So-net無料ブログ作成

『 翔ぶが如く (十) 』   [司馬遼太郎]




今日は函館でお誕生会をする、と言って飲む。
一昨日誕生日だった男友人と、元祖乙女座会である。


DSC05549.JPG

なかなか読み進められなかったのには、理由がある。
作品の中にある気分と、どうしようもない機構へのもどかしさ、だと思う。
そのことを、司馬氏の9頁にわたる「書き終えて」を読んで、理由が分かった気がしている。

p357
「私ども役人は、明治政府が遺した物と考え方を守ってゆく立場です」
 という意味のことをいわれた私は、日本の政府について薄ぼんやりした考え方しか持っていない。そういう油断の横面を不意になぐられたような気がした。私は、兵隊にとられている間じゅう、日本の国というものについていまなお言いあらわしようのない疑問を持っていたが、敗戦後、戦後社会がやってきたとき、ひどく明るい世界に出たような気がし、敗戦を、結果として革命と同質のものとして理解する気分にとりつかれた。いまでもその気持が変わらないが、よく考えてみると、敗戦でつぶされたのは陸海軍の諸機構と内務省だけであった。追われた官吏も軍人だけで、内務省官吏は官にのこり、他の省はことごとく残された。
 機構の思想も、官僚としての意識も、当然ながら残った。太政官からすこしも変わっていません、というのは、おどろくに値しないほど平凡な事実なのである。





『 翔ぶが如く (十) 』 司馬遼太郎/文春文庫(2002年6月10日 新装第1刷)
10.jpg

p45
 薩軍は、軍資金で窮迫していた。
 高山手記に、薩軍がいわゆる「西郷札」という不換紙幣を発行しはじめたことに触れている。
「又、新ニ貨幣ヲ製シ、之ヲ布ク。之ヲ西郷札ト云フ」
 紙幣発行の当初から「西郷札」といわれていたことがわかる。あるいは、宮崎町の軍務所が積極的に西郷札という呼称を流布したのかもしれず、おそらくそうであろう。


p50
「薩人は女。長人は銭」
 と、旧幕臣の勝海舟が、この二つの閥の弱点について語ったことがある。
 薩摩の武士教育は、武士としての生死の哲学と勇怯の哲学において世界に比類なくきびしかったが、しかし通気孔をつくるように、女色に対する窓だけは開放して、伝統的に寛容だった。この点、武士的倫理の全般にやかましかった会津の教育とは相違している。
 

p173
「いま何時ごわす」
 桐野がきくと、西郷が時計をもっていなかった。桐野がおどろいてわけをきくと、うしなった、という。桐野はさらに驚き、いまからさがさせます、といったが、西郷は大いに笑って、拾った者にやろう、と言い、執着がなさそうだった。この一言が桐野を昂奮させ、、桐野はさがしにゆこうとした。
 ところがすでに拾った者がいて、それを届けにきた。所有は、その者に帰した。ところが桐野はその者を追っかけて行って、
「それを売ってくれ」としつこく頼み、ついに五十円という大金でもって買いとった。そのことが、右の『大西郷画集』に出ている。


p300
「御免なって賜(た)も」
 というや、別府の刀が白く一閃して西郷の首が地上に落ちた。



司馬氏は「書き終えて」という文章を次のように締めている。
 この作品では、最初から最後まで、西郷自身も気づいていた西郷という虚像が歩いている。それを怖れる側、それをかつぐ側、あるいはそれに希望を託する側など、無数の人間現象が登場するが、主人公は要するに西郷という虚像である。虚像と対立する側や虚像の周辺をしらべてゆくうちに、私自身の中で、大小の驚きが連続した。ついに私自身が驚くために書いているような奇妙な気持さえ持った。書きはじめて四年数ヶ月という永い歳月をついやしたが、その実感はない。驚いているうちについつい終わってしまったというぼう然とした気持の中に、いま居る。       1976(昭和51)年九月/1972年(昭和47年)1月から1976年(昭和51年)9月にかけ、「毎日新聞」朝刊に連載
  [メモ] テロリスト桐野利秋、陰謀家の川路利良、






DSC05587.JPG

昨夜は、もう後戻りの出来ない年になったねと、誕生日イブってことだった。
長女が焼いてくれた「100%PAIN」がおしかった。本場フランス風焼き加減の上出来だった。
ブロッコリーの温スープが、あったかいんだから。

今日は山を二つ越えて、函館にて、男子会+家族交流。

飲んで酔い、来週からリバウンド阻止。 ファイト!





ファイト!(100)  コメント(5)  トラックバック(0) 

ファイト! 100

コメント 5

hatumi30331

今日は乙女座会?可愛い感じが・・・似合ってる!?って
言われても・・・まんざらでもなくなった年になったんちゃう?
なんてね。へへ;
肩の力が抜けて来る年齢ですからね。
受け皿広く深くなると・・・
偏らず、楽しい事を見つけることができるかもね。
今からの夢・・・
きっと叶えてね。^^

昨日も、美味しいご飯で美味しいお酒・・・
その日の終わりには最高やね。^^
by hatumi30331 (2015-08-29 09:27) 

あるいる

誕生日おめでとうございます。
一年の経つのがなんと早く感じることでしょうか。
どんどん早く過ぎ去って行くように感じられ気がつくと年だけが積み重なり、僕は置き去りにされたままで途方に暮れてしまっているような不思議な感覚になることもあります。
中身が年齢に達していないアンバランスおやじ度が、年々度数を上げて行くようです。
困ったおっさんの僕ですよ。
後戻りはできないし、やり直しもきかないのがオヤジ年齢なのかもしれませんが、多少の体重リバウンドならものともしないですぐに元に戻せるコトでしょう。
ぼちぼち参りましょう。
マイペースが許される年代になって来たのですから。


by あるいる (2015-08-29 15:57) 

JUNKO

お誕生日おめでとうございます。乙女座ってほんとうですか。信じれなない!
by JUNKO (2015-08-29 20:12) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

お誕生日おめでとうございます。
家を離れて祝うのもまた趣が違って格別なものとなりそうですね。
キリット冷えた大好物の白より熱燗がうけそうな天候ですが、いかが
でしたでしょうか?
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2015-08-29 21:12) 

youzi

お誕生日おめでとうございます。
by youzi (2015-08-30 10:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0