So-net無料ブログ作成

10月   [@真いか]




10月が始まる
次女の朝練は、酔狂で私が送ることにした。


DSC00060.JPG


やりたくても、もうすぐ練習への送迎は出来なくなる。
送ったあと、昨日の職場検診で飲んだバリウムを、まだ排泄していないような気がした。
いちど気にすると、気になって仕方はないが、月が出ていたから先にベランダ撮影。
データによると撮影日は、2015‎年‎10‎月‎1‎日、‏‎5:37:12。





10月になった
次女が競泳生活に終止符を打つまで、あと1ヶ月半。


DSC05847.JPG


ぷかぷかぷか~り
若奥様次女は練習終わりのクールダウンで、ラッコスタイルが気持ちイイと言う。
さぞかし疲れたでしょう。
ぷかぷかぷか~り、ぷかぷか。





9月のことだった
私が目の前に見る最後の、次女の全国大会だった。


DSC00062.JPGDSC08931.JPG


10年連続、国体競泳の北海道代表で泳いだ。
インチキなし一発勝負の厳しい世界、奇跡が起きることなどないと、分かっていた。
何もないまま、ただ予選を泳いで、それで終わった。
娘は穏やかな顔をしていた。





いつでもアップの時だった
参加者のほとんど全員が泳ぐ中に娘を発見する、容易ではない努力。


DSC06046.JPG


次女の泳ぐフォームは美しく、見つけ出すことが楽しみだった。
少なくとも北海道では大きい存在だった。
もうすぐ競泳生活の全てが終わる。
時にはオリンピックも夢見た、20年という競泳生活が幕を閉じる。





切なく強気に笑顔があった
苦しい時間ばかり突きつけられもしたが、もうすぐだから笑顔で終わらせたい。


無題-スキャンされた画像-57.jpg04606434-1.jpg


2009年の国体では表彰台に上ることが出来たし、タッチの差だっただけに昂奮したさ。
4位は泣きたくなるほどたくさんあって、いつも苦しんでいた娘。
純粋に、速くなりたかった娘を、伸ばしきれなかった指導者を、誰も恨みはしないだろう。
出会いに感謝しながら、自分の不運ですら、かみ殺してきたはずだ。

2010/03/28  54秒60  短水路 日本高校新 (100m 自由形)
このタイムは決勝ではなくB決勝で出したので、表彰台ではなく、飛び込み台で表彰された。
お笑いのような話だが、個人種目では、表彰台の中央に立つことはなかった。
3年後に現在の日本記録保持者に1秒以上縮めて破られ、露と消えた。



昨日、鹿児島へ帰った三女に32GBのUSBを渡した。
生まれてからの写真だけを入れて渡したが、さてさて、次女様。
次女は三女よりさらに泳ぐ写真が多く、画素を落とさずコピーすれば、32GBでは不足かな。

いずれ、家族の写真を精選、整理しなければならない。
大切な大切な娘の写真は、もちろん、たくさんある。
あーあって、溜め息をついてはいけない。
苦しかったのは娘なんだし、よく耐えて頑張った。

彼女の大会はあと3つ。
ちょうど1ヶ月半後の、札幌の大会で終わる。
もやもやした怒りも封じ込めて、きっと笑顔の娘を応援しながら、前を向く。



ファイト!












ファイト!(115)  コメント(5)  トラックバック(0) 

ファイト! 115

コメント 5

hatumi30331

今日は押し逃げです。
串カツ美味しかったよ!^^
by hatumi30331 (2015-10-01 15:12) 

zakimaro

笑えるラーメンブログを書いております(^^)

よかったらよろしくお願いします!

http://zakimaro.blog.so-net.ne.jp
by zakimaro (2015-10-01 16:04) 

JUNKO

今日はなんだか胸がじんとして涙が出そうになりました。tommy88さんの万感お思いが伝わってきます。
by JUNKO (2015-10-01 20:30) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ピラミッドの頂点には到達できずとも、もう既に充分な足跡を残されて
きたのですから、この新たなターンのあとがますます楽しみなのでは
ないでしょうか。何処の世界でもタラレバは禁物ですが、後年そのタラ
レバで再び悔しい思いに掻き立てられ、発奮材料として己のキャリアに
取り込んでいければきっと強い味方になってくれるはずです。
今回のW杯をTVで観戦したり旧友に会ったりして30数年振りのラグビー
タラレバをやってしまった私です。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2015-10-01 21:54) 

あるいる

予選を泳いで終わられた次女さんのおだやかな顔。
切なく強気に笑顔があったことも含めて、アスリートではない僕にも想像力の欠片はあるようです。
サラリーマンも結果を求められ、求められた結果を越えようと絶えることのない努力を自分に課して続けて行く部分は同じかもしれません。
努力しながらもできるだけ笑顔でいたい、そう思う今日この頃です。
まったく関係ありませんが、tommy88 さんのこのブログの右下にあった動画へ飛ぶ小さなシルシがいつのまにかなくなっていました。
前向きへの証なのでしょうか。

by あるいる (2015-10-02 04:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0