So-net無料ブログ作成

樫舎(かしや)/奈良   [味]





母の告別式を終えて、長女を除く家族4人で食事をし、三女は夜行バスで筑波に帰り、残る3人は今宮に宿泊した。 翌日、墓参りに行くためだが、気落ちしているであろう父を、次女がスイーツの旅で癒してくれるという。 こういう細かい気遣いは嬉しいのだけど、・・・やっぱり嬉しい。





DSC00142.JPG


鹿たちですら日陰を探して避難する暑さ。
興福寺の境内を突っ切り、行くお目当ては、樫舎(かしや)。
和菓子のコースを予約してくれていた。



DSC00150.JPG


人気の店のようで、予約していない人は、暑い中を待っていた。
この店に関しては、1月にテレビで見て、面白そうな店だと思っていた。
次女は、父の片言隻語を聞き漏らさないでチェックしていたようである。




DSC00165.JPG


カウンター席で7人。
次女、妻、私、他のカップル4人。
およそ1時間あまり、和菓子を作りながらのトーク・ショーでもある。




DSC00162.JPG


飲み物も、和菓子に合わせて変化させている。
それぞれの器も、歴史があり、説明される。
話が面白いし。




DSC00194.JPG


和菓子職人は、味を作っているのではありません。
食感を作っているのです。
だから、素材が全てで、素材をどう見つけてくるかです。




DSC00195.JPG


ケニア産の珈琲は美味しかった。
くずやき、向こうが透かして見えるのでした。
目の前で、彼らの道具を見せ、説明しながら作るライブショー。




DSC00207.JPG


最後がこの自信の鯛もなか。
TVで見たときは、賞味期限60秒と、刺激された。
ここに至るまでの話と実演があって、やっと食す。

あっさりと上品な甘さに、野蛮なオレも、うっとり。
美味い、実に美味い、しかし、小さい。
お金を払って和菓子を「体験」する価値を感じた。




DSC00211.JPG


馬上で酒を飲む杯とかで、ほうじ茶を飲む。
下の穴に紐を通して腰にぶらさげたらしい。
かなりこだわりを持った大将だが、信念と自信の人かな。



次女のこうした旅企画も嬉しいけれど、いちばん嬉しかったのは、目の前で和菓子が作られていく様を、目を輝かせて見ている娘の顔が、私にはいちばん嬉しかった。 妻も、大いに喜んでいた。 いいトシをしてウジウジしてみっともないけれど、娘が目を輝かせているスイーツの旅が、オレをいちばん癒してくれる。


良いことばかりが続くことはないと、既に大人になって知っている。 しかしまた、きっと良い日があると信じるチカラも身についている。 「それでええねん」と、教えてくれた人がいた。 だから今日も、四十九日が終わるまで、ありがとうなんだ。




ファイト!







ファイト!(142)  コメント(15)