So-net無料ブログ作成

これもまた余談   [味]




ほぼ引っ越し準備は終わろうとしている。
本日、冷蔵庫の引き取りが来て、台所は片付く。
段ボールの山を少し移動して、最後のカーペットを外す。

発寒破砕工場、計量のゴミ処理工場に、今日がラスト遠征。
最後の昼メシは、やっぱり豚丼。
最後の晩メシは、うーん、ススキノに行っちゃうかな。





030.JPG

土曜に、きのとやへ挨拶用の品を買いに行った。
最近、クッキーの中でイチバン好きな「札幌農学校」だ。
売り場のひと山を崩してやった。

のし紙は「御礼」と「御挨拶」だが、もちろん御礼の方が多い。
「気持ち」ってやつで、自己満足でいい。
ここに一つ悔いが残った。

土曜、往復450㎞の道のりを会いに来てくれた教え子がいた。
彼はアルツハイマーに関する講義までしてくれたのだが、渡し忘れた。
「御礼」の予備も用意していたのだが、渡すのを忘れた。

ただ、こういう後ろ髪を引かれるような気持ちは大事かなと思う。
彼のことを忘れない意識になれば良いのかなと、自己完結。
これを見る U クン、御礼の気持ちはたっぷりだよ。




002.JPG

娘たちが国体に出るたんびにバッグやジャージが支給されていた。
次女は10年連続で出たのだから10個あり、三女の分もある。
娘たちは人にあげたり捨てたりしたのだが、チチは拾ってきて使う。

今回も、大いに役立っている。
身の回りのすぐに出し入れするモノを入れている。
もちろん赤は私が使って、黒を妻が使っている。

引っ越し作業は、普段の「あの場所」がなくなるのだからね。
だから、いつでも使う物は薬も含めて、自分バッグに入れている。
それぞれのバッグには、老眼鏡とか自分用の充電器とか、似た物が入る。



初めて北海道の雪を見て大感動して、40年以上の時間が過ぎた。
妻と出会い、人と出会い、娘たちと出会うことも出来た。
18年間、子育てのために買った家ともお別れ。

社長は、家を手放し去る時に一礼をしたと聞く。
元海軍自動車学校の私は、敬礼にするのか、帽振れーになるのか。
おそらく忙しさの疲労感だけを抱えて、去るのかな。




ファイト!






ファイト!(122)  コメント(9)