So-net無料ブログ作成

ソーセンキョ   [TV]





無駄遣いは誰の金を使って、やるんだ。
無駄遣いを、誰が必要としたのか。
あふれかえる無駄使いを、なぜ放置するのか。


DSC05314.JPG

こんな所に歩道橋を作っても、誰も使わないよ。
そう言うだけではなく、使っている人など見たこともなかった。
ほとんど使う人もないまま老朽化し、撤収工事が始まった。

なくなると言って惜しむ人などいない。
この橋桁の所、歩道が狭くなり、自転車と歩行者が喧嘩になる。
ずっと歩道を狭くするだけだった無駄な歩道橋が、やがて消える。

誰が作ると言って決めたのよ。
責任者は出てこない。
始めから雰囲気で作っただけだから、責任者はいない。

きっと無駄遣いは、楽しいのだろうな。
狂想曲  ラプソディ・イン・ソーセンキョ



ファイト!






ファイト!(120)  コメント(8) 

シメのステーキか   [TV]




沖縄の人が呑んだ後には、シメにステーキを食べると聞いて驚いた。
北海道では鍋やおでんで呑んだとしても、シメは大体、ラーメンである。
別に、それで十分で、ステーキとはいかない。


コスモスは雑草だったでしょ.JPG


沖縄の人はそれでいいのであって、ラーメンを強要はしない。
北海道じゃ、ラーメンでやらせて貰う。
それぞれ、南北に離れすぎている。

これだけ気温も違い、天気も違う都道府県が、全部一緒くたに日本。
せめて北海道を独立させてくれないかしら。
安全保障面では日本国にお任せの地方分権、どうなったんだろう。


コスモスは雑草だったでしょう.JPG


コスモスが舗装道路を破ってあちこちで顔を出している。
したたかな雑草だと思う。
こんな強さを、北海道も持っている筈なんだけど。

これから北海道に台風が来る時に、東京中心のニュースでは台風一過の晴天という。
景気回復と言われても、魚や作物の収穫が激減し、苦しんでいるのだけど。
東京で打つ手が、北海道に効くとも限らない。

大騒ぎしても、地方は疲弊していくしかない。
コスモスはしたたかである。
道民は、優しすぎるから、また騙されるのかな。




ファイト!






ファイト!(119)  コメント(12) 

言うに事欠いて   [TV]





BS放送が見られない次女のために、BSジャパン「田村淳のBUSINESS BASIC」をダビングしようと、テレビをつけた。 すると驚いたことに、「このハぁーゲぇー」の豊田議員が、後援会の人を前に、しおらしく語っていた。 「ご高齢の皆様は日本の宝です」と。 聞いている人も大喜びをしていたが、腰を抜かしそうになった。


ガックリだぜ.JPG

ガックリだぜ。 ガックリ。
日本の宝は、若者だよ、子どもだよ、参ったなぁ。
こうやって、再生産、再利用していくのだろうか。

ミサイルが飛んできた時のために、頭を抱えて倒れる練習しておくかな。
自衛は自分でしなくっちゃ。
このハーゲー、ご高齢の方は宝だぞって、実に不愉快なモノを見てしまった。

そりゃあヒマワリだって肩を落とすさ。
頭でっかちすぎて、支えきれなくなったんだろうね。
この国も支えきれなくなりそうだって。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(7) 

女子ゴルフを見て己の甘ったれを思ふ   [TV]





迫力があり気になっていたので、日本女子オープンゴルフを見てしまった。
畑岡奈紗(18)が物凄い勢いで、樋口久子以来の40年ぶり大会連覇。
優勝賞金2800万円って、まあ、投資も大きかっただろうし。


DSC04375.JPG

韓国お姉さんたちが集中を欠いたりする中、ブレない18歳。
1 打にシビれていると、グリーンを歩く彼女たちの姿、よしオレも。
そんないい気になって、近所の花壇へ、「マル」を探し、歩きに行ってきた。


DSC04382.JPG

数日来、朝晩は冷え込み、鍋が恋しい乙女座のオッサンだった。
花壇を見ると、まだツボミが出来ていて、咲くつもりのようだ。
希望がなくても咲こうとするのか、と強引に感激する。


DSC04402.JPG

意図的に子育てをしたであろう、畑岡奈紗さんのご両親。
機会を与え、試練を与え、そして花咲かせたのだろう。
ここで花が咲かずとも、挑戦した子どもたちは、大きな物を手に入れている。

このお嬢さんが、アメリカから、帰りたいと泣きながらお母さんに電話した。
そんなエピソードは聞かずとも察しはつくさ。
小さな世界で教師に悪態ついてるバカ者たちとは違う。


DSC04404.JPG

畑岡奈紗というお嬢さんを見ていて思った。
若者よ、世界に出ていけ、だ。
オレは厳しすぎたかも知れないけれど、子どもたちに機会だけは与えた。

じゃあオレはって、まだ腰が・・・。
そうやって甘えることを覚えてしまったのかな。
歩けなくなったらどうしよう、ママぁー。



ファイト!









ファイト!(120)  コメント(9) 

我らがヒロイン   [TV]





                右に曲がれない。
                じゃあ、左折を3度繰り返せば済むことだ。
                面倒くさがる話でもない。


DSC00633.JPG

        前日に積み残した雪を、キッチリ持ち去ろうとする「仕事」を邪魔しない。
        道楽のように出かけるだけなのだから、仕事の邪魔はしない。
        ヒーローの仕事を邪魔するワルではないよ、オレ。




DSC00636.JPG

        三女と泳ぎに出かけた。
        離れた場所で暫く娘の泳ぎを見ながら、周りの人のどよめきを楽しんだ。
        おっさんは、1㎞あまりで腿の裏側がツってしまい、水中歩行組に回った。




高梨が通算53勝 ジャンプW杯歴代最多に並ぶ

高梨沙羅.jpg

        スキーのジャンプを見ていたが、精神衛生上、宜しくない。
        だって、次の人が飛ぶとき、失敗して欲しいと思ってしまう。
        濃い化粧する前に、圧勝してくれ、オレの純情な心のためにも。

        それでも天晴れ、その名は、高梨沙羅。
        通算勝利53勝、2番目が13勝なんだから、圧倒的な差、強さ。
        鳥人ニッカネンを超えてるから、超鳥人は、さらに大記録を続けるのかな。





ファイト!






「世界の大都市 魅惑の屋上ライフ」   [TV]





             北海道に移住して思ったこと、冬。
             隣の家に塀がないんだってね、ヘー。
             かわら屋根を見かけないけど、変わらんか。


DSC00018.JPG

        大雪を心配するのが最優先で、瓦屋根の重さに雪の加重は危険である。
        工夫は、どうやって自然に雪を下に落とすか、溶かすか。
        建築会社も、家屋設計に特殊で独特な方法を施しているようだ。


DSC09920.JPG

        塀があると、落雪の衝撃で破壊されるかも知れない。
        あるいは、落雪のリバウンドも怖い。
        塀を作らず、相殺するのが賢明で上手な付き合いかしら。


DSC09922.JPG

        ソーラーシステムを進化させて、雪融け屋根は作れないものか。
        雪かきは楽になるが、地球温暖化も加速させるかも知れない。
        無知ゆえ、雪国は雪に埋もれて過ごすしかないのかな。





BS世界のドキュメント
■ シリーズ 「世界の大都市 魅惑の屋上ライフ」 4作品を見た
     ・ 歴史と粋の屋根の上 パリ
     ・ 空から見るガウディの迷宮 バルセロナ
     ・ 摩天楼の上に広がる“異空間” ニューヨーク
     ・ 南米の空の下はパフォーマンスの楽園 ブエノスアイレス
パリ.jpg

        パリの屋根の上は、あそこやんかという光景だったので長女にも見てもらう。
        屋根の上からの景色は、どの街の物も、意表を突いていて面白い。
        パリの写真家が、屋根の上の夕暮れを写して楽しそうだった。

        どの都市でも共通したこと。
        屋上緑化の専門家とくくられる若者が、必ず出てくる。
        たしかに、ヒートアイランドも、土地利用も、どれも問題解決の話題である。

        パリの屋根の上の養蜂家の話、良いことだなーと私。
        札幌でもやってるよ、と妻が教えてくれた。
        さすがハニー、蜂蜜好きだけあって、よく知っている。




ファイト!






ラグビー観戦   [TV]






            光の中を一人で歩くよりも、闇の中を友と一緒に歩きたい。
                                        (ヘレン・ケラー)



DSC09775.JPG

          昨日の札幌、最高気温は -1.8℃、最低気温は -9.2℃。
          今日の予想最高気温は、-2℃、予想最低気温は-9℃。
          雪が降らず、雪かきがなくて、安心する日々・・・、続いて欲しい。



DSC09777.JPG

          寒い日が続いている。
          それでも、ベランダの雪を少し落とした。
          が、寒くなって、室内の暖房で生き延びることにした。



DSC09820.JPG

        母校が虐められるから帝京大学ラグビー部は嫌いであった。
        しかし8連覇もされてしまうと、嫌いであることが惨めになる。
        よって、少し、見てもいいかなと、心を広く持った。


DSC09824.JPG

        昨日、ラグビー・日本選手権第1日の第2試合を見た。
        トップ・リーグ覇者のサントリーと、大学選手権8連覇の帝京大の試合。
        回して、押して、走るラグビー、守備に不安はあるが堂々の勝負を挑む学生。


DSC09826.JPG

        ボールを切らずに、自陣ゴール前からでもボールを回していく。
        突き放されても突き放されても、追いすがり、追いついていく。
        久々にシビれるラグビーを見た。

        終わってみれば 29-54 と大きく差はあるのだが。
        前半を 21-21 で折り返す緊張は、嬉しいものがあった。
        決して逃げず、果敢に戦う、最後の学生が立派であり、感動した。

        あまりに良い試合をするので、晩ご飯の準備開始が遅れてしまった。
        切れ目のない試合だから、ぶつかり合いが多く、見ていても腹筋に力が入った。
        観客の腹筋も鍛えられる、良い試合だった。





ファイト!







スピーチの長さ   [TV]





            英語のスピーチは単語数でその長さを言い。
            日本語では原稿用紙の枚数か。
            あるいはどちらも、所要時間なのか。



DSC09755.JPG


        昨日の「日刊モーサテジャーナル」で、面白い記事が紹介された。
        =米国・大統領就任式・演説を単語数で比較=
         ・ 135=初代大統領  ジョージ・ワシントン
         ・8460=第9代大統領 ウィリアム・ハリソン



DSC09757.JPG


USAトゥデイは歴代大統領の就任演説を単語の数で比較、最も少なかったのはワシントン初代大統領の135、最も多かったのはハリソン大統領の8460。しかし長い演説を敢行したハリソン大統領は寒空で長い時間雨に打たれたことが原因で肺炎になり就任からわずか1ヶ月後に亡くなってしまった。




DSC09759.JPG


        ウィキペディアには「雨に打たれ」の表記はなく、
ハリソンが就任宣誓を行なった1841年3月4日は非常に寒く風が強い日だった。しかしハリソンはコートを着用せず、ほぼ2時間近いアメリカ史上で最長の就任演説を行った。これでハリソンは風邪を引き、それで肺炎へこじらせ、1ヶ月後に死去した。ハリソンは在職中に死去した初の大統領であり、また任期が最短(31日)の大統領である。



        パパの話は回りくどい。
        先生の話は長い。
        そんな非難を意識して話すから、話せなくなり始めているオレ。


        言いたいことよりも、言うべき事を優先させる。
        中学生にでも分かるように、表現する。
        そして、意表を突く。

        オレ流の極意とし、長話を死因にはしない。
        長話は中身が薄いと、聞かされる方もたまったモンじゃない。
        トランプは20分以内の予定らしいが、いつもの野蛮な調子だと、不快だな。




ファイト!





駅伝   [TV]





        妻の小さな楽しみを昨日は実現した。
        温泉に行き、露天風呂で箱根駅伝を見る、というささやかな楽しみ。
        露天風呂の大型テレビが、駅伝を流しているかだけが心配であった。


DSC09422.JPG

        縁起がいいやと、露天風呂で駅伝を見ることができた。
        美肌には逆効果の長湯だが、腰には優しいイイ気持ち。
        青学は好きになれないから、ガンバレ早稲田って応援している。

        義母は中央大学をいつも応援する。
        中央の出ない箱根はつまらない、とまで上品に語る。
        義姉が中央の法科に入ってからのファンであろうと邪推する。


DSC09423.JPG

        たかが関東地区の大会。
        されど、それを全国区に押し上げたのはスポンサーの力だろう。
        読売新聞とサッポロビールの威力は否めない。

        野球、相撲、マラソン好きのニッポン。
        観戦には、日本酒をチビチビやる間合いで良いのだと思う。
        妻が熱燗を、ちびちびやる、その姿に、艶を感じるオッサンである。


        一日を大切に、よく食べ飲み、よく眠る。
        まずは、腰痛を排除する。




ファイト!






密航   [TV]





           偉大なる神よ、彼らに罰を与えたまえ。 (シリア難民・女性)



           いつまで祈り続けたら平和が訪れるのだろうか、とオレ。




DSC09326.JPG

          昨日の札幌、最高気温は 1.6℃、最低気温は -5.5℃。
          今日の予想最高気温は、6℃、予想最低気温は-5℃。
          また道路がスケートリンク化する、夜の帰り道、足元注意だ。




DSC09329.JPG


        昨日、BS世界のドキュメントの在庫一掃で録画番組を見た。
        その中の一つ「密航」を見た。
        「地中海を渡ったシリア難民の記録」 (制作 ノルウェー・2015年)

        密航斡旋業者に一人80万円払って、小さなボートに詰め込まれて実行。
        自撮りで断片的に綴られるが、トイレもなく、汚物の中に横たわる。
        ろくに食べる物もなく、ボートは海を渡る。

        反政府調のTV局も政府にマークされ、女子アナも追われる。
        彼女はエジプトに亡命し、そこでも迫害を受け、さらに脱出、イタリアを目指す。
        家も財産も名誉も、全てを捨てて、生きるために、命乞いをしながら難民となる。

        イタリアの赤十字で、次の受け入れ地への語学準備をする最中のこと。
        何の脅威もない古里が、空爆に遭い、壊滅状態と知る。
        残した家族も刑務所に入れられ、母親は悔やみ、嘆き、叫び、呪う。

        飽食の生活をしながら、切り取られた「現実」を見る。
        70年前の戦争も悲惨だが、いまある、その内戦や迫害や差別。
        憲法9条があるから平和だと、お人好し国家は踊り続ける。




        せめてクリスマスくらい敬虔でありたいと思っている。
        余計なことはしない休日、ただ、今日のために、おでんを仕込んでいた。
        昔から得意のおでん作り、今夜のは絶品で、朝からつまみ食いをする。





ファイト!