So-net無料ブログ作成

「思い出のバラ」   [むかし噺]




片思いはいつでも一方的なもの。
それが明確に「気持ち悪い」と指摘されるようになった。
そしてストーカーと呼ばれるようになった。




AA4I2413.JPG


かつて片思いは、悶々とするものだった。
思いが叶わぬ心の痛み、思い起こせばあざだらけ。
どれだけ世の花から花びらをむしり取ったことか。




AA4I2433.JPG


13歳の時のそれが恋だと知ったのは4年後。
『小さな恋のメロディー』を見てからであった。
角のパン屋の前にある赤電話で2時間も話す休日。

当時は、市内なら10円で何時間も電話を掛けられた。
携帯電話のない時代、抑圧される反動は心をけしかける。
スタンダールの『恋愛論』に言う結晶作用と知るのは5年後。




AA4I2484.JPG


「もしも君がある目的地に向かって歩みだしながら、途中、足を止め、自分に吠えかかる犬の1匹1匹に石を投げつけていたら、とても目的地には辿りつけない。」 (『作家の日記』 ドストエフスキー)


恋多き少年は単に「愛情乞食」だったのかもしれない。
目的地にたどり着くこともできず、破滅することもなかった。
そしてたくさんの、切なさの記憶は残してきた。




AA4I2493.JPG


僕はいま妻のストーカー。
妻、三姉妹という目的地に辿り着いている。
じゅうぶんに幸せなくせ、薔薇に魅了されている。



ファイト!




ファイト!(89)  コメント(8) 

ファイト! 89

コメント 8

あるいる

自分のココロをコントロールするのがとても難しくて、この不思議な気持ちはなんやねんと思いながら、4年後に映画を観て恋だと気づく。
恋から生まれる不思議なココロの動きや行動を知るのはそれから5年後のこと。
ヘレンケラーさんがすべてのモノには名前があるのを水をとおして知り、知識欲が芽生えるように、少年は恋を通して人生を学んで行くのでした。
トリュフォーの映画「突然炎のごとく」や「恋のエチュード」でオトナのレンアイに憧れた映画少年は背伸びしながら片想いの道をとぼとぼ歩くのでした。
今は昔、です。
目的地に辿り着いた少年にはしあわせを確認するために薔薇があるのかもしれませんよ。
恋を知り愛を知り家族を知った少年は薔薇に魅了されても、自分を見失うことはないのですよ。
恋も愛も生きる喜びです。
今日の気分は4枚目のオレンジ色の薔薇が一番好きですね。
暗い背景の中に、光を浴びて自己主張していますよ。
自己主張、僕には足らないもののひとつです。
と、今朝もないものねだりでした。
片想いの時代からず~っと、ないものねだりをし続けているようですよ。


by あるいる (2019-05-13 04:06) 

muk

私も高校生の時他校の女生徒と長電話をしていて、家族に叱られました。
by muk (2019-05-13 06:20) 

kazu-kun2626

バラが素敵に撮れてますね~
by kazu-kun2626 (2019-05-13 07:29) 

Take-Zee

こんにちは!
奥さんにつきまとってもストーカーが成立する
そうですね・・
 今の時代、何しても罪になる可能性があります。
気をつけましょう・・
 私は妻から”ワシも族”と言われています・・
何処に行くにも、何をするにも”ワシも・・”と付いて
いく部族だそうです。

by Take-Zee (2019-05-13 08:21) 

yoko-minato

薔薇の写真が素敵ですね~。
薔薇の色はやはりどれも好きで
選べませんね。
片思い・・・誰にでもありますよね。
ほろ苦い思い出・・・
by yoko-minato (2019-05-13 09:12) 

いろは

こんにちは^^
真っ白な薔薇は奥様ですね(^^)
純粋、無垢、清楚、素敵です♪
by いろは (2019-05-13 15:56) 

JUNKO

お花の撮影、めきめき腕を上がていますね。素晴らしいです。
by JUNKO (2019-05-13 16:35) 

snow

「思い出のバラ」
えぇ 片思い 気持ち悪い ストーカー
僕のこと? って思ってしまった(笑)

バラひとつずつ丁寧に撮られてますね
思ったことコメントすると
上から目線に勘違いされてしまいますかね

よし 次はもっと集中して
バラ撮るぞ
「幸せのバラ」(^^)/

by snow (2019-05-13 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。