So-net無料ブログ作成
検索選択

近況報告 [日常]




「左胸に多量の胸水が貯留し、左肺が潰れており、強い炎症所見が認められる。」

20170514.jpg


ゴールデンウィーク前に、母がほぼ危篤との連絡を受けて、大阪に遠征した。


ホテルを取り、姉と交代で病院に泊まり、付き添い。瀕死の状態からは脱出したが、余談は許さず、ウィークリーマンションを借りることにした。


電脳空間から離れて、現実のリアル付き添いを密着体験するのも、大事なことだと思い、ブログは休憩中。


これからどうなるかは分からない。ただ、こういう時間を楽しむ。

半世紀の時間の中で、これほど長い時間を、母のそばで過ごすのも不思議である。親孝行なのかなと自分を高く評価している。


元高校教師、簡単に働き口はなかった。ただ、考えようによっては、こうして付き添っていられるのも、無職の特権かなと自分の境遇を正当化している。


母はズルいから、奇跡を起こすつもりなのかもしれず、付き合ってやろうと思っている。

次回の更新は5月29日。絶望はしていない。





待機圏 脱出か   [日常]





まーだだよったらまーだだよ

開花宣言

誰がどこでやるんだろう

開花宣言



DSC01152.JPG

探せる物はツクシしかないので下を向いて歩く。
「寄り添う」という心情的な言葉を使いたくはない。
復興は心情ではなく、やるかやらぬか、のみ。
災害が東北でよかったと言う大臣は、ツクシ未満である。


DSC01166.JPG

土筆にとらわれて下ばかりを見ていた自分を恥じる。
坂本の九ちゃんも言っていた、上を向いてあるこう、だ。
上を向いたら、待機圏脱出の予感である。
イイと思うんだ。



DSC01186.JPG

大バカ大臣にムシャクシャしてたけど、サクラ見るオレ。
「そのテに乗って殺意を表明してはなりませぬ」と密書が届く。
迂闊であった、世捨ての道に埋没すべきであった。
春夜桃李園ニ宴スルノ序、である。



DSC01197.JPG

特筆すべき土筆はなし。
研修中の妻の自転車をコッソリ拝借する。
我が赤錆び号は、クッション状態が悪く、遠出は痛いのでした。
甘塩の鯖を焼いて、サバサバする。




ファイト!






探しものは春   [日常]





JUNKO さんを探しに北大へ行った。
春は待機圏で、春を探しても無駄だと知るから。
それでも何か、春の予感ぐらいは見つけようと、自転車の旅。


DSC00725.JPG

保険の青空。
何も見つからなければ、青空でも。
見上げる空に、ミサイルの影はナシ、よし!




DSC00689.JPG

彩りが不足して、心なしか肌寒く感じられた。
これが、春の待機圏の現実である。
それでもあと少しと、鼓動がする。




DSC00734.JPG

コブシを突き上げて、もっと咲け。
もっと咲け、酒を持ってこい。
酒宴は、禁止だろうな。




DSC00772.JPG

まだ少し早いのだった。
それでも青空を見たからヨシとする。
春を迎えに、身をツクシ。


風呂桶には水(湯)は張ってある。 いざという時には、体を洗う。

憲法9条が日本を守ってくれると、大いなる錯覚をしていたんだね。
アリとキリギリス。
勝手に、日本人は勤勉で、だから自分たちはアリだと思い込んでいた。

しかし、不用意に働き過ぎて、肝心な、自分たちを守るということをせずに今日まで来た。
実は私たち、キリギリスだったんだよね、守る準備をしてこなかった。
冬の準備をしていなかったキリギリスと同じ。

不安を抱えて、それでもまた、春を探しに行く。





ファイト!






一歩二歩、散歩   [日常]





そして静かに消えていく

やわらかな時間を残して




DSC00464.JPG

歩いていて思うのは至る所に無計画な植林と伐採がある。
東京を歩いていても、ここ札幌を歩いていても、何をしたいのかが分からない。
優先順位を決めて、どこまでが人工で、どこまでが自然か。

今後すぐに電線との戦いが始まり、大幅に伐採があるのだろう。
芽を吹き、葉が生い茂れば、枯れ葉の前に苦情なり故障が起きて、切り取られるのだろう。
何と言う無駄なことをしでかすものか。







DSC00472.JPG

少しリッチなお家の前庭に、飾り付けがあった。
子どもは帰るのが楽しみになる玄関かも知れない。
奥方の趣味か、旦那様の発想か。

スペースが少しでもあればキュウリを植えた方が得と思うオッサンは、住んでいないのだろう。 私が住人なら、楽に育ってくれるジャガイモを植えるか、収穫が楽しいキュウリを植える。 絶対にそうする。 意地汚く、食べることばかりを考える。 さて、今年も庭でミニトマトとキュウリを植える、ぞ。




ファイト!






春の先遣隊   [日常]





福岡で3億8千万円強奪と驚いていたら、その後のThe Yomiuri Shimbun では、驚きの、景気のいい話ばかりである。 何かおかしくなっているぞ。
・福岡空港で韓国人4人逮捕7億円超所持
・銀座の路上で強盗、数千万円入りバッグ奪われる


DSC00425.JPG

現金を出せよ

金がない

元気を出せよ

風がない




DSC00434.JPG

コンデジはお休みにして一眼復活。
もふもふを写したくて北大へ行く。
学生さんたちは沢山のグループで踊りの練習だった。
現在の情勢を考えて少しは勉強しろよ。



DSC00436.JPG

カメラを変えたら縦と横のサイズが変わった。
慣れだとは思うけれど少しだけ違和感がある。
慣れることにする。
少しだけ春を感じた。



DSC00439.JPG

待機中の春

桜の芽もふくらむ

大気中の春

日差しは温かい



土日は少し大気が不安定となる札幌。
花が咲き始めるまでにカメラをいじっておこうと思う。
花が咲けば独占禁止法、さっさと写さねばならないだろうし。

それにしても
3億8千万も盗られるなんて、どういう世界なんだろう。
逃げる途中でいいから少しだけオレんちの前に落としてくれたら、拾うよ。
神様に感謝する瞬間が、訪れて欲しいですよ。




ファイト!






春よ、   [日常]





うららかな日差しに誘われて、自転車に乗る。
そよ吹く風に温かさを感じながら、春を探す。
昨日もまた、川原の土手を、走る。



DSC04165.JPG

ふと、こんなものを道路脇に見つける。
春を感知しようというのだろうか。
誰が、いったい、何のために。


DSC04169.JPG

隠れん坊しましょ。
いまダメよ、じーっと、そーっと、待っててね。
まーだだよ。


DSC04046.JPG

「春の全国交通安全運動」は土曜で終了。
でもまだ、春の待機圏に突入したばかりの札幌は、ケイゾク。
無謀な連中を取り締まって下さい。





DSC04220.JPG

枯れかけたツクシが1本、終わろうとしていた。
それでも空は青空、春は近づいてきたようである。
無性に寂しいのは、風が吹くからかもしれない。


春よ 遠き春よ まぶた閉じればそこに
愛をくれし君の なつかしき声がする
          (「春よ、来い」 松任谷由実)




ファイト!







春の待機圏を通過中   [日常]





JUNKO さんのブログを毎日、楽しみにしている。
熟練の写真と、4行ほどのエッセイが好きで、楽しみにしている。
2017-04-15 21:21 には「土手にも春」とあり、ネコヤナギの写真だった。



DSC04112.JPG

春の待機圏突入を済ませ、昨日は、春を探しにポタリング。
そこには、カメラを構えて写す女性を発見。
すぐに確信し、「JUNKO さん」、と声をかけた。
想像通りのステキなレディーで、暫く楽しい立ち話をした。





DSC04142.JPG

4行ばかりで、しっかりと表現されるJUNKO さん。
実物も奥ゆかしく、財布を持っていれば、ナンパするところだった。
むむむぅー、春を感じるオッサンである。
2月に2kさんと会い、4月にJUNKO さんと遭遇である。





DSC04155.JPG

こうなると、6月には、あるいるさんと遭遇かなぁ。
ジャンボがいよいよ、近づいてきたぞ。
何だかウキウキしてしまうのも、春の予感。
あ、心が、動いてる、・・・。





DSC04062.JPG

そしてこんな所で、春らしき予感と遭遇。
噂の、ついに、遭遇だ。
心ウキウキの、晴れの日は嬉しい。
休日も平日も、オレ休日、そこんとこだけが思うようになっていない。




ファイト!






春の待機圏に突入   [日常]





昨日は、祖父の月命日だった。
お供えは、焼酎の四合ビンだった。
ちょっと味気ないので春を探しがてら、お買い物に出た。


DSC04022.JPG

庭の雪もあと少し。
消えて、蒸発しきって春が来る。
自転車でお買い物。




DSC04004.JPG

桜並木はまだ寂しい色だった。
早くて月末、それまでの待機。
それでも長い冬が終わり、春の待機圏内に入った。




DSC03987.JPG



子どもの頃、隔世遺伝だと言われた。
一代ごとに放蕩息子が現れると言われた。
言われたとおり、放蕩息子になった、ぜ。




DSC04044.JPG

サクラ大福を買ってきてお供えした。
妻が喜ぶだろうと、御先祖様にはアリバイ作り。
父の堅物マジメ、娘たちの真面目さ勤勉さ、たしかにお説の通りかも知れない。

だが、そんなマジナイめいた話は昔から大嫌いで、運命は自ら切り拓くものと信じている。
そして子どもたちにもそのように教え、呪いめいた呪縛の伝説は、伝えはしない。
ただ、肉親にゴマをすりすり、喜ばせるために、毎日ちゃんと般若心経を上げている。
そういうお世話をする日課は、強要をせず、意志による自発的行為。





ファイト!





春遠からじ   [日常]




三連休を挟んで一気に雪が溶けた。
太陽光の馬力は、すんばらしー。
雪山が凹んでいくのでした。


DSC02163.JPG

室内の春に限定でしたが。
それでも陽光うららかなり。
春来たりなば、遠からじ。



DSC01561.JPG

埋まっていた車も発見。
盗難車でしょうか。
それとも雪に埋めて遊んだのか。



DSC01569.JPG

確かに春、高校野球も始まった。
春は、別れ、出会い、か。
別ればかりが多い年齢の、わたし。



DSC02219.JPG

三女様、快進撃中。
当たったクオカードは500円。
でも、使わないらしい。
嵐だから高く売れるかな、と。



DSC01453.JPG

ごちそうさま。
自販機で買えば130円。
JR生鮮市場では65円。
娘たちは、ただ、当てる。



ファイト!






ひな祭りですか   [日常]




始発出勤が増えた次女を最優先。
一番の読者である次女様サービス。
4時アップで、私の活動開始も早める。



DSC01483.JPG

今日は全国的に、ひな祭り。
昨日、札幌の最高気温、7.5 ℃、春接近。
お江戸の記憶を頼りに、春を妄想。

引退レース後の三女は活動的だった。
三女は次女とパンケーキ店5軒制覇の旅。
そして、その翌日には上海へ、空の旅。



DSC01500.JPG

水泳部に留学していた友人宅へ文化交流。
10日間の短い旅で腹いっぱい、満足の様子。
一昨日、帰ってきては喋りっぱなし。

無口な娘が大いに語る、中国。
来週、その家族が今度は札幌に来る。
「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」



DSC00661.JPG

天皇皇后両陛下がベトナムに行かれたと聞く。
なぜか長女も今日、ベトナムへ行く。
しかもクアラルンプール国際空港経由。

国粋主義でも噂の始末でもなく、これから1ヶ月以上を掛けて現地調査するようだ。長女はベトナムの日系企業を調査対象にして、難民受け入れや移民問題に取り組むらしい。すでに父には理解できない世界を彷徨っている長女。せめて、今日は妻と三女を囲んで、ひな祭りごっこ。 もちろん、甘酒ではなく、ワインを飲む。



ファイト!