビッチに勝たなきゃね、元気出そうぜ。




AA4I2785.JPG



錦織クンはコケたけど、大谷クンが豪快なホームランを打ってくれた。
大谷クンは投手をしたり、故障者になったり打席数が少ないけれど、19号。
この人の活躍は、元気がもらえるなぁ。




AA4I2794.JPG



テニスの全米オープン女子シングルス決勝、今日は朝からWOWOWだ。
大坂さんに元気をもらい、彼女の勢いはセリーナを倒すんじゃないかな。
優勝後のインタビューが楽しみだ。




AA4I2809.JPG



秋雨前線の活動が活発で、また悪さをするようだ。
しかも台風22号が、今後は暴風域を伴い「非常に強い」勢力へ発達すると言う。
あれこれと予断を許さぬ雲行きだが、我が家も災害のための準備を始める。

食いしん坊だから、食べ物は多めに備蓄する必要がある。
あとは水と電池と缶詰に、乾パンかな。
でもその前に、英気を養うのさ。




ファイト!







ファイト!(102)  コメント(4) 

全米オープン準決   [TV]





サッカー部の顧問をしていた函館時代、WOWOW の契約をした。
今ではアメリカドラマと映画を予約して見ている。
見たい番組があるから、しばらく契約は解除しない。




1 neko.JPG



全米オープン、大坂なおみと錦織圭がベスト4に進んでいたので、見るかと思った。
不謹慎かもしれないが、これでもかと被災現場を見せられるのは苦痛だ。
元地元の大変さは想像つくが、今は政治の力で何とかしてもらうしかない。




2 Fuji.JPG



阪神の時も東北も、出来ることは限られていて、同じ買うなら被災地のもの。
そういう、贅沢するなら被災地からのお取り寄せ。
自分の生活を守りながら、できることをする。




3 ichi.JPG



少し落ち着いたら、函館へ札幌へ、わざわざ遊びに行くぞ。
もと居た地元でお金を使う、そういうことはやる。
高いけれど、ススキノの教え子の店にも飲みに行こうと思う。




DSC03104.JPG



大坂なおみの準決勝をWOWOWで見た。
ものすごく元気になったし、インタビューがとても可愛い大坂なおみ。
決勝は日曜の朝5時、応援して元気を貰おうと思う。

そう、オレが落ち込んでも仕方がなくて、元気を出す。
元気になって、倹約しながら、被災地がらみで金を使うぞ。
お取り寄せ大作戦のために、えーっと、カネを作る、錬金術師。


友人宅はまだ停電中。
されど断水ではないことを感謝する、エライぞ友人。
問題は泊原発だが、話題にならないのが不思議だなぁ。






ファイト!






ファイト!(99)  コメント(3) 

大ゆれ   [TV]





震度7の揺れというモノがもたらす惨状は、厳しいものだった。
つい半年前まで住んでいた場所が、苦しんでいる。
ちょっともう暫く、TVを見るのは嫌だな。




太郎.JPG



大阪の惨状もまだ記憶に残っている。
台風21号のもたらしたものは、大きな負の産物である。
しかし震度7がもたらしたものも、道内の電気と物流を止める致命的なもの。





鼠男.JPG



かつて高校教師だったころの授業で、語ったことがある。
我々は「便利」を手に入れたとき、大切なものを捨ててもいる、と。
便利だからと飛びついて、その後、考えることを放棄してしまった。





灯男.JPG



機械のやることだから間違いはないし、大丈夫で、理にかなっている。
しかし自然という存在は、人知を超えた所にあるのだった。
自然の顔色をうかがうのをやめて、考えることを放棄した挙句、受難。

一本の橋が壊れて、移動が出来なくなる。
電気が止まれば、ほとんどすべての機能が停止する。
直感だとか本能を呼び寄せて、もう少し考えた方がイイかな。

頼らないで、自分で何とかする。
そのための自立、脳みそを頼みとして、生きる。
財宝の水を、札幌時代はストックしていたが、市川に来ても備蓄しよっと。




ファイト!







ファイト!(110)  コメント(9) 

横風を喰らって   [旅]



あ、しまった! 絵ハガキ買ってくんの忘れた。
気づいたのは舞浜駅で電車に乗ってからだった。
お金まで渡されていたのに、ディズニーシーで絵ハガキを買い忘れた。




DSC03473.JPG


早朝に車なら、家からシーまで20分ほどで行ける。
電動自転車こいで、ディズニーまで行くことにした。
迷わなければ、横風を喰らいながら50分ほどだった。




DSC03474.JPG


駐輪所の自転車は風でなぎ倒されていた。
でも、風が当たらないような場所に置けば倒れない。
年パスのご近所さんが、自転車でやってくる。




DSC03484.JPG


午後でも修学旅行生がやってくる。
お土産を買ってから入園する人が不思議でならない。
絵ハガキありますかって尋ねたら、ポストカードならあると言われた。




DSC03493.JPG


河川敷を走るのは楽で良い。
しかし公道が、千葉の道は異常に狭いのだ。
横風を喰らって走るには、危険だ。





DSC03495.JPG

ランドのポストカードも可愛いから買った。
約束が果たせて良かった、良かった。
年パスを手に入れたら、自転車で通うことになる、運動だ。




ファイト!






ファイト!(96)  コメント(10) 

台風の爪あと映像   [TV]




台風21号が通過して、しかし関東でも深夜に及び強風が吹いた。
吹き続けるのではなく、時折だから、音に驚く。
TVを見ていると、近畿、四国では大きな被害が出ているようである。

823さんの泉佐野、りんくうタウン、関空も大きな被害が出たようだ。
住之江区の、ぶっ飛んだ車や突き刺さる看板を見て、ゾッとする。
本当に大丈夫なのだろうか、クワバラ、クワバラ。





DSC03224.JPG


【台風21号】 関西空港に取り残されたのは2650人  関西エアポートは、タンカーが関西空港連絡橋に衝突し一部が破損した影響で、空港に取り残された利用者は約2650人に上ると明らかにした。 (産経新聞/2018.9.4 20:29 )


夜9時のTVでは3000人と言ってたが、いずれにせよ。
浮島の関空は滑走路が水没し、陸とつながる一本道も破損し不通となった。
おそらく孤島となったのだと思う。





DSC03358.JPG


橋が壊されてしまい、浮島が冠水し、停電し、取り残された人は不安だと思う。
救助隊を送り込み救出するには、もしかすると長引くのかもしれない。
物凄いおカネをかけて作った浮島の滑走路、たった一発の台風で機能停止。

よく使った空港だし、積極的に心配させてもらう。
あちこち台風の爪痕が残り、自然災害に弱いお国だこと。
いずれまた謳われそうな国土強靭化計画、そういう投資に走るのだろうか、不安。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(7) 

ハレオくん土砂降りに遭う   [旅]




8時半、舞浜駅でね。
そう約束したのだけど、朝から土砂降りだった。
移動にはビニル傘をさす、それは久々のことだった。


教員現場の腐敗した空気の中、すさんでいく友人を激励した。
キツけりゃ無理しないで投げ出してしまえ、ってね。
なにがイイのか本当のところは分からないぜって。




DSC03220.JPG


ファストパス・チケットを上手に取りながら、主だったところを回る。
かなりテンションを上げて、動き回った。
2万8367歩、もちろん夜は寝る前にパテックス、貼りまくりました。




DSC03250.JPG


50を過ぎて、老後も含めて大きな岐路に立つのだと思う。
私は仕事バカしかできないで、退職後、迷いに迷ってボーっと生きてる。
まさにチコちゃんに叱られるような生活ぶりで、他山の石にせよと。




DSC03440.JPG


50代初めから退職後はどう生計を立てるか。
あるいは、心の欲するままの充足感をいかに生み出すか。
そういうことを事前に考えていなかった損、我が愚かさを語った。




DSC03451.JPG


どこまで吹っ切れたかは分からないけど、9時から22時までのシーを堪能した。
舞浜駅で別れたが、彼は電車内の私に手を振って見送った。
タートルトークのクラッシュがやる「最高だぜぃイエ~い」の真似をしていた。

元気もあり笑顔もあり、良かった良かった。
垂直落下も一回転もジェットコースターを楽しんだし。
これで暫く互いに前を向けるかな。




ファイト!






ファイト!(103)  コメント(6) 

ワインで慰労   [ひと]




札幌時代、一緒にワイン会をして飲みまくった友人が、やって来た。
彼の野暮用が済み、ホテルにチェックイン後、銀座で待ち合わせた。
店は6時から予約していたが、5時前から前倒しでお願いした。




DSC03177.JPG


リュカさんやake_i さんのブログで知った店で、三度目になる。
出入りしやすいし、ワインを楽しめる店だと思う。
おそらくこんな時代になってきたのだと思う。




DSC03202.JPG


オーパス・ワン飲んだことある?
友人がないと言うので、50ml、3800円、飲んでおこうか?
コスパ系のワインも試飲したが、飲まずに自慢されるだけも嫌だしね。

職場の疲れを抱えた友人と、たくさん話をした。
喋りたいことを我慢して、聞き上手を演じたりした。
最後は我慢できずに、これからは空飛ぶ自動車の時代だと語った。




DSC03205.JPG


学校現場のひどさは見てきたけれど、手が付けられない実態。
友人を激励しながら、北海道ですらこれだから、都会はもうダメなのかなと。
ちょっと暗くなったけれど、友人は解放されたか、ぶっ飛んで自由になった。




ファイト!






ファイト!(100)  コメント(8)