So-net無料ブログ作成

花火大会という産業   [趣味]




台風の影響か、風が強くなってきたけれど。
まだ、江戸川区花火大会の話。
過去のデータを見ると、以下のごとくあり。


打上時刻   19:15~20:30
打上数    約1万4000発
例年の人出  139万人(江戸川区側90万人、市川市側49万人)
人気度    全国15位 東京都内で5位 (微妙)




AA4I0880.JPG

8月4日、土曜日の朝7時30分。
義母宅裏の土手を上がろうとするが、本部(有料指定席)近く、迂回。
3日前から封鎖して、あれこれ作業をしていた、江戸川の千葉側。




AA4I0895.JPG

この画面の左側が打ち上げ場所になる。
江戸川を挟んで、千葉側から江戸側を見る。
市川にも私的場所取り、小岩にも私的場所取り、柄模様、パッチワーク。




AA4I0904.JPG

50万人を予想する市川の土手下、まかないきれるのかは分からない。
それでも必要不可欠で、便利なのかもしれない。
雇用を生み、人が流れ、金が動く、内需拡大、たぁーまやぁー。




AA4I2096.JPG


ずっとむかし、子どもたちが小さいころ、ここに帰省して、花火を見た。
席を作って売っていたかどうか、わからないが、凄い人出だった。
トラブルをなくすように、毎年改善してきたのでしょう。




AA4I2162.JPG

循環バスが折り返し運転になるほど、ここに50万人は狭い。
自販機も収益を上げただろうし、ヤマザキパンも売れたかもしれない。
タダ見の丸儲けを許さず、収益があるなら市川市民として喜ぶ。

うーん、オレ?
ここに税金を払い、ここで金を使っている。
男、邪魔ねアキラ、打ち上げられた花火は、勝手でも見るで。

来年のオープニングは、5秒間1000発を動画撮影するぞ。
本当に引っ越して来て良かったと思っているんだ。
妻はイイ買い物をしたと、記して胡麻をする。




ファイト!





ファイト!(105)  コメント(8)