So-net無料ブログ作成

さびれる下町を若者と歩く   [旅]




■ 生涯労働時間 / 9万5000時間
(大学を卒業して62歳までの40年間を、休日を除き毎日10時間労働)

■ 定年後自由時間/12万5000時間
(定年退職後の63歳から82歳までの20年間、毎日17時間活動)


毎週月曜から金曜まで朝早く起きて出勤し、夜遅くに帰宅する。
その多忙な40年間よりも、定年後の自由な時間がとても長い。
そんなこと学校では教えてくれなかったけれど、自分で考えろ、だ。

定年後に気づく、時間が有限であるということ。
そしてしかも、残り時間が僅かしかないという焦りの実感。
趣味を持てと言われても、働いていた時代の趣味とは、圧倒的に違う。

現役時代と少し「大切なもの」のランキングは変わった。
1位 家族、 2位 自分の命、 3位 お金、と1位2位が入れ替わった。
自分は何をしたいんだろうと、考えることが多くなった。

長生き願望はなく、病気やケガで家族に迷惑はかけたくない。
金太郎あめのように、いつどこで終わってもオレの人生だった。
そういう身辺清掃を、また心がけるかなと、クソ暑い中で思うのだ。




DSC06784.JPG


一昨日、次女と一緒にランチと散歩と甘味を楽しんだ。
主に台東区浅草橋、および神楽坂を歩いた。
前半の台東区は、サラリーマンを除外すれば、寂しい街だと思った。




DSC06792.JPG


駅から離れると、人通りが少なくなる。
下町の長閑さが、ちょっと度が過ぎている感じがした。
下町なりの熱気がないから寂しいと、歩く者は思うのだった。




DSC06827.JPG


次女とふたりで笑った看板。
児童公園だけど、ラジオ体操会場になっていて年中無休だと。
きっとこれは児童向けではなく、お年寄りへの激励なんだろうねって。




DSC06829.JPG


門柱から玄関、建物は、どう見ても小学校のたたずまい。
児童公園に隣接しているが、おそらく校庭を公園にしたのだろう。
小学校が廃校になり、それを利用する会社があったのだろう。

都心で、小学校が必要じゃなくなるほど子供不足の台東区なんだろうな。
田舎の学校が統廃合するのではなく、都心であるがゆえに、寂しさが痛い。
そう言えば、歩いていてあまり若い人を見なかったんだよね。



ファイト!









ファイト!(82)  コメント(6) 

ファイト! 82

コメント 6

あるいる

ちょっと前に「ダーツの旅」なんてバラエティ番組のコーナーがありました。
知らない街を訪れてなかなか住民に出会えないままにトボトボ歩き続ける場面を思い出しました。
若者に出会えないのは暑さのせいと時間帯のせいかもしれません。
お年寄りは暑い日にはよほどの用事がなければ外をうろつかないでしょうし、ね。
それでも小学校が廃校になるほどに子どもの数が減っているのなら、この街の未来は寂しい限りかもしれませんし、都会の中にも過疎地ができるのかもしれませんね。
土地も家も家賃も物価も高い東京、住みたいと思っても住めない方が多いのかもしれません。
でも、家賃や物価が下がればもっと人口の集中がひどくまる一方
でしょう。
昔の人は云いました。
あちら立てればこちらが立たず。
ぜ~んぶうまく行くのは無理なのかもしれません。
小池さ~ん、ええ知恵ありますか~?です。
まったく関係ありませんが、昨日、久しぶりにテレビで小池都知事の姿を見ました。
一段と化粧が濃くなっていました。
厚化粧で誤魔化さないといけないほどにお疲れなんでしょうか。
それとも劣化が進んでしまったのでしょうか、さて。
真夏にも厚化粧で大変やなぁと、つくづくしみじみ、です。

by あるいる (2019-08-22 03:36) 

Take-Zee

おはようございます!
なるほど・・
長寿時代になってブラブラしている時間の
方が多くなっているんですね。 考えねば・・

by Take-Zee (2019-08-22 05:48) 

viviane

港区にも在りますよ
廃校となった小学校を再利用しています
昔は外資の会社のお子さんが多く、殆どアメリカンスクール状態だったのに・・・外資系企業も日本に家族では来れなくなっちゃったのかしら?
そんな事より、お隣の国に旅行に出てる大バカママもこの近くにおります 
これ以上色々云うのであれば、入国許可は出さない・入れない・排除する、徹底的にしないとダメですね
まず、パチンコ屋からなくしましょう
by viviane (2019-08-22 09:54) 

JUNKO

ラジオ体操会場なってどこにあるのだろう。一人でするよりみんなとした方が楽しいな。
by JUNKO (2019-08-22 20:32) 

kick_drive

こんばんは。去年の年末にウチの会社にいた74歳の大ベテランが
突然亡くなってしまいました。だいぶ前にその方には早く会社を辞めて遊んで暮らすことを提案しました。決して会社を辞めて欲しいわけではありません。散々働いた分遊んでいいと思うからです。しかし「自分がダメになる」と言ってずっと働いていました。結局その方は1円も年金をもらわずになくなってしまったんです。果たしてその方は自分の人生が満足だったのだろうかと。その方を思い出すと自分の将来事も考えてしまいます。

by kick_drive (2019-08-22 21:06) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

アウェイ環境にはめっきり弱い男子の定年後の過ごし方なるコラム
を読みました。趣味だのなんだという前に完全アウェイ状況に適合
できる体質を整えよというところから始まります。
富良野・美瑛を旅した時に多くの廃校を目にしました。まだまだ立
派に使える校舎を見ながら再利用の方法はないものかと、考えずに
はいられませんでした。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2019-08-22 22:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。