So-net無料ブログ作成

選手による息子と孫   [卒業生]




ここ数日、エアコンをつけないで就寝している。
窓を開けて眠ると、朝方の空気が肌寒い。
札幌の夏と同じになった。


あの狂気の夏は、連続発生する台風が吹き飛ばしたのだろう。
狂気と言えば、かつて私のサッカー部は、青春時代の狂気だった。
最後まで走ってくれた彼ら、途中で逃げ出した子も、確かに生きていた。




AA4I2830.JPG

金曜の宴はランチ、大人だけ飲み放題付きだった。
空手野郎の弟クン、土曜に惜しくも敗退、武道館には届かなかった。
だが、時折、彼には狂気に近い眼光があり、おそらく来年以降、昇り詰めるだろう。

両親は、闘魂の選手と聡明なマネージャー。
素晴らしい子育てをしていると、感心している。
空手兄弟、自分の孫のように可愛くて仕方がない。




DSC03004.JPG

ナカジと拓ちゃん、優しすぎるぐらいの少年は、さらに優しいオヤジになっていた。
全国に行くつもりの過激な練習は、子どもたちを酷使した。
最後まで戦った彼らに何を伝えたのか、自問する。

1%の狂気と言えば、センセイ99%ですと突っ込みを入れるナカジ。
ただひたすら狂気の中で生きていた「時代」を思い出し、ゾッとしている。
彼らから奪ったものもたくさんあり、しかし、怖い先生に彼らは会いに来た。

彼らと別れて、彼らは25年の長きにわたり戦ってきた。
その姿は垣間見ることもなかったが、立派に成長していて嬉しかった。
そりゃあオレだって、もう、甘えたくなるって。

飲み過ぎたのは仕方がない。
武道館の写真撮影、室内でシャッター速度は稼げないだろう。
ASAは800が限界だろう、となると止まった瞬間を写すことになる。

そんなことが出来るか心配だけど、生徒への恩返し。
最悪の場合には外で記念写真。
室内撮影の練習は何もしていない、カメラ頼り。



ファイト!






ファイト!(109)  コメント(3)