So-net無料ブログ作成
検索選択

わからないこと   [@Home]





        わからないことがある。
        そして教えて貰えないまま、永遠の謎となる。
        そういう説明のつかないことを、しでかす親、か。



DSC09991.JPG



        姉が小学校に入るまで、私たち家族は千里丘で4人暮らしだったと思う。
        2つ年上の姉が小学校に上がるとき、姉だけ大阪市内の住吉区に移った。
        4歳の私と、6歳の姉は泣いて、「何でやろうね」と言い合った記憶だけある。
        私は一人っ子となり、両親と、千里丘の鉄道官舎に住む。



DSC09797.JPG



        姉は祖父母と3人で、住吉の家で過ごしていた。
        私は毎週土曜の午後から母と大阪駅まで出て、父と合流し住吉に行く。
        日曜の夜、「ポパイ」を見終わったら、両親と千里丘に帰るのだ。
        そんな生活は、姉が小学6年生の3学期まで、6年近く続いた。



DSC09806.JPG



        おそらく私は姉に迷惑を掛け、世話になりっぱなしなのだろう。
        しかし、18には高校を中退し、大阪を出た私には、姉弟の感触が乏しい。
        どういう理由で、学童期の大事な時期を、別々に過ごさねばならなかったのか。
        接点が乏しい。

        どうしてそういう別居が必要だったか、尋ねても怒っただけの父は、もういない。
        母に尋ねても不機嫌になるだけである。
        それでいて、「姉弟仲良くして欲しい」と、言える神経が理解できない。

        なぜ。
        説明する義務を放棄したまま彼らが消えていく。
        屈折した人格の、一丁アガリである。
        ただ、わが子との時間は大切にしようとする人間には、なれたのかな。





ファイト!






お父さんを努力する   [@Home]





           断捨離の進まない理由は、物を捨てる作業の難しさ。
           物に思い込みがあったり思い出があったり。
           しかしやがて遺族が迷惑するのだから、捨てる捨てる。



199608091814.jpg

           書類の間からスプラッシュ・マウンテンでの写真が出てきた。
           1996年8月9日18時14分とあり、20年も前の物だ。
           デイブと長女と次女が叫び、三女は乳母車に乗って、ママと待機中。


DSC00006.JPG



           その三女が今日帰ってくるので、チチは嬉しい。
           今日、鹿児島のアパートを引き払い、まずは札幌に帰ってくる。
           格安引っ越し便で、荷物が筑波に行くのはまだ未定。



DSC09899.JPG



           三女は札幌でむかし通ったスクールに甘えて、明日から泳ぎ込み。
           今月の中旬に、やっと細々の引退レースを泳ぎ、翌日から中国へ。
           上海だったかの留学生の実家へ遊びに行く。



DSC09904.JPG



           上海の友だちは、3月に札幌に遊びに来るし。
           また、4月から大学院で一緒だし。
           そういう変動相場制だけど、今日から暫く札幌で家族3人、うれし。

           お父さんは良い子にしていようと思う。
           聞き分けの良いお父さん。
           やさしげなだけかも知れないけれど、努力して良いお父さんを演じる。




ファイト!






空中ブランコ   [@Home]





        先日、BS世界のドキュメントで、世界の大都市の屋上をシリーズしていた。
        「摩天楼の上に広がる“異空間” NY」では、空中ブランコ教室の紹介があった。
        何でこんな高いところで、空中ブランコの教室やねん、と思った。
        すると妻が、やりたいなぁ、と思わず言い出したのだ。

        昨日TVで、お笑い芸人がイタリアのサーカスで空中ブランコに挑戦していた。
        10日間の特訓後、実際にサーカスで空中ブランコを実演していた。
        ホンマにやりたいの?、つい妻に尋ねたら、うん、と彼女は言う。
        彼女の夢を叶えたためしがないオレ、NYの屋上に行くかな。




DSC00094.JPG

        ご近所の幼稚園、庭に大きな雪山を造り、ゲレンデに加工していた。
        叫声も上がるけれど、寒くてどの家も二重窓を閉める、騒音ではない。
        いわゆる、無茶苦茶な、コーフン状態である。


DSC00098.JPG

        段ボール紙を重ね、10㎏の米袋に入れると、ソリが出来上がる。
        うちの娘たちもこうして遊んでいた。
        妻はガキ大将の少女時代、江戸川の土手を段ボール紙で滑っていたという。




DSC00107.JPGDSC00101.JPG

        何と言う価格破壊だろうか。
        税込み150円で買いの、北海道を代表する餃子が、何と100円。
        3つ仕入れてきた。
        やっぱり「みよしの」の餃子、この安さなら奪ってでも買う。


        数学大好きで、鉄棒が得意だったと言う妻。
        運動も好きだけど、もっと遊びが好き、と言う妻。
        みよしのの餃子で許して。
        ・・・誰か、うちの妻に、空中ブランコをさせてやって下さい。
        
        



ファイト!






濃い3日間   [@Home]





        実に孝行な娘たちであるな。
        三人で割る負担に比べると、一人っ子ならキツイよね。
        負担の重圧を考えると、年金制度は破綻すると考えるのが妥当だな。

        子どもたちからプレゼントされたリゾート1泊2日。
        スイートルームの広さに喜びながら、しばし妻と語った。
        学生2人に社会人で支えるその思いを考える親だった。



DSC08956.JPG

        カードには、冷蔵庫にウェルカムスイーツがあると書かれていた。
        こんなに食べられないよと言いながらも、結局は、到着時完食。
        スポンジもしっとり上品、クリームも控えめな甘さ、とても美味しかった。



DSC09034.JPG

        漢方のチカラで、夜中にトイレで起きることはなくなった。
        しかし、久々に泳ぎすぎて、おじさんは夜中と未明に2度足をつる。
        日々老いていたことを忘れていた、昔のようには行かない。



DSC08962.JPG

        次女の企画だから、ホテルに全てが細かく指示されていた。
        夕食も、私が十勝和牛、妻が海鮮の鉄板焼きだった。
        シシャモも鵡川産の本物で、雄と雌の1対、これは写させて貰った。



DSC08976.JPG

        おじさんはワインで酔っちゃった。
        夕張メロンシャーベットも、半分しか食べられなかった。
        そう言えばオレたち結婚したんだったねと、情熱大陸の夜。



        女の子と出会って心がときめき、揺れが生じ、それを恋と呼ぶのだろう。
        心の中の波をたくさん経験してきたけれど。
        妻と出会った時は稲妻に撃たれ電撃が走り、津波を感じたものだった。

        そんな運命的な出会い、猛烈な争奪戦、強奪。
        マンガみたいな、それでいて幸せな人生を娘たちも経験するだろうか。
        いつも願うことは家族の健康と幸せ。



        12月6日、我が家の結婚記念日
        12月7日、拙宅の三女の誕生日
        12月8日、トラ・トラ・トラと、我が家の暦は濃い3日間である。



ファイト!






お見送り   [@Home]





3週間あまりの滞在を終え、昨日、三女が帰った。



                  秋風や つわものどもの 皿の山
                  どこ吹く風か われはわれなり





DSC08153.JPG

        寂しいなんて思わない。
        現役時代、GWが終わる時に、いつでも自分に言い聞かせた。
        次の休みまで「長~い飛び石連休」だとね。





DSC08123.JPG

        寂しいと思うと、ノドが詰まって食べきれない。
        壮観、圧巻、大盤振る舞い、北菓楼、長女と次女へのお土産。
        イチバン美味しいお土産だと思う。





DSC08120.JPG

        時節柄、修学旅行の出発前集合がたくさん見られる。
        現役の時には責任を感じて仕事をしていたから、嫌だったのが修学旅行。
        唯一の楽しみは、帰ってきてから作るスライドショーだった、今は昔。





DSC08140.JPG

        着飾ることもせず、傘を抱えて三女は消えていった。
        あばよ、東京での1週間を楽しむが良い。
        4月からのアパートが見つかるといいね、三女ちゃん。


        チョイワルおやじの干物生活が始まる。
        干物になっていく生活は、味気ないのだろうか。
        「脂の乗った干物」になるのも、わるくねぇーな。




ファイト!






楽しかったんだから   [@Home]






        憂鬱な水曜日が始まった。
        月曜にプリン地獄を味わい、13個目のプリンに10分かけ、生還した。
        火曜、昨日は三女が帰る準備の日、水曜に向けて憂鬱を醸成。



DSC08086.JPG

        三女は帰路、東京で1週間過ごす。
        明日は祖母宅で三姉妹の女子会ゆえ、3人の好物を手に入れる。
        今週末は、留学生アパートに住居する長女の部屋で、三姉妹のお泊まり会。




DSC08091.JPG

        最後の晩餐は、三女の希望により小樽へ、函太郎。
        併設のLaox は赤字に転落し、斜陽感がにじみ出る。
        インバウンド頼みだけでは、かたせ梨乃も困るだろうに。




DSC08096.JPG

        憂鬱が始まりかけている者には、ちょっと重い看板。
        いつごろからか、こういう売りが始まった。
        感謝は売りに出す物じゃないんだけど、憂鬱になる。




DSC08107.JPG

        あっという間の完食、あまり食べられないのは憂鬱のせいか、トシのせいか。
        相変わらず、黙々と自分のペースで食べ続ける三女。
        すでに、食べる量でも完敗することになった。




DSC08114.JPG

        今年のイクラは高いぜ高騰。
        北海道生まれだから三姉妹の秋の好物、イクラの醤油漬け。
        三女は保冷剤で包んで、貴重品扱いで持っていく。
        持ってけ相棒



        三女は今日、昼食を抜くだけではなく、朝食も軽くするらしい。
        今夜は次女と三女だけで、食べ過ぎバイキングに行くらしい。
        元アスリートの意地にかけて、食い尽くすらしい。

        ある種のビョーキだなと、その食べっぷりに思う。
        娘たちは前向きに、そうやって幸せに生きるが良い。
        父さんは、今日から干物になる。 それでいーんだ。




ファイト!






あたり   [@Home]




   「プレミアムボス ザ・ラテ」 という缶コーヒーが当たったようだ。
   三女と妻が当てたという。
   「なすびの懸賞生活」めいていて、宜しい。


DSC03849.JPG

   独逸在住の長女と、ボンヤリの私は応募しないから当たらない。
   応募したいのだけど、どうやればいいのかが分からないのだ。
   だから私は飲む人なのだと、役割分担を決めている。


DSC04173.JPG

   三女と妻が当てたのはローソンで二次元バーコードを使って交換する。
   次女の当選は、違うコンビニで交換するのだが、当選番号を言うだけ。
   いずれにせよ、発行会社が送料を必要としなくなったのは経費節減だ。




三女様ご当選

DSC04106.JPG

   佐川急便さんが届けてくれたので、これは送料がかかっている。
   いつでも受け取りに行くから、もっと当ててください、ボク飲む人。
   ・・・気がつけば、三女はとっくに成人し、「飲める」年頃になっている。
   「光陰や」ではなく、光陰矢の如し。 思えば遠くへ来たもんだ。

   オレも、何かを当てに行こうと思う。 と、当てられるのであれば、誰も苦労はせぬ。
   今日も、脳天気に生きるのである。



ファイト!





花粉症地獄   [@Home]




    寂しいのは、ぼろぼろのアスリートが引退していくこと。
    妻がついにママさんバスケットを引退してしまい、先日ユニホームを返却した。
    昨年、次女が水泳の足を洗い、三女も9月の国体で足を洗うことになる。
    拙宅の四「娘」は、「スポーツが趣味!」の世界に移住する。



DSC03750.JPG

  北海道では、いよいよ花粉症の季節が到来した。
  拙宅にて関係者は現在、妻のみだが、ぐしゅぐしゅし始めた。
  三女が送ってきたものはアマゾン、大きな箱に、ちょこんと小さな瓶が一つ。

  花粉症用のオイルとかで、マスクに付けて着用する、らしい。
  さっそく妻は付着させて出かけるのだが、暫く乾燥させてからでないとキツイ、らしい。
  果たして魔法の小瓶となるか、要観察。



ファイト!





壊れかけの囲い   [@Home]




このままではあきません、何とかしなはれ。
雪の重みで崩れてもらっては困るし、今年こそ手を打たねばならない。

DSC03210.JPG





外壁修理を頼んだ会社に見積もって貰い、ANA1000株売却にてお釣り、よし、離陸。
業者さんが3人、朝8時から、6時半までの作業となり、ご苦労様でした。
雪による実害はこれで避けられたのではないだろうか、OK。

DSC03304.JPG




ワシリー-カンディンスキー-bustling-aquarelle-c-1923.jpg

大阪市の職員と家族、OBだけで軽く10万人を超えていて、大阪の緩い基準で生活保護を受けている人が15万人、これだけでも30万人近くになります。この皆さんも当然大阪市民であれば、自らの権益を守るために一票投じる権利がありますから、210万有権者の過半数を獲得して都構想を実現するなんて、途方もない話だって分かります。  辛坊治郎メールマガジン第219号(5月15日発行)


大阪の話に東京から中野区長や世田谷区長、国会議員まで応援に駆けつける「大阪都構想」住民投票なんだけど、涸れる井戸に対する既得権益層のパワー、私にとっては内部で見ているから、変わりはしないだろうなと思っている。本当は代理戦争している状態ではないのだけど、どうするんだろう、借金の膨張。

ちなみに我が身は、退職金にて借金返済を完了している。身も心も軽くなったが、懐も軽いぜぃ。

ファイト!




祝宴の招待   [@Home]




身の処し方が分からない。
その日突然、ある所属が終わり、「先生」が「おじさん」に変わる。

最後まで別れを惜しんでくれる人、激励に来てくれる人、メッセージ。
すべては、前へ、振り向くなと示している。




DSC02770.JPG




仕事のある生活から、仕事を見つける生活に変わる。

残された時間を再計画して、何を捨て、何を残し、何を譲る。
なくても良かった物、使うこともなかった物を、急ぎ廃棄する必要がある。




DSC02852.JPG




でもね、まずは心の整理が必要だ。

その前に腹ごしらえ、飲むかと、誘われるが如く、次女が腕を振るった料理。
料理屋さんでも始めたら、って言いたくなる美味さ5連発。




DSC02860.JPG




         イタリアン風しらすサラダ (オリーブオイル)
         タコのカルパッチョ     (オリーブオイル)
         マグロのカルパッチョ   (オリーブオイル)
         カナッペ           (アンチョビ)
         イタリアン シュニッツェル (下味でオリーブ油)


DSC02862.JPG





掃除ぐらいしたら?


うん、どうしていいか分からないだけなんだ。


ファイト!