So-net無料ブログ作成

休養でなく休憩   [日常]




天気晴朗なれど足痛し、遠出せず。
完全休憩の月曜だったが、まあ宜しい。




金曜の遠征帰りにね江戸川の土手で自損事故。
後ろから来た作業用のトラックに道を譲ろうと左に寄って止まった。
左足をついて、右足をペダルに強く載せてしまった、電動自転車。

足を痛めたかな.JPG

恐怖の急発進を体験し、痛いのなんの、笑うしかなかった。
帰宅し、あまりに腫れるので写真を撮った。
傷口が染みるので「冷えピタ」「熱さまシート」を貼る。

お陰様でと言うかご先祖様、腫れは引き、生きていける。
反応の鈍さは老いたという証だろうと自覚して、慎重派。
疲れをとる休憩日を意識的に取った。




ハハハ母の日.JPG

日曜日は母の日だった。
妻は学生時代の友人と、銀座でランチ。
私は、妻との夕ご飯と飲み会の準備を楽しんだ。




レンチンバー.JPG

この家のカウンターキッチンを見た時からやりたかった。
妻が客で、私が店長、晩御飯を提供し酒を注ぎ、おつまみを作って出す。
温めなおす時間を使って、妻をナンパする、キレイだねって。

・ひじきと焦がしチクワの炊き込みご飯
・めんつゆを使った大根と絹ごし厚揚げの煮物
・アスパラとシラスのおひたし
・アスパラとベーコンのバター炒め
・がんもとタケノコの煮物
・鶏むね肉の塩昆布マヨネーズ和え

どれも美味しいと高評価を得て満足した。
食前酒として用意したサングリアを飲み過ぎた妻は、酔いが速かった。
白ワインも好評だったが、私のナンパで悪酔いしたようだった。




小岩菖蒲園.JPG


また機会を改めて妻をナンパしようと思う。
毎日ずっと一緒にいるので鬱陶しがられないように、適度に攻める。
その言葉を磨かなくてはと思い、開放講座に応募した。




ファイト!






ファイト!(129)  コメント(18) 

浅草の甘味と談笑に葡萄酒道中   [旅]




以前、次女から土曜日は暇かと問われ、即答した、暇だ。
それで一昨日、次女と浅草で待ち合わせた。
うっかり土曜日を忘れて出向き、その混雑ぶりに驚き、田舎者となる。




AA4I5423.JPG


変わった空の雲が出ていることを意識した。
何らかの気象現象かもしれないが、その名残がまだツリーの向こうにあった。
今のところ大地震も、大雷も何もないので気にしない。




AA4I5375.JPG


知覧鶏とおでんが有名な店へランチ方々飲みに行く。
次女の奢りだと言い、予約してあった。
次女の奢りでもメニューを見て、お父さんは控えめに。

酒と焼酎のレパートリーが多い中、赤ワインのボトル注文。
次女は夕方から水泳の個人レッスンがあるので、水のみ飲み。
途中で社長が他店からあいさつに来たのは驚いた。




AA4I5398.JPG


娘の顔を立てて、ごち。
ランチ飲みの前のスィーツは、実に美味かった。
茶和々の抹茶わらび餅が美味いので、妻にお土産とした。

土曜、妻は本八幡駅前のリラックス・マッサージに招待され。
その後、三女とスィーツ食べ放題に行ってるのだから、お土産もどうかと思いつつ。
それでも持ち帰ると喜んでくれたね。

ランチ飲みの後のスィーツは、梅園の「あわぜんざい」、オレには向かなかった。
ものすごい混雑ぶりに、呼吸が苦しくなるくらいだった。
あたりも外れもあってそれで良し。




ファイト!






ファイト!(127)  コメント(9) 

レンチン・バー 問われる6品の味   [味]




金曜日、2kさんに探鳥(?)に連れてってもらった。
それは楽しいひと時だった。
ムクドリを保険適用せずとも、コアジサシも写せたし、良かった。

日曜どうするの? と言われて即答したのは。
妻に捧げます、と。
妻は、亡くなった母と同姓同名で、まあ、母の日ってことかな。




AA4I4916.JPG

すでにコアジサシであると、昨日、認識した。
小さなアジでも突き刺すのだろう。
コアジサシ




AA4I4917.JPG

ツバメのように俊敏で、滑空姿勢はかっこいい。
高い位置で一瞬ホバリングし、水面に猛スピードで落下する。
その時のシブキの跳ね返りが、ちょっとカッコイイ。
全力でやってるって猛アピールみたい。




AA4I5105.JPG

メスが浮島で待っていて、彼女は待つだけ、エライのよ。
オスは戦利品を誇らしげにくわえて、飛ぶ、飛ぶ、飛ぶ。
けなげな鳥ではないかと思う。




AA4I5106.JPG

ひたすら繰り返して、自分は食わずに捧げ続ける貢ぐクン。
でも、結婚したら急に運ばなくなるのかな。
それは良くないよと、良き夫は言い。




AA4I4530.JPG

白いバラの花ことばを、今日も妻に捧げる。
そして妻には母の日、引っ越して初めての『レンチン・バー』オープン。
カウンターキッチンを使って、妻がゲスト、オレは板さん。

6品は作って差し上げたい。
料理に合わせて飲み物も考えるの。
一日かけて、レンチン・バー開業の準備だわ。




ファイト!







ファイト!(132)  コメント(14) 

デビュー戦は大人しく虫色に   [趣味]





もしかしたら疲れているのかもしれない。
もっと肉を食べなくっちゃ。
田舎者と笑われてしまう。



椋鳥と人に呼ばるる寒さかな (小林一茶)



昨日はね、楽しかった。
でもね、もしかしたら疲れたかもしれない。
野鳥撮影にて、600㎜と三脚のデビュー戦だったが、次回こそ。




1むくどりですが何か.JPG

椋鳥(ムクドリ)も野鳥だよと、保険をかけて写しておく。
教え子が「そのうち、虫なども撮っていただけると面白いのですが」と言い。
虫を写したぞと、恩師ぶって言ふもをかし。




2虫がご要望ですか.JPG

虫とは何かという問題もあるが、これも虫とし。
野鳥を撮りに来たくせに、お手軽に近場で保険を掛ける。
それもまたよし、オーケーパット。




3虫を取って進ぜよう.JPG

野鳥を撮りに来たんだけどね、同伴者は電話で誰かとお話し中だし。
飛ぶということで、広域解釈し、これもまたよろし。
まだ三脚のセットはしていない。




4虫ですが何か.JPG

イトトンボだとは思うのですが、虫。
野鳥を撮りに来たのは、誰だ。
それでも水元公園は楽しい野鳥、虫、花、ベビーカー押すママ、盛りだくさん。




5野鳥も撮った.JPG

三脚を立てて写したが楽しかった。
カメラの上に、借りた照準器みたいなものを付けて連射。
毎秒8コマの連射は、ゲームセンター並み。

ツバメみたいな動きのこの無名の鳥を連射で追う。
無っ茶苦茶、楽しいのでおますが、家に帰って1000枚近く消す疲れ。
空だけとか、ピンボケだらけに、羽根の先しか映ってなかったり。

それでも3割近い成功率でした。
この無名の鳥は、浮き島でジッと待つメスに餌を運んでくるのでした。
急降下し、水中から魚をくわえて来る姿、シビレましたね、オレみたいって。




ファイト!






ファイト!(128)  コメント(10) 

小さな奇跡   [TV]




二日続けて雨が降ると、さすがに「冷え込む」と言っていい肌寒さ。
長袖・長ズボンで過ごしてしまったが、敗北感がある。
昨日、雨上がりの夕刻、橋を渡って「小岩菖蒲園」に行った。




AA4I4446.JPG


まだ早すぎて、カラスしかいなかった。
それでも季節の動きは感じることができる。
いちどに春や夏が襲い過ぎ去っていく北海道とは違う。



AA4I4460.JPG


当たり前のことなのだろうが、少しずつ、季節が変化していく。
おそらく四季が、およそ均等に配分されているのだろう。
北海道とのズレに戸惑いながらも、楽しんでいる。



AA4I4473.JPG


マツコの番組で、性格とか心理の話。
まず四字熟語を思い浮かべ書けと言い、私は「神出鬼没」と書いた。
そのあと、もう一つ四字熟語を書けと言い、私は「快刀乱麻」と書いた。

それぞれの種明かしをし、マツコが、やだぁあたし、などと言っていた。
マツコは確か始めに、「酒池肉林」と書いた。
次に書いたのは確か、「阿鼻叫喚」だったと思う。



AA4I4488.JPG


四字熟語の始めに書いた方が、その人の人生観を表すと言う。
そして次に書いた方は、その人の恋愛観を表すと言っていた。
「神出鬼没」という人生観に、「快刀乱麻」という恋愛観、へぇー。

そんなことよりも。
昨日妻がやけに笑顔で、あるいるさんのコメント見た? と言う。
え、なんで? マツコと一緒。

返答のしようがなかったけれど、きっと人生の苦労がそうさせたのでしょうか。
あるいは、奇跡的に何かのお告げだったのでしょうか。
山ほどある四字熟語の中から2つの順もマッチさせた奇跡、ジャンボを感じます。


本日は人生初の野鳥観察。
かなり緊張しています。




ファイト!










ファイト!(116)  コメント(12) 

ブタがおだてられたぜ   [勉強]





お褒めの言葉をいただいた。
勝手に自分ではそうとらえ、ウシシとニヤけるのだ。
教え子のメールをそう読んで、これからも、脳天気に行く。




AA4I4030.JPG


話は変わります。
先生のブログ、すっかり景色が変わりました。
悪い意味ではなく、当たり前ですが季節感というか時期にずれを
感じます。
また、見たことのない風景など新鮮です。
しかも、マクロが来ました。(笑)
そのうち、虫なども撮っていただけると面白いのですが
先生は虫苦手っぽいですね。(笑)




AA4I4060.JPG


何人かの方から写真が「変わった」と言われ、やっぱり Canon だなと思った。
高いだけあって、「一生もん」やなと思う。
信頼する人から与えられた選択肢の中から選んだカメラ、良かったぁ~。




AA4I4061.JPG


足元には、150-600㎜もあり、明日が出番かな。
これは一人でもチャレンジするぞって、気合が空回り。
TELE CONVERTER も持参して、少しだけ深みさん。




AA4I4073.JPG


昨日、性格判断か心理分析の問題があって、やった。
四字熟語を書けと言い、「神出鬼没」と書いた。
書き終わったら、もう一つ書けと言われ、「快刀乱麻」と書いた。

何を表すかその後言われるのだが、興味深い話だった。
その話は明日書くので、娘よ、キミもメモしておきたまえ。
って、テレビ見た人は知ってる話。




AA4I4119.JPG


東京に移って来て良かったなと、どさくさに紛れて書く。

東京フリーきっぷが、隣駅の本八幡から使用可能で1590円。
都営地下鉄、都バス、都電荒川線、東京メトロ(全線)、JR線(都区内)
これらを1日に何回でも乗車可能。

今月中にこれは体験しちゃおうって積極策。

来月からは「いちかわ市民アカデミー講座」に参加だし。
毎月の土曜に1回、「これからの安心・安全」10講座。
和洋女子大学コースを選んだのは、セクハラじゃないぞ。




ファイト!






ファイト!(119)  コメント(8) 

とりとめもない時間   [旅]





女性の平均寿命と人工関節の耐久年数を考える。
そこで妻が手術する年がまだ先だとなる。
そして歩く距離や時間が増えると、妻は立っていられなくなる。

だから本当は、一人で私は出歩かねばならないのだけど。
それでも一緒に居たいから、つい誘ってしまう。
あとで悪いことしたなって、反省モードに入るオレ。

雨が続きそうだったから、日曜に妻を誘ったのだ。
そして、雨が降り出すと、妻は言う。
一日中、家の中にいるのも良くないわね、と。




AA4I3944.JPG


妻はゆっくりと先を歩いていく。
私は木々の葉を見上げて写真を撮る。
小走りで追いついて話しかける。




AA4I3953.JPG


見るからに野鳥が歩いている。
スマホを構えてたくさんの人が写している。
妻は気にもせず先へ行き、バラ園へと向かった。




AA4I3973.JPG


いわゆる老夫婦が、奥様を薔薇の前に立たせて写真を撮っている。
私は効果的に、ずっと離れた所から薔薇を背景に妻を撮る。
ファインダーの中で妻の笑顔が弾けて静止した。




AA4I3982.JPG


私この花が好き。
そう言ってポケットカメラを構える妻。
リケジョだから、好きな花はこれ、写ればいいようだ。




AA4I4137.JPG


これは、野鳥ではないと思う。
円山動物園でも見たが、室内で見たのだった。
随分と私たちも南下したものだと、実感する。


とりとめもない時間の共有を、大切にしたいと思う。




ファイト!





ファイト!(122)  コメント(15) 

いずれアヤメかカキツバタ   [旅]





江戸川の土手を遡って走る。
市川橋を渡り小岩側で河川敷に降りる。
10㎞あまり走ると千葉側は松戸を過ぎる。

再び土手に上がる。
細い橋を渡ると、水元公園がある。

東京都葛飾区にある水元公園。
面積が76.7haあり、ディズニーランドの約1.4倍だと言う。
雨が来る前に昨日、電動自転車の力を借りて公園内を走り回った。




AA4I4242.JPG


いずれが菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)   いずれもすぐれていて選択に迷うことのたとえ。「いずれ菖蒲か杜若」とも。 ともに似ていて区別がつけがたいことから。/明鏡国語辞典

こういうのって「男目線」と言うのだろうか。
おそらく女性が考え、言いだした言葉ではないな。




AA4I4251.JPG


広い水元公園を走っていて思った。
涼亭という天婦羅と蕎麦の店近くを走ると、ポプラ並木がある。
北大構内でいつも普通にあったポプラ並木が、ここにもあり驚いた。




AA4I4263.JPG


どっちにしようかという迷いは、あまりない人生だった。
勢いだけで来たので、いずれアヤメかカキツバタと逡巡したことはない。
考えてみればピンチだらけで、直感でここまで来た人生に過ぎないのか。




AA4I4268.JPG


公園内を走っていると、ちょっとした森もあり、カラスがいて怖かった。
茂みの中にしゃがんで三脚を据えている人たちがいた。
オレ、こんな世界に足は踏み入れられないなぁと思う。

虫が怖いし、いつでも半袖半ズボンだからね。
それでも今週は、野鳥写真デビューが控えている。
せっかくの機会だから気合を入れる。




ファイト!






ファイト!(123)  コメント(11) 

市川動植物園   [旅]





昨日、天気が良いうちに遊びましょ。
妻を誘って自転車で、市川動植物園に行った。
片道およそ10㎞の旅、颯爽と。




AA4I4003.JPG



考えてみたら連休最終日。
子供連れの家族が多くて、少し驚いた。
ベビーカーが主役なので、遠慮気味に行動した。




AA4I4084.JPG



なんだか動物が少ないね、円山動物園の方が圧倒的に大きいな。
札幌の時と比較して言うと、妻にたしなめられた。
動物に期待しちゃダメよ、動植物園なんだから動物園とは違うのよ。




AA4I3991.JPG



薔薇園で花に囲まれた妻を写してアラーキー。
暑さで動物はグッタリして、全員がナマケモノになっていた。
コンクリートの猿山は、さながら灼熱地帯であろう。




AA4I4088.JPG



視線が合うと野生を感じ、ちょっと引いてしまう。
キーっ、何メンチ切っとんねん、われ。
おら、アホぼけカス、お前の母ちゃん出べそ、etc. 。




AA4I4094.JPG



函館植物園のサルは冬に温泉につかり、ウットリ目をする。
ここはどうでしょうか。
耳かきならすぐに寝ちゃいそうなボク。

暑かったけれど、たくさん筋肉を使ったぞ。
まあオレだけ年間パスポートにしたから、通うぞ。
と言っても、月に1回くらいが限界かな。




ファイト!






ファイト!(122)  コメント(12) 

こどもの日だったね   [日常]





お天気が良くて心地の良い昨日は、こどもの日。
次女が先日言ってたのは、いつも合宿最終日で、キツイ思い出しかないと。
そう言えば、サッカー部顧問時代のオレは遠征か試合に明け暮れてたし。




AA4I3385.JPG



ある意味で、実にのんびりと暮らせる今は、子どものいない、こどもの日。
それでも来客があればそれを理由に飲み、関係はないかな。
もしずっと、こどもの日をわが子と一緒に過ごしていたら、今は喪失感だろうか。




AA4I3400.JPG



三姉妹だったから、恋のぼりしか興味はなかったか。
ひな祭りはちゃんと積極的に妻が仕切っていたが、こどもの日は、さて。
オレは、イチゴのショートケーキを買って帰るくらいしかしていない。




AA4I3456.JPG



国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条では、
こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
と規定されている。

母に感謝するこどもの日とは、主役は誰よ。
ジェンダーに神経をとがらせ、ハラスメントで騒ぐ現代。
70年近く前の、何と進んだレディーファーストか。

オレは、母を失えば義母に、そしていつでも妻に感謝している。
言葉にできないけど、感謝している。
そんな自分が、好き。




ファイト!









ファイト!(129)  コメント(5)