So-net無料ブログ作成

甘いもん   [@Home]




昨日は蒸し暑い一日だった。
私のお誕生会を楽しく終え、泊った娘たちが昼近くまでノンビリした。
ふだん忙しく過ごす妻や娘たちがくつろぎ、それをぼんやり見ながら幸せだった。


日本体操協会よおまえもか。
お代官様の気質は脈々と受け継がれているのか。
なにが東京五輪だ、サマータイムだ、バカヤロー。




DSC03116.JPG

三女が作ってくれたプリンタルト、絶品であった。
こんな美味いもん、喫茶店でも始めて売るか、と言った。
一笑に付されたが、とても美味しかった。




DSC03118.JPG

次女が買って来てくれた、あも。
初め何を言ってるのか分からなかったが、あんもち、略してあも。
「叶 匠壽庵、あも」、8月限定の抹茶、実に美味かった。




DSC03131.JPG

ボートを漕いで世界大会を目指す次女。
競泳のデータ解析にいそしむ三女。
その凄腕を比較すると、姉妹とは思えないね。

娘たちの20年近い水泳生活と競技生活。
その期間、激しい暴力、パワハラなどを受けなかったのは、幸せである。
顔面凶器のチチによるパパハラは、あったかな。

恐怖を感じながら生活をするのは悲劇。
甘いものを食べながらボンヤリできる幸せ、続ける。
8月最終日、暑い暑い日は最後のようだから、泳いでくるかな。




ファイト!






ファイト!(104)  コメント(7) 

絶対に入れた   [笑われ噺]





昨日はお誕生会の準備で築地へ、中トロを買いに行きました。娘たちの喜ぶ顔が見たくてね。築地の場外市場はyouたちだらけで、大混雑でしたが、目的の喜代村にたどり着きました。ところが、赤の北海道リュックに大型の財布を入れていましたが、なくなっていました。ありゃりゃ。



AA4I3727.JPG



場外市場近くの派出所へ行きました。盗られたと証明できるのかとお若い警官に言われ、ごもっとも。金は別に良いけど、免許証も入っているので、書き換えに行けないと言うと、それなら遺失物届を出せばいいと教えられ、でも、クレジットも早く止めたいし、市川でも手続きはできるか、可能だ。スイカがポケットにあったから帰れたが、反省で始まる「残りの人生の最初の一日」でした。




AA4I3729.JPG



それでまずは家に帰って、クレジットを止めなきゃって。いちど止めたら後が大変だと、長女が経験談をしていたことを思いだし、暗澹たる気分。そういうことばかり思い出す、私はネクラ人間です。




AA4I3733.JPG



で、帰ってきたら、いつもの場所に財布があって、疲れました。大騒ぎしてこれですから。警察には10万と見栄張ったけど、5万、ちゃんとあったし。確かに入れて確認したんだけど、怖いです。なにが怖いって、64歳の誕生日に、オレ、ボケかもしれないから。ちょっと凹みました。刺身、本八幡のシャポーで買ってきました。築地の卵焼き2件、おいしそうだったな。




AA4I3735.JPG



一昨日は象を見た気がします。昨日はキリン。記憶はボケていません。しかしどうして、絶対に入れたはずの財布が、自室の、いつもの所で留守番してたのでしょうか。それを考えると、恐怖です。妻は言います。もっと外に出て、いろんな人とコミュニケーション取って頭を使うようにした方がイイよ。一理あるのでしょうか。不安です。




ファイト!






ファイト!(109)  コメント(15) 

残りの人生の最初の一日   [@Home]





残りの人生の最初の一日。

8月29日という誕生日は、いつも夏休みの宿題に追われていた。
大阪の子ども時代、誕生日だからどうと言うこともなかった。
時代も貧しかったし、家庭も裕福ではなかったし、期待もしなかった。

家庭を持ち、家族に恵まれ、家庭を築こうとした。
家族5人の誕生日を大切に、生きてきた。
出会えたことへの感謝と、生き続けていることへの感謝。

それぞれが、自分の工夫でおもてなしをするのが良かった。
家族も工夫を凝らして、おカネはかけないで知恵と工夫と手作りの贈り物。
身に染みてそう言う時間ですらいとおしく感じる。




AA4I3707.JPG


64歳という年齢以上に、疲れやすくなっている。
終わりを始めるにあたって、調子コクことはしないで、謙虚に歩む。
あれもこれもではなく、あれとこれを掘り下げる。

9月に入れば、札幌時代の友人を迎え、激励する。
ディズニーシーで、おっさんふたりで、のんびり飲みながら過ごす。
まずは彼を激励するための、ノンビリタイム。




AA4I3715.JPG


9月に入れば準備を始めることがある。
ステージ4を克服中の、豪州の友人を激励しに行くのだが。
秋に遠征、現地は春の兆し。

無菌室だかに入れば空振り。
でも、それならまた日を改めて行くのだ。
スカイプでと言われても、古い人間、ナマで会うのが激励だ。



残りの人生の最初の一日、いろいろと考える。
でもまず今日は中トロを、娘たちに喜んでもらう。
アメ横なんてダメだよと妻に言われ、えーっ! ど、どこにしよう。

水曜日は卸売市場は休みだよ、本八幡のシャポーにいい魚屋さんが入ってるよ。
れれれ、魚屋さんになりたかった妻に、早くから聞くべきだった。
妻にもスィーツの準備しなくっちゃ、だって、オレ今日、誕生日だもん。




ファイト!






ファイト!(88)  コメント(20) 

かなとこ雲だって   [TV]





3日連続で猛暑日だとか言って、まだ続くらしい。
さすがに外出禁止を続けるわけにいかず、今日は強硬策。
だって自身のお誕生会のために、買い出しに行かなくっちゃ、乙女座だもん。




金床雲の発達中.JPG
(2018年8月26日、17:38:23 撮影)

見るからに不気味感があって、マンションの階段から写した。
後で知ったが、金床雲かもしれない。

 成長した積乱雲のうち、頂上部分が広がって平らになっているものを金床雲と言うらしい。高度12000mあたりでもうこれ以上、水蒸気が上がれないので頭頂部が広がるらしい。一昨日、茨城県古河市で発生したらしいが、その始まりあたりを写した気がしている。 (オレ日記より)






AA4I3682.JPG


関西空港には551の豚まんも食えるレストランがある。
ただ、残念なことに店にはウスターソースがない。
だから、関空を利用する旅では、小さな容器にウスターソースを入れて行く。

また、自宅に戻れば、551専用の蒸し器がある。
これを自宅で使う北海道人は少ないと思っていた。
関東に来れば、さすがに持っている人は多いと思う。





AA4I3672.JPG


秋雨前線はまだ南下せず、東北や上越で悪さをしているらしい。
南下してくるにはまだ時間がかかりそうだが、暑いのは嫌だな。
フェーン現象を連れてくる秋雨前線は、どこかへ行ってほしい。

我がお誕生会、三女が肉料理を作ってくれるらしく、大期待。
ちょこっと手巻きずし用に、アメ横まで出かけてみるお父さん。
余計な買い物をしても、自分の誕生日だから誰も文句は言わない。

あと何回、さあ、少なくとも今回も楽しむさ。




ファイト!






ファイト!(107)  コメント(11) 

四季報の読み方講座   [勉強]






昨日は36℃とか37℃と言う残酷な残暑だった。
外出禁止を早々に決め、自宅謹慎とした。
それでも娘たちの布団を干したり、日焼けを伴う作業だった。



AA4I3643.JPG


夕方、NHK学園 市川、秋の講座の申し込みを思い出した。
市川駅に隣接の「ザ タワーズ ウエスト」最上階(45F)へ行く。
驚いたことに、もやがかかっていながら富士山のシルエットが見えた。




AA4I3651.JPG


江戸川の上流方向を見ると、雷が近づきそうな雲行き。
柴又や金町方向の発雷確率が気になった。
江戸川のおおらかな蛇行が好きだ。

ベンチに座って夕日を観賞するご夫婦。
望遠カメラで夕日を写す人。
涼みながらボンヤリ過ごすのも手である。




AA4I3655.JPG


高さゆえの錯覚か、自分ちが近くに感じられる。
こんどバルコニーに星条旗でも掲げて、目立たせるかな。
近くに見え過ぎたことを驚く。

秋の講座は、またもや東洋大学の先生、楽しい授業だ。
テーマは「会社四季報の読み方」である。
これは苦手分野克服の講座になる。





ファイト!






ファイト!(107)  コメント(6) 

お土産が旅の締め   [旅]




1泊2日の、台風を突いた、妻との大阪遠征を終えた。
母の一周忌を終え、叔父貴の見舞いを終え、汗だくの移動だった。
洗濯機を2回分、バルコニーに干す時間、また日焼けした。




AA4I3620.JPG


空港では、仏壇にあげるお土産を買った。
今週来る娘たちや妻が好きな食べ物ばかりだ。
神戸きんつばは妻、神戸プリンは三女、おたべの一つは次女。

甘党のオレ。
真ん中のおたべと、北堀江プチエトワールはオレのものかな。
大阪というより神戸や京都が中心の土産だった。




AA4I3623.JPG


大阪も暑すぎたが、東京も暑いやん。
35℃の日差しは痛くて、自己管理で外出禁止にした。
夕方に洗濯物を取り込む時、まだ日差しが痛かった。




AA4I3624.JPG


23日の処暑を過ぎ、本来なら暑さが終わるはずなのに、まだ暑い。
今月いっぱいの天気予報で、30℃を割る日はなくなった。
北海道では経験できなかった、執念深い暑さである。




AA4I3627.JPG


豪州の友人が病と闘っている。
激励に行かなくちゃと思っている。
たくさんの人に世話になってきたから、お礼をする立場になっている。

でも、ちょっと目先のこと、日常に追われている。
NHK学園の秋の講座申し込みが始まる。
とても楽しい東洋大の先生の講座を、申し込む。

北海道から南下してもうすぐ6か月になる。
ぼちぼち地元民として、しっかり遊ばなくっちゃ。




ファイト!







ファイト!(110)  コメント(4) 

ハレオくん雨宿りをする   [旅]





大阪で迎えた台風一過、20号の爪痕も実害は皆無だった。
高温に苦しめられたが、にわか雨、通り雨が三度襲った。
法要の最中、昼食時、宝塚を出るころ、すべて雨が回避できていた。




DSC03052.JPG


阪堺線を、新今宮から我孫子道まで利用し、寺へ行く。
ホテルから1分、墓参りには最高の乗り物である。
ただし、ド派手なボディーに若干、引いてしまう。




DSC03064.JPG


読経は一時間に及び、少し眠くなったが眠りはしない。
墓の手入れをし、地震で傾いた寺の古めかしさを堪能した。
ずっとお世話になっている寺、いずれ寄進せねばと考えている。




DSC03089.JPG


帰りの飛行機は最終便にしたので、妻と、宝塚の病院を訪問する。
叔父貴は大いに喜んでくれて、涙を流していた。
エエ男やな、と本当のことを言ってくれた。

かすれた声、声にならない声を、耳寄せながら聞き取る。
約束したな、約束やで、覚えてるか、と。
当たり前や、ボクは絶対に守る、仁義は通す、任せて。

何の約束か、周囲は問うが、男の約束。
絶食が長引き、肺炎は全く治る気配がない。
骨と皮だけの手で、しかし意外に力強く、私の手を握っていた。

生命力は感じている。
いずれダウンしてしまうんだろうが、彼岸には、また会うか。
男の約束かぁ、重たいな。

飛行機は最終便。
羽田から品川まで京急、品川から総武線快速、最終の千葉行き。
夜中を過ぎて帰宅し、目まいを隠しながら、飲んでいる。




ファイト!






ファイト!(94)  コメント(4) 

ハレオ君、危うきに近寄らず   [旅]





tommy88 様
08月23日 ANA41便
東京/羽田発 - 大阪/伊丹着は台風のため欠航となりました。
ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。




AA4I3557.JPG


晴れ男のハレオくん、さあどうする。
もちろんハレオくん、危うきに近寄らず。
晴れ男のハレオくん、しっかり台風を回避する。





DSC03024.JPG


東京駅構内はすごい人で、それでもお弁当を買い、準備万端。
驚いたことに名古屋の矢場とんが出ていた。
もし車内に閉じ込められた時のために、グリーン車にした。





DSC03033.JPG


新大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗ったのだけど、あれ?
梅田でも難波でも、とにかく人が少ない。
台風のために早く帰ったんじゃないの、と妻。

新世界も、ほとんどの店は閉まっていた。
串カツを食って、早々に退散、風が出てくる。
ホテルでアジア大会水泳女子、メドレーリレーを見て熱くなった。

雨や風が激しくなるのだが、ホテルに閉じこもるハレオ君。
台風一過の猛暑だけが恐い。
今日は阪堺電車に乗って、菩提寺で、母の一回忌、お勤めする。




ファイト!






ファイト!(112)  コメント(12) 

欲しがりませんは美徳なのか   [考え方]





何という暑さだったか、昨日は34℃。
週末に行こうとする堺では、39℃だった。
せっかく秋風を感じ、冷房なしで寝られたのに復活。




AA4I3524.jpg


金足農業に敬意を表して、あきたこまち5㎏を買った。
昨晩のハヤシライスから、あきたこまちである。
少し吉田クンを応援した気分で、ナイスだ。




AA4I2789.JPG


JO(JOCジュニアオリンピックカップ)競泳が昨日から始まった。
測定(分析・研究)で三女は裏方に入っている。
筑波から通うよりと、一昨日から泊まりに来ている。

妻は毎日、パンを買い込んでくる。
三女が猛烈にパンが好きだという理由で。
三女の少し世話をして嬉しそうな妻、オレだって嬉しい。




AA4I2742.JPG


裏・市長 さん のブログを読んで、思った。
東京オリンピック組織委員会の役員報酬は年間1人、2400万円。ボランティアには、「いい思い出になるでしょ?」と、現地まで来る交通費、宿泊費も自己負担でよろしく!。ボランティアの言葉の意味を履き違えてんじゃね?。タダで使える便利な下僕程度に考えてんじゃね?。    (2018-08-22 08:19)

まちがいなくこの国には、人心を錯覚に陥れる刷り込みがある。
無償の奉仕を美徳とする勘違いした、奉仕の精神、欲しがりません勝つまでは。
剣道連盟も上納システムを配備し、黙り続けていたし。


ま、交通費と弁当くらいは当然って思うのは奉仕の精神不足?
大会運営は、タダ働きを計上して運営するものではないな。
色んな無駄遣いをしておいてね。




ファイト!






ファイト!(118)  コメント(11) 

球児たちとおじさんの夏が終わった   [TV]





高校生の面倒を長く見てきた経験からの、不思議。
血気盛んな年齢を相手に、部活の顧問をしていた。
彼らが血湧き肉躍る言葉を弄し、檄を飛ばし続けた。

あるいは煽り、追い詰め、狂気の世界に導いていた。
邁進と言ったり、執念と言ったり、全力で戦い続ける姿勢を求めた。
青春と呼ぶ狂気の季節、諦めることなく、彼らは投げ出すことがなかった。

はたで見ている人がもうダメだと思っても、彼らは投げ出さない。
負けを認めないのではなく、彼らはここからだと、戦い続けるのだった。
特等席でシビれる戦いを見てきた者には、その熱さが刻み込まれている。





AA4I0805.JPG



高校野球決勝、桐蔭と金足農業の試合は、一方的な展開になった。
立ちはだかる者の強さを実感しながら、金足農業は炎天下で最後まで戦い続けた。
おじさんはこの熱に弱い、涙が出てしまう。

彼らの未来に、苦難を撥ねのけるバネが与えられたのだろう。
球児たちの夏が終わった。
おじさんは脱力して、それでも今日は、あきたこまちを5㎏買いに行く。






AA4I3199.JPG


武道館での撮影失敗は、来年への技術研修課題。
6年前のソフトを使って調整したら、少し明るくなった。
よし、最新版で調整して、空手少年に送るぞ。

テリーさんの勧めるPhotoshop Element 2018 を注文した。
まあ、必要経費で落としておいて、今後も活躍だ。




ファイト!






ファイト!(119)  コメント(9)