So-net無料ブログ作成

有り難い時間   [卒業生]




しまった、と思った。
実に久々に泥酔し、そこには不快感は全くなかった。
幸せな気分で、うまくいえないけど、これでいいという満足感。



AA4I1559.JPG


むかしサッカー部の顧問をしていた。
その時の選手3人とマネージャーと再会した。
子どもも入れると、9人の宴だった。

函館の学校に赴任して初めて3年間面倒を見た先輩選手と、自分の学年のマネ。
その夫婦の長男と次男が空手の全国大会で来たのだった。
会いたいと、彼が市川に宴席をセットした。




AA4I1326.JPG


後輩選手2人も来た。
彼らとの再会は、25、6年ぶりだと思う。
立派な青年になっていて、とても嬉しかった。

空手家族とは一次会で別れた。
シナリオ作家家族とは二次会で別れた。
ソムリエとは三次会、四次会とハシゴした。

彼らと出会った時の年齢を、彼らはすでに過ぎ、大人社会でモガイている。
彼らは鏡のようなもので、私を映し出していると思った。
晩年の教師時代に出会えていれば、もっと教えられたと済まなく思う。

出会いと別れ。
泥酔してしまったけれど、本当に楽しかった。
空手長男は、今日勝ち上がり、明日は聖地、武道館進出である。

武道館なら応援に行くと、札幌を出るときに約束をした。
長男の応援に明日は武道館へ行く。
三脚と望遠をもって、武道撮影の練習だ。




ファイト!






ファイト!(68)  コメント(3)