So-net無料ブログ作成

友人がひとり消えていた   [ひと]




ムムリクが死んだらしい。


絶対恩師が亡くなった時、そばで看病していた友人。

絵描きのムムリクが死んだって。


去年と今年、年賀状来なかったよな。

私より若い、まだ還暦にも満たないはずだ。

驚きだった。



よそ様のブログに
アーティスト ムムリクさんが今朝亡くなられました。
    (2015年01月21日 | 船橋社中)


191-1.jpg

我が絶対恩師が一番のお気に入りだったらしい絵。
ムムリクに初めて会ったのは、上迷の杉並のマンション。
始めは、上迷の身内の人かと思った人。

家族で交流したし、娘も、世話になっていた。
フランスの新聞社が取材に来たとき、長女は通訳をしたはず。
うーん、大切な人がどんどん消えていく。


234-1.jpg

絶対恩師の通夜、枕元でムムリクはスケッチしていた。
恩師が亡くなって5年目、その命日に。
大事なムムリクの死を知るなんて、重いなぁ。


DSC06158.JPG


チャックさま

上迷は、本当にチャックの事が好きだったよ。
会った時、チャックがさあ。って、2人で笑ったんだ。
頭の後ろに手を組んで、笑いながらコロッと横になって。

それぞれ個々に、きっと付き合いは違うのだろうと思います。

けれども、彼が貴方を好きだった事だけは確信できます。
チャックは一生上迷に愛される。
うまく言えませんが、彼は生ききった、と思います。
あの人物の特別な感じは、実際会って。
しかも感じるひとじゃないと通じないだろうな……。

上迷が 石川淳の「白描」を 読みなよ。って、言って来た事があって。
これのアルプスの少女ハイジで、盛り上がった事があります。
天上からの光はいつも、この世に存在している。
自分の窓さえしっかり開けていれば感じる。
そして その光を受けて生きて行く。
ひとりひとりが、とてつもない応援団を、自分次第で持てると言う話でした。

マジなつきあいは、同じくらい楽しくってきついよね!

ま、さ! 私はチャックの家族が大好き!
上迷が会わせてくれた、プレゼントだな。と、思っています。

これからも、よろしく!

上迷はすっかり!綺麗に死んでました。
それでいいんだ。上迷よ。 貴方と会って良かった。と、
私は思っています。

                      ムムリク


DSC06157.JPG

2012年12月、自分の結婚記念日の祝いに買った。
三女が犬好きだから、激励の意味も込めて。
結婚記念日の翌日に生まれてきた三女だから。

来年、戌年だから年賀状に使うかなって、思ったのに。
ちょっと参ったな。
親、友人、恩師、どんどん消えていくのは、残酷だな。
グリーン・マイルの刑だな。

縁だと思う不思議さは、彼女が市川霊園に眠ったと言うこと。
妻の実家もここに墓地を構えていた。
不思議な縁って、意識しすぎかな。




ファイト!






ファイト!(131)  コメント(7)