So-net無料ブログ作成

秋の風   [日常]





青空を求めて、局地的な晴れ間と厚い雲の混濁の中を走る。
自転車で快走すると少し汗ばみ、日陰は肌寒い。
ハッキリしない札幌の天気だが、確実に秋の傾斜は深まっている。
まだ、ストーブを入れないで、厚着で頑張ってヒートテック。




DSC04779.JPG

台風の影響ではないだろうが、風が止まない。
前線が刺激されて、北海道も不安定な模様なのか。
噂の真っ白なリスを見に来たのではなく、秋の空気を密猟だ。

JUNKO さんの昨日の写真「赤い窓」のように、自分も写したくて北大へ行った。
思うように撮れない二日間が、それは秋探しの自転車運動に変更となった。
今日こそ負けないように写すぞ。




DSC04948.JPG

妻が実家に帰っている間に、妻の新車を拝借した。
我が赤錆び号はチェーンも切れそうだが、新車は楽チンだ。
アジアの観光客が、スマホで写す秋の葉っぱ。




DSC04911.JPG

秋の日差しでも、ヒートテックの身には暑い。
外出時の自転車では、脱いでくれば良かったと後悔。
月末には、車のタイヤ交換をしなくてはいけない。
そして、11月には暖房を入れようと、妻に提案するかと考える。

家庭菜園の収穫も全て終了した。
今年はキュウリが特売で50円、1本が55円~60円で推移していた。
そういう意味で、庭の芝生を掘り返して畑にし、花よりキュウリと植えたのは正解だ。
花はまた、よそへ写しに行き、自宅ではキュウリとミニトマトとじゃがいも。

しずかに、色んなものが終わり始めている。
のどかで、静かな毎日を、少しだけ急ぎ足で暮らす。




ファイト!






ファイト!(104)  コメント(10) 

夢の途中で花束を君に   [ことば]





ペンギンが舞う、池田綾子さんの「夢の途中で」を毎日聴いている。
正確には、ビデオをつけたときに再生している。
あの、浮遊し、舞うペンギンが面白くて。



薔薇 レッド・デビル(イギリス) 北大植物園.jpg

薔薇 レッド・デビル(イギリス) /北大植物園


「とと姉ちゃん」の主題歌だった「花束を君に」を、毎日聴いている。
8月末に母が亡くなり、生まれて初めて湯灌を手伝った。
死に化粧前の、そして最後の、母のお風呂を手伝った。

なぜだろうか、この「とと姉ちゃん」の主題歌がずっと。
母の体を洗いながら、私の頭の中ではずっと流れていたんだ。
なぜかは分からないけれど、この歌を聴くと、優しくなれそうな気がしている。

目頭を熱くしたいのだろうかと、心配になる。
それにしても寒い。
お買い物の自転車では、手袋なしでは行けないね、札幌。




ファイト!






ファイト!(127)  コメント(9) 

ベンヤミンが嘲笑した   [考え方]





旧東ドイツ出身の留学生(ベンヤミン)が、鍋を食べに来た。
変な日本語だが、鍋料理を食べに来たと、国内では通じる。
東大の博士課程に籍を置き、論文は英語で書いている。

日本語が達者なベンヤミンだが、ストレスが溜まると英語になる。
そんなベンヤミンが嘲笑した、と思う。
北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した、という報道のこと。



DSC04707.JPG


北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12型」が、「日本上空」を通過したことを、理解に苦しんだようだ。 同じように私も思っていたのだが、日本のマスコミはバカだからね、仕方がないんだと。 最高高度は約550キロ、もうそれって宇宙ヤン、と確かに彼が嘲笑した、と思う。

危険や不安があるのは、北朝鮮がミサイルを作る際、迂回ルートを使って、神戸製鋼から何らかの素材を購入していたら、落ちる。 落ちる可能性はある。 最近、北朝鮮が大人しいのも、もしかすると、神戸製鋼のデータ改ざんを知り、間違って落下して戦争になるのを怖がっているのではないか。 と、自虐ネタを語った。

上空100㎞を越えたら、もう宇宙だろう。




ファイト!








ファイト!(121)  コメント(7) 

Benjamin がやってきて飲む   [ひと]




長女が、独逸の大学院で同じ研究室の青年を2月に連れてきた。
現在は東大の大学院で博士課程の論文執筆中。
よく飲むし、同じく、いやそれ以上のサッカーファンだから、オレ、友だち。

日本では柏のサポーターになって、応援遠征をしている。
この前の土曜日に、コンサドーレ札幌との試合があり、やってきた。
14位の札幌が、3位の柏に、3-0で勝たせて貰ったが、うしし。


DSC04465.JPG

ちょうどハーフタイムの時、柏の応援席が映った。
きっと、you だから目立つかなって思ってたら。
あーっ、って声が出てしまった。

DSC04465b.jpg

ベンヤミンさん、本気のサポーターですね。
彼女も同伴だけど、彼女は小樽観光です。
柏の熱血応援団は、女人禁制の応援チームだそうです。


DSC04723.JPG

翌日、飲もうぜって、拙宅にて飲み会。
自分用の、柏の応援旗を、ドイツで作って持って来ています。
負けたベンヤミンを、妻の特製お鍋で、おもてなしでした。


DSC04727.JPG

彼女は大手企業にお勤めで、ご自宅の向かいが、何とか部屋。
横綱の鶴竜が所属する部屋で、ちゃんこ鍋などご馳走になるらしい。
で、ベンヤミンも遊びに行って稽古を見て、写真を撮っているぜ。


DSC04775.JPG

彼のために用意したのは、独逸の白ワイン。
イタリアの赤ワインは、5時間前に抜栓して馴染ませておいた。
ベンヤミンは、ドイツ人だから、ビール(クラシック)を飲みまくりもしましたが。

朋あり遠方より来る、また楽しからずや。
飲むのは楽しいが、いずれ、ブンデスリーガ観戦すると、約束させられた。
サッカー観戦で騒ぎ、ビール、ソーセージ、ポテト、そしてワインも。
元気の出る、若い若い友だちであるなぁ。




ファイト”!






ファイト!(120)  コメント(9) 

青空をどうぞ   [日常]





半径100m程度で 晴れ男のハレオ君

「青空が見たい」とキミが言い

用事はないのだけど 外に出る



1晴れ男のハレオ君.JPG

青空が見えない天候が続いているらしい。
ちょっと参ったな、必ず、少なからずの青空が見える札幌。
自分は恵まれているのだと思う。


2用事はないけど外に出る.JPG

青空を見たいと聞き、生にはかなわないけれど、写してきた。
青空なしじゃ Vitamin B.S. が欠乏していくのだろう。
キミに Blue sky をお届けしますよ 妄想世界にて。


3JR高架下で紅葉を見つける.JPG

近くのJR高架下に、自転車で行ってきた。
高架下で杖をついて一所懸命に歩く、見るからにご高齢のお婆さんがいた。
こういう意志というか執念に似たものが、生きるためには必要なのだと思う。


4帰りの公園にも青空がある.JPG

母にせめて、高架下を行ったり来たり、歩く気魄があったならばと思う。
しかしながら、言っても詮無いこと。
せめて自分はもっと、生きる気魄を持ち直さねばならないと考えている。

キミに青空をどうぞ。




ファイト!






ファイト!(123)  コメント(12) 

ミニ・オフ会を振り返って   [旅]





3連休の中日に大阪へ行きました。

9日の祝日(体育の日)に移動して法事は間に合うのだけど、北海道旅行の人が大阪に帰るので、9日は満席が続き、変動相場制ゆえ料金も高いのでした。 暇人は、だから一日早い日曜に行って、ボーッとすることにしました。 妻が9日の最終便で来るから、関空に近い(2駅)泉佐野駅前のビジネスホテルを取りました。


DSC00653.JPG

そんな話をすると、823さんが、ミニ・オフ会やと決定しました。
今年は何となくこういう流れで、ブログの方と会うのは4回目です。
東京、札幌、大阪、大阪と、何となくそんな流れです。


DSC00656.JPG

泉佐野駅前近辺の居酒屋。
823さん、まりっぺさん、ひろしさん、裏・市長さん。
濃い方たちで、初対面では無垢な私は、押され気味で壁の花。


DSC00658.JPG

結果から言うと、実に楽しかった。
初めて会った気がしないのは、ブログを普段から見ているからかも知れません。
面白い「出会い」だなと思いました。


DSC00690.JPG

2時間飲み放題の店でしたが、3時間はいました。
我々以外に、5人ほどのお客さんが出入りしました、以上。
バイト嬢、よく働く灰かぶり姫です。

言いたい放題、笑いっぱなし。
北海道人には大阪の方々が恐怖の対象でしかありません。
しかし、そうでもないなと、軌道修正を加えました。

初めて修学旅行の引率をするとき、安房先生が言ってました。
「大阪は日本一犯罪の多い危険な街です」 って。
そして、「こんな先生が生まれるのです」 なんて言われましたね。

楽しかったから、また、大阪へ行くのが楽しみになりました。
印象って大事だなと思いました。
大阪の印象は少し回復しています。

・・・あ、オレがいなくなって、大阪が良くなったのか。




ファイト!






ファイト!(126)  コメント(10) 

目くじら   [味]





オスのホッキョクグマが子グマを捕獲して、食べるという3分あまりのビデオを見た。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/022500067/
気候変動で北極圏の海氷が年々減少し、アザラシ狩りが出来ないホッキョクグマ。
追い詰められた末の、共食いであろうが、ショックではある。




ゴールドバニー - コピー.JPG

ゴールドバニー/北大植物園



函館に住んでいた頃、年の瀬の市場では必ずクジラが売られていた。
鯨のベーコンが大量に売られており、買う人も多かった。
子どもの頃、たしかに貧しい時代で、鯨の肉を食べていた記憶がある。



DSC00952.JPG


近所のスーパーで、クジラが売られていたので買った。
クジラやイルカを人間の仲間と見なし、捕獲する日本は圧力を掛けられる。
クジラとしか表記はなかったが、遠い共食いになるのかなと、少し思った。

少し思いながらも、半世紀近く前に食べた鯨は、刺身ではなかった。
なんと贅沢な行為なんだ罰当たりめ、と思いながらも、売ってるので買って食べた。
クロマグロより安かったのだが、わさびは似合わなかった。

ショウガとニンニクを試し、ショウガかなって。
柔らかくて、美味しかった。
お命いただきます、いただきました。

ちょっと考えてもオレ、菜食主義者にはなれない罰当たり者だ。
捕鯨調査船に感謝しながら、また、機会があれば、目くじら立てずに、ね。




ファイト!






ファイト!(116)  コメント(12) 

神戸製鋼のバカヤロー   [新聞から]





自分がすることを、全員がしたらと、問え。
          (ジャン=ポール・サルトル)


組織ぐるみの不正、これは外から監視してもなかなか見抜けるものではない。 しかしその不正が続いている日々に、誰も「おかしい」と思わなかったのだろうか。 資本主義が悪いのではなく、利益追求のための効率を履き違えているバカが、まだまだ管理職として指揮を執る愚かさ。

効率を上げるためには、謝罪会見や、回収作業をゼロにすることが最重要で、企業がもうちっと、正直屋さんであって貰いたいと、悲しみながら思うのである。 神戸製鋼よ、中国をバカにしていたら、小国ニッポンが沈没していくことになる。 嘆かわしい。



DSC00577.JPG

BLOW TO JAPAN'S IMAGE

アメリカ紙に書かれたこの一言、これが全てだよな。
正直と技術が売りだった日本だけれど、信用をなくす。
中国の衛生管理が悪いとか、韓国の物はすぐに壊れるとか。
そんな事実が、雲散霧消してしまう。

日本は誤魔化すからな、日本はズルイからな、日本は嘘つきだから歴史も変える。
安心、安全が売り物だったけど、どうしてくれるんだ。
しかもこれ、内部告発がなければ、まだやってたわけだからね。




DSC00949.JPG

おそらく、コカ・コーラから届いたんだけど。
当たったのかな、オレの名前だし、ちょっと嬉しい。
嬉しいから、缶珈琲を、亡くなった母のために仏壇に供えた。

母は珈琲好きだったから、いいよね。
また当たりますようにって、これは罰当たりになるのかな。
ま、いいや。




ファイト!







ファイト!(117)  コメント(7) 

ミナミを散歩   [旅]





田舎者だから、大阪へお上りさん。
見る物すべて、不思議体験である。
どうも、札幌とは勝手が違う。




DSC00839.JPG

南海電車 乗車券の自動販売機。
格安とは言わないけれど、それぞれ10円とか20円とか、安く乗車券が手に入る。
駅の改札口で買うより安いのだけど、大丈夫かなと思ってしまう。
回数券をバラして売ってるんだろうけれど、大丈夫かなと思ってしまう。




DSC00837.JPG

ドリンクの自販機でゲーム形式の、もう1本が当たるのは知っている。
大阪ならではと思ったのは、豚まんが当たると言うこと。
「当たるで!」と言うのも面白いが、当選シールで、豚まんは出てこないようだ。




DSC00836.JPG

コンビニの中の広告。
関東煮(関東だき)とは何かと尋ねられて、おでんのことだよと娘に語る。
父が子どもの頃、まだ、おでんは存在せず、関東だきだったのだ。

赤塚不二夫のおそ松くん以降、おでんが普及したのかな。
少なくとも、コンビニの店頭で売り始めて、おでんが制覇した。
逆に、今の子は、大阪でも、関東だきは通じないかも知れない。

徐々に、知らない街、大阪になっている。
大阪での17年間、住んだ3つの家は全てスクラップ。
でもまた、大阪に遊びに行こうと思っている。




ファイト!





ファイト!(123)  コメント(10) 

蟹喰われた大阪   [旅]





29℃の暑さ増す黒服の大阪から、8℃の寒さ増す半袖半ズボンの新千歳空港に昨日、着いた。 帰宅して、緊張が解けるとどっと疲れが出た。 寒い寒い長袖生活に。 腰痛も出た。 少し休む。



DSC00895.JPG

蟹喰われたんか、蟹噛まれたんか。
そう聞き取れたけれど違った。
蚊に噛まれたのかと、尋ねられたのだった。


DSC00843.JPG

大阪の方々が、蚊に刺されることを、蚊に噛まれると言うことを思い出した。
半ズボンの効果、不幸か。
29℃の快適気温で蚊が活躍し、むき出しの足を、刺しまくりますねん。

キンカン塗って、また、塗って塗って塗って塗って塗って塗って塗って塗って。
痒いし寒いし、次のステップに向けた思索を、今日はお休み。
大阪はもう住めないけれど、時々、遊びに行く街になるでしょうね。




ファイト!






ファイト!(112)  コメント(11)