So-net無料ブログ作成

お台場までお出かけよ   [旅]





真っ赤な顔してもう酔っぱらったの?
ゆりかもめを降りてJR新橋駅に行く時、妻にそう言われた。
きのうの午後5時、お台場海浜公園からの帰りだった。




AA4I6680.JPG

東京みなと祭行事
東京ドラゴンボート大会2018
出場した次女の応援だったが、「ドラゴンボールに出場?」と思っていた。




AA4I6743.JPG

ドラゴンボールじゃなくてドラゴンボート、先週言ったでしょ。
船の先頭に龍がついたボートを左右に分かれた20人が漕ぐというもの。
ディズニーランドのビーバーブラザーズのカヌー探険で漕ぐようなボート。




AA4I6947.JPG

わたし初めてなのと、ゆりかもめに乗ってはしゃぐ妻。
車内でキョロキョロする妻が可愛いなと思った。
初めてレインボーブリッジを渡るわ、と完全なお上りさんだった。




AA4I7053.JPG

次女のチームはBグループで優勝した。
来年の世界大会につながる全国へは行けないが、B優勝で満足。
本当に楽しそうで、見ていてうれしかった。




AA4I7217.JPG

次女は競泳の世界に打ち込み引退したが、水がらみで楽しんでいるようだ。
上腕が鍛えられ、よく日に焼け、さらに逞しくなった。
少なくとも3本のレースを逞しく漕いで、お疲れでも今日は仕事。

風呂で驚いたことに、私は、日焼けしていたのだった。
日差しが強くてジリジリしたが、やはり焼けていたのだ、夏か。
年のせいか、太陽の下に立ってるだけで、大いに疲労を蓄積した。

足が痛いので、今日は少し近場を回るだけ。
アジサイを、見つけたいのさ。




ファイト!







ファイト!(114)  コメント(9) 

ほっこりさせる青少年   [TV]





不愉快を消去するために、大谷クンと藤井クンがせっせ、せっせ。
大人げないバカないい年した大人より、ずっとステキ、いいわ、えらい!
大谷クンも藤井クンも物凄いのに謙虚でキュート、幸せな気分になる。




1 ちかんを見たら.JPG

近所の小学校のフェンスに張り紙がある。
ちかんに注意! キミ、してはいけないよ。
ちかんを見たら110番。 特徴を教えてよ見てもわからない。




2 花を見たら.JPG

コンデジの効果ではありません。
駅前で一眼使って花を写したら、葉っぱが色を失いました。
もともと、白っぽい緑でしたが。




3 葉っぱを見たら.JPG

いよいよ、そんな季節がやってくるのでしょうか。
湿った空気が嫌いで梅雨のない北海道に逃げ、雪に退散したおっさん。
ついに、何十年ぶりかの梅雨を経験するのでしょうか、アジサイと共に。




4 靴を見たら.JPG

こういう、洗った靴の干し方、並べ方で家庭の雰囲気が理解できます。
まじめな、やさしい、あったかい、そんな几帳面な家庭を想像します。
少なくとも、お子さんは、きっと、情緒豊かに、育つ、かな。


予想を外して、早朝で雨の終わる土曜日でした。
何度も何度も、大谷クンと藤井クンの話をテレビで見ましょう。
ほっこりするんだ、オレだって。




ファイト!






ファイト!(107)  コメント(6) 

危機管理学部があるんだって   [新聞から]





雨が降る前にと、市川動植物園へ行った。
あまりの暑さに我が兄弟、ゴリラが暑さで固まっていた。
暑さで固まったゴリラしかいないのだ。

ゴリラもキリンもシマウマも固まっていた。
固まって動けないのは可愛そうだけど。
意表をついて薔薇園が威勢良く、散る薔薇も咲く薔薇も、まだ等しくある。




AA4I6555.JPG

妻が言うには、ここは「動植物園」、動物に期待するな。
なるほど、それにしても目の大きなゴリラやな。
だんだんオレ、眼が小さくなってゴリラとの乖離があるな。




ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ2.JPG
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ (フランス)

薔薇族のsnowさんに負けないように本腰を入れて写した。
マクロの決死圏であったけれど、平成では通じないかな。
芳香剤ではない薔薇の香りで、おじさんウットリである。




ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ14.JPG
ツル.聖火 (日本)

一本の木に赤く咲く薔薇と、白く咲く薔薇がある。
手の込んだ、名前も初めて聞くものばかりである。
母が好きな花、見たかった花が、薔薇。




新雪1.JPG
新雪 (日本)

自分が白いバラを好んでいると、最近気づいた。
何か意味があるのかどうなのか、少なくとも気高きものを求めるのであろう。
気高きもの、素直な心だよ。



怒ると怖い高校国語教師だった現役時代。
でもね、生徒にも保護者にも同僚にも、謝る時は早かった。
謝りに行かせてくれなかったとき、読売新聞に大きく出たけど、ね。

問題が発生したら、まず、ごめんなさい。
1.問題点の把握(事実を確認し隠さず提示)
2.問題点の分析(なぜそうなったかそうなるかを提示)
3.解決法の決定(今後二度と起こさないためにどう取り組むかを提示)
そして再び、ごめんなさい。

トップが優柔不断で、ごまかしばかりだと、事態は確実にこじれる。
「事情聴取」にばかり時間がかかり、傷口が広がってしまう。
3倍ぐらいに膨らんでから、しっぽ切りが始まる。

現場には、やってられねぇぜ、という空気だけが流れる。
日大には危機管理学部があるらしいけれど、偏差値は下がったね。
日大本営発表、って感じなのかな。




ファイト!







ファイト!(115)  コメント(11) 

昭和が一つ   [TV]





奥戸フラワーパークへ行った。
葛飾区奥戸9丁目にあり、奥戸中学の前にある。
中川から分岐した新中川のそばにあった。

江戸川を市川橋で渡り、蔵前橋通りを走る。
やがて分岐個所を四つ木方向へ進み、道に迷いながら走った。
そこはちょっと大きな児童公園という感じだった。




ヒデキ感激.JPG


施設が近くにあるのか、民家に囲まれた公園にご老人が大勢いた。
ぼんやりと薔薇を眺めている人、スケッチしている人、のどかな光景。
じゃましないように、マクロレンズを使って写した。



ラバグルート(ドイツ).JPG
ラバグルート(ドイツ)


野口五郎、西城秀樹、郷ひろみ。
新御三家と言われていたが、西城秀樹が亡くなった。
やんちゃ坊主だったけど、二度の脳梗塞とは、同年代を惜しむ。




玉ボケちゃん1.JPG


大谷クンが一流投手とぶつかって苦戦が続いている。
大谷クンのヒットや奪三振で癒されていたので、凹んじゃう。
凹む話ばかりで、困ったもんだ。




薔薇の下で男同士が契りを結ぶ.JPG


薔薇だからね、ヒデキ感激かな。
節操のない時代になったのかな、薬師寺って、修学旅行の定番コースだった。
煩悩と戦うオレたちのほうが、ずっとエライやん。

こんど遊びに来る教え子は、アメラグをやっていたと思う。
3年間面倒見た最後の卒業生、ブラック企業に就職して、汐留で研修中。
「あの選手の話」聞いてみようと思う。

何を作るか、メニューを考えるぞ。





ファイト!






ファイト!(125)  コメント(9) 

人生にタックルだ   [TV]





引き続き防災公園の薔薇を堪能し、暑さこらえます。

数日前、裏・市長さんのブログを見て、日大アメフトの動画を見た。
とんでもない悪質なプレーで、スポーツの衣をまとった犯罪行為である。
日大の対応の悪さは体質だろうが、末期症状。

今日の記者会見で、関西学院大学がどうコメントしてくるのだろうか。
レスリングでもそうだけど、悪質監督って逃げ回るわけで、恥ずかしいね。
選択の余地なく廃部でいいと思う。

指示を出された選手がかわいそうなどと言うが、それも愚か。
傷害犯罪の実行犯は、実行した責任は大きいし、執拗だった。
大学生にもなって犯罪行為を断れなかったなど、理由にならないな。




そなたはどなた.JPG

薔薇園の足元で雑草取りと肥料やりをしていた兄さんに尋ねた。
これはなんですか? ラベンダーかな。
匂いのしないラベンダーってあったんだ、そなたはどなた。






モンゴル帰りのヤッホー.JPG

モンゴル帰りのヤッホー。
遊牧民さんちにホームステイして騎馬体験をしていた娘が遊びに来た。
土産話を聞くにつけ、モンゴルも面白そうに思えた。





杏仁豆腐状態.JPG



教え子は札幌へ帰る前に成田に連泊し、美術館を渡り歩いたそうな。
教えられたものは「東京・ミュージアム ぐるっとパス」である。
これでいくつか集中的に回るのだそうだ。





師匠につづく.JPG


働き、一人住まいで、大学院にも通い、海外にも出ていく。
意欲的に美術館・博物館を回り、読書家で、わたしと酒も飲む。
どんだけ時間があるねん、と思うのだけど、この活力は少し見習いたい。

「東京・ミュージアム ぐるっとパス2018」に挑戦しようと思った。
都営地下鉄・東京メトロ一日乗車券と組み合わせれば、歩く健康生活。
都会生活もええやないかと、少し思うのだ。





ファイト!







ファイト!(123)  コメント(14) 

もしかするとバラが好きかもオレ   [趣味]




近くに大洲防災公園があり、ここは昔、明治乳業の工場だった。
結婚した頃、妻の実家に夏休の帰省をし、セミがうるさかった記憶がある。
メイニュー(明乳)は跡形もなく、防災公園へと変身し、小さなオアシスとなった。

灯台下暗し、バラがわんさか咲いておった。
公園は子供たちが走り回る規模の広場だが、一角に薔薇園。
何て素敵な散歩だったか。




AA4I5870.JPG


むかし西新宿7丁目に野薔薇園という、こじゃれたレストランがあった。
レジの子がお金を間違えてばかりだったし、今はないと思う。
あの店が35年も生き続けるとは思えない。




アイスバーグ(ドイツ).JPG
アイスバーグ(ドイツ)


薔薇園という字を見ると、前述の、野薔薇園を思い出す。
同人雑誌の広告を出してもらった手前、同人仲間の飲み会でよく使った。
調子こいてイキがって、怖いものなしの時代だった。




アルブレヒト デユーラー ローズ(ドイツ).JPG
アルブレヒト デユーラー ローズ(ドイツ)


野薔薇園という響きは好きで、理由がある。
その店でまだ19歳の小娘だった妻と出会い、ちょっとした奇跡。
嫁さんめっけ、と確実に思ったのだ。




フラウ・ホレ(ドイツ).JPG
フラウ・ホレ(ドイツ)


ひと目会ったその日から恋の花咲くこともある、はテレビの口上。
時々ではあるけれど、電撃的な奇跡が、振り返れば起きている。
さてそして、だから、オレは何に感謝していけばいいのだろうかと、考える。

足の腫れが引いて、青く変色しているのが面白い。
祖国防衛のために防人は、ぼちぼち堤防警備でもするかな。
とにかく、感謝しながら時々信心深く敬虔に、これからも江戸川の堤防警備だ。




ファイト!






ファイト!(125)  コメント(13) 

休養でなく休憩   [日常]




天気晴朗なれど足痛し、遠出せず。
完全休憩の月曜だったが、まあ宜しい。




金曜の遠征帰りにね江戸川の土手で自損事故。
後ろから来た作業用のトラックに道を譲ろうと左に寄って止まった。
左足をついて、右足をペダルに強く載せてしまった、電動自転車。

足を痛めたかな.JPG

恐怖の急発進を体験し、痛いのなんの、笑うしかなかった。
帰宅し、あまりに腫れるので写真を撮った。
傷口が染みるので「冷えピタ」「熱さまシート」を貼る。

お陰様でと言うかご先祖様、腫れは引き、生きていける。
反応の鈍さは老いたという証だろうと自覚して、慎重派。
疲れをとる休憩日を意識的に取った。




ハハハ母の日.JPG

日曜日は母の日だった。
妻は学生時代の友人と、銀座でランチ。
私は、妻との夕ご飯と飲み会の準備を楽しんだ。




レンチンバー.JPG

この家のカウンターキッチンを見た時からやりたかった。
妻が客で、私が店長、晩御飯を提供し酒を注ぎ、おつまみを作って出す。
温めなおす時間を使って、妻をナンパする、キレイだねって。

・ひじきと焦がしチクワの炊き込みご飯
・めんつゆを使った大根と絹ごし厚揚げの煮物
・アスパラとシラスのおひたし
・アスパラとベーコンのバター炒め
・がんもとタケノコの煮物
・鶏むね肉の塩昆布マヨネーズ和え

どれも美味しいと高評価を得て満足した。
食前酒として用意したサングリアを飲み過ぎた妻は、酔いが速かった。
白ワインも好評だったが、私のナンパで悪酔いしたようだった。




小岩菖蒲園.JPG


また機会を改めて妻をナンパしようと思う。
毎日ずっと一緒にいるので鬱陶しがられないように、適度に攻める。
その言葉を磨かなくてはと思い、開放講座に応募した。




ファイト!






ファイト!(130)  コメント(18) 

浅草の甘味と談笑に葡萄酒道中   [旅]




以前、次女から土曜日は暇かと問われ、即答した、暇だ。
それで一昨日、次女と浅草で待ち合わせた。
うっかり土曜日を忘れて出向き、その混雑ぶりに驚き、田舎者となる。




AA4I5423.JPG


変わった空の雲が出ていることを意識した。
何らかの気象現象かもしれないが、その名残がまだツリーの向こうにあった。
今のところ大地震も、大雷も何もないので気にしない。




AA4I5375.JPG


知覧鶏とおでんが有名な店へランチ方々飲みに行く。
次女の奢りだと言い、予約してあった。
次女の奢りでもメニューを見て、お父さんは控えめに。

酒と焼酎のレパートリーが多い中、赤ワインのボトル注文。
次女は夕方から水泳の個人レッスンがあるので、水のみ飲み。
途中で社長が他店からあいさつに来たのは驚いた。




AA4I5398.JPG


娘の顔を立てて、ごち。
ランチ飲みの前のスィーツは、実に美味かった。
茶和々の抹茶わらび餅が美味いので、妻にお土産とした。

土曜、妻は本八幡駅前のリラックス・マッサージに招待され。
その後、三女とスィーツ食べ放題に行ってるのだから、お土産もどうかと思いつつ。
それでも持ち帰ると喜んでくれたね。

ランチ飲みの後のスィーツは、梅園の「あわぜんざい」、オレには向かなかった。
ものすごい混雑ぶりに、呼吸が苦しくなるくらいだった。
あたりも外れもあってそれで良し。




ファイト!






ファイト!(128)  コメント(9) 

レンチン・バー 問われる6品の味   [味]




金曜日、2kさんに探鳥(?)に連れてってもらった。
それは楽しいひと時だった。
ムクドリを保険適用せずとも、コアジサシも写せたし、良かった。

日曜どうするの? と言われて即答したのは。
妻に捧げます、と。
妻は、亡くなった母と同姓同名で、まあ、母の日ってことかな。




AA4I4916.JPG

すでにコアジサシであると、昨日、認識した。
小さなアジでも突き刺すのだろう。
コアジサシ




AA4I4917.JPG

ツバメのように俊敏で、滑空姿勢はかっこいい。
高い位置で一瞬ホバリングし、水面に猛スピードで落下する。
その時のシブキの跳ね返りが、ちょっとカッコイイ。
全力でやってるって猛アピールみたい。




AA4I5105.JPG

メスが浮島で待っていて、彼女は待つだけ、エライのよ。
オスは戦利品を誇らしげにくわえて、飛ぶ、飛ぶ、飛ぶ。
けなげな鳥ではないかと思う。




AA4I5106.JPG

ひたすら繰り返して、自分は食わずに捧げ続ける貢ぐクン。
でも、結婚したら急に運ばなくなるのかな。
それは良くないよと、良き夫は言い。




AA4I4530.JPG

白いバラの花ことばを、今日も妻に捧げる。
そして妻には母の日、引っ越して初めての『レンチン・バー』オープン。
カウンターキッチンを使って、妻がゲスト、オレは板さん。

6品は作って差し上げたい。
料理に合わせて飲み物も考えるの。
一日かけて、レンチン・バー開業の準備だわ。




ファイト!







ファイト!(132)  コメント(14) 

デビュー戦は大人しく虫色に   [趣味]





もしかしたら疲れているのかもしれない。
もっと肉を食べなくっちゃ。
田舎者と笑われてしまう。



椋鳥と人に呼ばるる寒さかな (小林一茶)



昨日はね、楽しかった。
でもね、もしかしたら疲れたかもしれない。
野鳥撮影にて、600㎜と三脚のデビュー戦だったが、次回こそ。




1むくどりですが何か.JPG

椋鳥(ムクドリ)も野鳥だよと、保険をかけて写しておく。
教え子が「そのうち、虫なども撮っていただけると面白いのですが」と言い。
虫を写したぞと、恩師ぶって言ふもをかし。




2虫がご要望ですか.JPG

虫とは何かという問題もあるが、これも虫とし。
野鳥を撮りに来たくせに、お手軽に近場で保険を掛ける。
それもまたよし、オーケーパット。




3虫を取って進ぜよう.JPG

野鳥を撮りに来たんだけどね、同伴者は電話で誰かとお話し中だし。
飛ぶということで、広域解釈し、これもまたよろし。
まだ三脚のセットはしていない。




4虫ですが何か.JPG

イトトンボだとは思うのですが、虫。
野鳥を撮りに来たのは、誰だ。
それでも水元公園は楽しい野鳥、虫、花、ベビーカー押すママ、盛りだくさん。




5野鳥も撮った.JPG

三脚を立てて写したが楽しかった。
カメラの上に、借りた照準器みたいなものを付けて連射。
毎秒8コマの連射は、ゲームセンター並み。

ツバメみたいな動きのこの無名の鳥を連射で追う。
無っ茶苦茶、楽しいのでおますが、家に帰って1000枚近く消す疲れ。
空だけとか、ピンボケだらけに、羽根の先しか映ってなかったり。

それでも3割近い成功率でした。
この無名の鳥は、浮き島でジッと待つメスに餌を運んでくるのでした。
急降下し、水中から魚をくわえて来る姿、シビレましたね、オレみたいって。




ファイト!






ファイト!(128)  コメント(10)