So-net無料ブログ作成

変わり目   [日常]





教師になり立ての頃、先輩の先生に、「国語の先生、これどう言う意味だっけ」と聞かれて、辞書に載ってますよと言って顰蹙を買ったことがあるけれど、間違ってはいないと思う。 辞書の引き方も知らないんですか、とまで言って、誰も私に尋ねなくなった。

英語教師でも美術教師でも、日本国内で、日本語で授業をおこなうなら、日本語を日々しっかり学んでおく、磨いておくのは当たり前のことだと思っている。 日本語教師というのは、外国人に向けた立場であり、国語教師を、日本語教師と呼んだりはしない。 言語学としての日本語を扱うことが多くて、国語教師が、日本語が得意なのは当然のことだ。 しかし、体育教師も、実技が得意な上に、日本語も上手でなくてはならない、それが教師の使命だと思う。

教師の、お粗末な日本語は、国力を低下させるぞ。




DSC05382.JPG

交通安全、確かに大切なことである。
でも、狂ったドライバーからどうやって身を守ればいいのだろうか。
自動運転の技術発展だけで、安全は確保できるのだろうか。


DSC05459.JPG

「挨拶もする普通の大人しい青年」が、言葉巧みに大勢の他人を誘惑。
そして、2ヶ月で少なくとも9人を殺し、バラし、皮を剥ぎ取っていた。
「普通」って、オレも入る、危険人物ゾーン。


DSC05483.JPG

イチョウはほとんどが散ってしまった。
風の通り抜けない、暖かな場所に、密かに棲息している。
でも、終わりは終わり。


DSC05473.JPG


学校で、「先生」は、何を教えているんだろうか。
おそらく、悩んで悩んで、魔法の杖が欲しいんだろうな。
USJ で手に入れるか、ディズニーで手に入れるか。

孫の手はあるけれど、魔法の杖は持っていない。
手に入れるとするかな。



ファイト!






ファイト!(115)  コメント(8)