So-net無料ブログ作成
検索選択
笑われ噺 ブログトップ

携帯紛失   [笑われ噺]




波乱含みの中で泰然自若のS様

先日、携帯電話がないことに気付き、妻に探してもらいましたが見つからず、いよいよ焦るかと思ったら、意外にも気にならず、解約しようと決めました。なくてもあまり不自由を感じないから、まあいいかな、と思ったわけです。そういうノンビリモード、マナーモードです。

まずは、妻に通話停止にしてもらい、しばらく放置していましたら、コートの内ポケットにありました。寒くなってきたから厚手のコートに変えたから、要は習慣が変わり、ちょっとした記憶喪失でしょうか。見つかったから、また持ち歩いているわけで、復活。

しかし、復活しても鞄に入れっぱなしなので、休日は、よほどのことがなければ見ることもなく、返信が遅れた言い訳です。

この休日は「原油安がなぜ起きるのか」「原油安が世界に及ぼす影響」について勉強しました。理解できましたが、まだ、メモなしで生徒に語れるまでにはなっておらず、さらに復習が必要です。

今日は楽しいセンター自己採点ですね。美しい結果が期待されます。

今年も機会あらば、遊びましょう。今年は、さすがに私からは誘えません。拙宅でも外でも、誰が来ても来なくてもオーケーです。時間と金を考えたら、拙宅がいいとは思いますが。ポットラックパーティーでもいいし。

ちなみに1月24日はバイトの面接。また、2月18日から21日までは「東京スィーツ再び」の旅に出るので不在ですが、あとは常に暇人です。

また、いずれ。
負けないT


DSC09986.JPG




餓鬼のランチ

DSC09964.JPGDSC09969.JPG

2週間ほど前のことだけど、妻、次女の3人で、市川のNIKKE COLTONPLAZA近くにあるファミレスで昼食を食べた。メインで何を食べたかはもう忘れてしまったが、サラダバーが気に入ってしまったのだ。珍しくもオクラがあり、ここ数年で好物となっているので、モリモリ食べたのである。

向かいに座る次女を見ると、これだ。私が大嫌いな干し葡萄を、これまたモリモリ食べているのである。鉄分不足で一昨年あたりに倒れてしまった次女だから、鉄分補給に良いのかも知れないけれど、私は干し葡萄だけは子どもの頃からずっと食べられない物で、次女はよくまあこんだけ食いよるなと、呆れるのだった。



本日の爆弾低気圧、電車を止めることがないように乞う。



ファイト!




何度目の最後か   [笑われ噺]




恥ずかしいことがある。
去年の9月、家族5人で食事をするのもこれが最後かなと、しみじみ思った。
それが12月には、博多で5人が集まり、健康食の店で夕食をとったのだが、恥ずかしかった。
そしてそれが最後かと思ったら・・・、もう言わない。

3月に次女が大学院を1年残し、拠点を鹿児島から北海道に移し、人生の模索を始めた。
5月に長女の独逸留学が決まり、運転免許を取るのだしと、札幌に3ヶ月の帰省をしている。
今夜、三女が不調からの脱却という、もがきの一環で帰省し、6日間滞在する。
なんてこった、感傷的だった自分の妄想を恥じる。やれやれだぜ。



DSC03529.JPG


ティッシュの箱裏の表示を見ていて、次女が小学生の頃、こんなことを言った。
会社によって「ティッシュ」と「ティシュー」があると言う。
まさにその通りで、変わったものを観察する奴だと思った。
それが今では、同じ料理は作らない主義者だ。
なんてこった、やれやれだぜ。


あまり未来に向けて、予言的な姿勢はとらないでおこうと思った。
どう考えても、未だ来ず、未来は分からないんだから。
しかし、我が家族はどう変化しどこへ向かうのか? 不思議発見! ファイト!






ニイタカヤマノボレ   [笑われ噺]




何と言ったら良いんだろう、ひとりのオッサンがカラスに襲われた。
昨日の散歩中のことである。黒いジャージ姿がいけなかったのだろうか。
尾行されているような気配は、あったのだ。

DSC03542.JPG


歩行者信号の上に留まったカラスと、確かに視線は合った。
さほど気にはしなかったが、しばらく歩くとまた同じカラスがいる。
よそ様の庭に咲く花を写したりして、知らん顔をする。



DSC03538.JPG


仲間を呼んだのか、少しカラスが増えた気もする。
知らん顔がイチバンだと、先に進んだ、刹那、後ろから私の頭に、タッチ・アンド・ゴー。
我が頭上に、確かに彼の足跡を感じたのだった。

思い出しても気持ちが悪い。
戦闘状態に入ったようだ、大いにワインを飲みまくるぞ、コルクを集める。
スリングショット(パチンコ)をAmazonで購入した。威嚇ではない。戦う。

   41CUWpC7DQL._AA200_.jpg

黒ジャージが、侵入・侵略とカラスに誤解され、迎撃されたのだろうか。
それとも個人的恨みで奇襲してきたのだろうか。
いずれにせよ、襲撃の事実は消えない。武装する。戦う。・・・ファイト!



強化腹筋   [笑われ噺]

昨日のこと/平成25年2月12日(火)
社長に断りなく決裁。それは切り刻んで標題。P101043920(480x360).jpg
こういう有り難いお言葉に感じ入り、書き留めたりしたことは以下。
「キレてはいけない丸くなれ丸くなれ」 朝からシンプルで何の装飾もない、私への直球、しっかりと受け止めました。 ありがとうございます。 むかし厄介者と呼ばれた時期があります。 私は一度も厄除けには行ったことがないけれど、最近、疫病神扱いされることもありません。誰かが代わりに祈祷してくれたのかしら。   by tommy88 (2013-02-12 06:42)

この有り難いお言葉に矛盾点を発見している。
去年、断捨離を断行し、いよいよ今年、そして来年とかなりの整理、廃棄が進行していく予定だけれど、肉体カイゼンも進めていた。去年は20㎏近く落とし、ちょっとイライラすることもあり、それでもベルトを二度ほど切り落とし、これも15㎝は縮めたものだった。

その後、体重を6㎏ほど戻し、ちょうどよいかなと思っていたけれど、やけにお腹がぷっくりするから、毎日、腹筋用のイスを引っ張り出して、アメリカドラマを見ながらキーコキーコと腹筋運動にいそしんでいた。その効果が出てきたのだと思う。

昨日はのんびりモードで家を出たのだけど、積雪状態がいびつな箇所から車に乗る際(乗ろうとする所に雪が溜まりすぎて車が一段下にあるような、乗り方)、座席に座る直前、膝をハンドルにぶつけてしまった。痛てっ。もちろん最近、腹筋を鍛えているから、「痛てっ」の声と同時に鍛えられた腹筋に力が入ってしまった。ブチっ

CIMG7811.JPG

ベルトにも寿命があるのだろう。こういうことになってしまった。
「キレてはいけない」、・・・朝からキレてしまった。どうすりゃいいんよ。「丸くなれ丸くなれ」、・・・そういうことか。さらに腹回りを丸くしろ、腹筋運動は休止しろと言うことだろうか。それとも私にも、『佐野厄除け大師』へ厄除けに行けと言うことなんだろうか。それとも、わたし自身が疫病神に変身した瞬間だったのだろうか。



事実誤認
確かに実感として「さっぽろ雪まつり」の観客数が激減したと感じたほど、少なかった。歩く余裕があったし、逆方向に向かって歩く人を受け入れることが出来たほどだから。以前の多いと実感していた頃は、一方通行で、大通公園の西1丁目~西12丁目までひたすら戻ることなく歩いていた。

新聞発表では、多かったのだという。不思議。それでも、雪像が規模縮小されたのは事実だし、こぢんまりした雪像が増え、市民参加型に移行した感じはある。昨日(2013/02/12)の北海道新聞によると、
第64回さっぽろ雪まつり(札幌市や札幌観光協会などの実行委主催)は11日閉幕し、12日朝から大雪像や大氷像の取り壊し作業が始まった。実行委によると、開幕した5日からの来場者は大通会場(札幌市中央区)とつどーむ会場(同市東区)合わせて236万7千人と、過去3番目に多かった。

DSC03337.JPG

笑われ噺 ブログトップ