So-net無料ブログ作成

金町が気に入った   [旅]





8月3日(金)、さてこの日は。
妻に鰻重をご馳走するのも重要な使命だった。
しかし、サマージャンボの最終日でもあったのだ。




AA4I0802.JPG


金町の由来は知らねど、縁起は良さそうだ。
秘密の話をすれば、妻は、ポタリと鳩のフンが当たってる。
希少機会をヒットする妻は、当てに行くようだ、期待。




AA4I0728.JPG

帝釈天で蓮が植えられていた。
水槽のようなプランターのような大き目の容器で。
ありがたい雰囲気は出ていると思った。




AA4I0794.JPG

同じ名前の店が向かい合わせに営業していた。
食べるための客席は、こちら側が広かったけれど。
カレーも売る団子屋より、団子をメインにする団子屋がイイ。




DSC02875.JPG

餡子がおいしかった。
次女なら幸せの溜息を漏らすのではないだろうか。
オレ、おかわりをしたくなったけど、鰻重大盛りの後だから食えんかった。





AA4I0705.JPG

チコちゃんもペコちゃんも怒り心頭

文科省役人の息子を裏口入学させた東京医科大学が、重大な差別入試をしていた。
センター試験終了後、自己採点し全予備校に送り、集計する。
その結果、判定予想が出てどの大学で勝負するか、出願を考える。

しかし東京医科大学は女子一律で減点していて、受験生はその不正を知らぬ。
しかも二次では男子だけ加点され、この不正も知らず、泣き寝入りだった。
浪人したり、大学による不正で、受験生が人生を狂わされていたのだ。

即座に文科省は解明のために介入すべきだが、接待漬けである。
何でも反対の野党、ここですぐに動けば少しはポイントも上がるが、無理だな。
以蔵や梅安さん、ネズミ小僧、コナン君、ナショナルキッド、出てこないな。

我が子や教え子がこんな目に遭ってたら、梅安、許さんぞ。
と、泊りに来た三女とパイナップルを食べ、手巻き寿司を食う。
オレ? 浮浪雲、隠居おじさん。




ファイト!






ファイト!(106)  コメント(9)