So-net無料ブログ作成

海を渡ること   [卒業生]






最後の卒業生がこの春、大学を卒業しました。
それぞれの門出にあたり、嬉しいメールが来ました。
行動する娘たちは、自分の教え子だって、思えてしまいます。




Y.jpeg

軽薄な卒業旅行ではなく、開拓者の姿勢が素敵です。
右側の、インド人になりきった娘からのメールでした。
大学院でまた、医療に関してお勉強のようです。


(前略) 卒業旅行でバスケ部だったYさんとインドに行きました。[新月]彼女は、今月から羽田空港の国際線、ANAで勤務するそうです。[新月]ガンジス川のほとり、火葬場のすぐそばの日陰に腰を下ろし、人が火葬される様子や貧困で火葬できず捨てられた子供の亡骸が、野生の犬や牛に食べられる様子をぼんやりと眺めながら、 言葉では表現できない何か大きいものを感じたり、 子供を抱えたおばあちゃんくらいの女性にミルク代を物乞いされたり、 高額ツアーを組まされたために翌日二人で全額返金を求め戦ったり 、想像以上に濃いインドでした。[新月]最終日にカレーであたり、二人仲良くお腹を壊したものの、 無事帰国しました。 (後略)



こういう娘の感受性が好きです。
医療従事者として、アフリカへの勤務を夢にしています。
ただ、保護者の方には申し訳なくて、でも、行け!って応援しています。

老人の船に乗る資格は、私にはありません。
でもね、こういう、わが娘を含めて、未来建設する連中を応援したいです。
まあ、オレのできることですから、一緒に飲むだけですがね。




ファイト!







ファイト!(118)  コメント(9)