So-net無料ブログ作成

ひとつの終止符   [@真いか]




21年という時間はとても長いものだと思う。
次女が函館で水泳を始めたのは3歳だったろうか、それから21年。
昨日、やっとのことで、次女が水泳を「卒業」した。

「選手コース」に入ってから16年という時間の中で、遅咲きではあったが花も咲かせた。
花は桜木、人は武士。
精根尽くして颯爽と、なお笑顔で競技生活を終えた。



DSC07106.JPG

この背中も見納めだった。
私自身、涙が出ることもなく、その楽しそうな泳ぎを見ることができた。
塩素くさい、このジュニア中心の地方大会だが、もうこの会場に来ることもあるまい。





DSC07008.JPG

辞めることがわかっていたので、チームジャージは購入していない。
もう着る物もないので、国体用のジャージや水着を使っていた。
そう言えば、国体も10年連続で代表だったし、先頭を行く辛さも背負っていたのだろう。
孤影はもちろん寂しそうだが、凜として、肩の力が抜けた、おだやかな表情だった。





DSC07068.JPG

混合リレーは自ら率先して、出ようと、所属チームに声をかけたようだ。
大学3年次のインカレで400、800リレーで表彰台の中央に立った笑顔は美しかった。
彼女自身、「チーム」を感じる瞬間を好んだのだから、リレーで競技を終えたかったのだろう。

やはり彼女のレースで、会場がどよめくことはもうなかった。
しかし、終わるときにはそれで良いのだと思う。
そして、いろんな終わり方があって、次女にはこれが似合うのだった。

いま、まさに、引き継ぎの準備に入るその瞬間、アドレナリンが放出される。



しみじみと、ファイト!




ファイト!(107)  コメント(3)  トラックバック(0) 

ファイト! 107

コメント 3

hatumi30331

笑顔で終わることができて、よかったね。(*^▽^*)
スカートはいて、お出掛け…
今までとチョビット違う世界が見えて来るかもね。

by hatumi30331 (2015-11-16 07:46) 

旅爺さん

水泳が終わったお嬢様の次の言葉は・・・・
「お父様長い間お世話になりました」が近そうですね。笑
by 旅爺さん (2015-11-16 10:30) 

あるいる

「ひとつ」が終わりましたか。
水泳時代に終止符を打ち、次の時代につなぐ。
リレーなのかマラソンなのか、それとも近代五種なのか。
いろいろな例えは出来たとしてもどれもこれもオリジナル・ワン。
まだまだ道は長く繋がっています。
この肩に、次はなにを背負い込むのでしょうか。
笑顔で背負ってほしいものですと、ちょっと応援。


by あるいる (2015-11-17 03:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0