So-net無料ブログ作成

モエレ天然温泉   [温泉]




昨日はポイント2倍デー。
三女と妻と、モエレ天然温泉へ。
3人で12個のスタンプ。
一人1回の入浴可能となる。



DSC02103.JPG

こちらには月に1回来れば贅沢。
そういう質素倹約生活中。
雪道を遠出するのが嫌なだけ、ですが。
三女と3人意を決して出向く。



DSC02106.JPG

三女の岩盤浴デビューである。
タオル地の作務衣ふうの半袖半ズボン。
寝っ転がるための長めのバスタオル。
以上を借りて、3種類の温度設定を楽しむ。



DSC02108.JPG

2時間ほどで三女は、もう無理と。
しかし白い肌に上気した顔で、美しい。
先日、エステのお試しを経験したばかり。
こんなにキレイになっていくと、ヤバイなぁ。



DSC02115.JPG

4月から三女は筑波で大学院生活を始める。ということは、ビン底眼鏡をかけて、研究室で生活をするわけで、美しくなりすぎると、研究生活が出来なくなるのではないかと、岩盤浴で汗を流しながら、冷や汗をも流すお父さんである。大学院で、文美両道は可能なのだろうか。

岩盤浴のあと、90分の温泉、露天風呂、泡風呂、サウナ、各種を楽しんで、体の芯から「汁」を出し切って、爽快に爽やかに、オジサン、半ズボンだよ。脳天気に今週を終えようと思う。




ファイト!






よく泳ぎよく浸かりよく飲み食べた   [温泉]





       理不尽で鍛えられた
       日常の中で「怒る」「喜ぶ」感情を出すからこそ人は理解を示すことになる。
                                             平尾誠二)




DSC08949.JPG

        昨日の札幌、最高気温は3℃。
        今日の予想最高気温はマイナス2℃である。
        昨日の結婚記念日、娘たちに贈られたリゾートで過ごした。


DSC08952.JPG

        昨日は吹雪だったが、よく泳ぎ、よく食べ、温泉に何度も入り、たくさん飲んだ。
        けっきょく、妻と居れば、うふふの幸せなのだった。
        こうして老いていくのも悪くはない。



DSC08951.JPG

        スイマーの両親は、スイマーだった。
        ぷかぷか、ぷかぷか。
        きりりと、さて、師走に参戦するか。



ファイト!









寝湯は腹冷え   [温泉]




        昨日は勤労感謝の日だった。
        国民の祝日に関する法律に曰く、
        勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。




DSC02049.JPG



        最高気温マイナス4℃の中、温泉に行った。
        「国民たがいに感謝しあう」ためである。
        およそ90分、露天風呂を主に楽しんだ。

        妻も露天での寝湯が気持ちよかったと言う。
        寝湯に長く居ると、お腹だけが冷えてしまうんだよね、と笑いを誘う。
        午前10時、たくさんの家族連れで、みんな笑顔が楽しい。




DSC02051.JPG



        お父さんに連れられた、小さな子どもが可愛い。
        若いお父さんがたくさん、来ているのも勤労感謝の日だからかな。
        のんびりと子どもを連れて露天風呂、のどかやなー。




DSC02054.JPG



        子どもが小さかった頃のことを、楽しそうに思い出すオレになっている。
        娘を風呂に入れる、娘たちと露天風呂に入りはしゃぐ、確かに記憶がある。
        丁寧に、あるいは大ざっぱに、それでも全力で子育てをした。

        全力で子育ては当たり前じゃないか。




DSC02056.JPG



        露天風呂に設置された大型TVでニュースを見て立ち尽くす。
        大阪市住吉区で、車の中から1才児の遺体が発見されたと言う。
        育児を放棄したり、折檻をして幼児を殺す鬼畜ども。

        殺した我が子を車に放置したり、山中に捨てる奴。
        大阪方面で続いているのは、地域性ではなかろうが。
        子どもは未来からの贈り物、大切に育てようぜ。




ファイト!





        

乃の風リゾート   [温泉]




洞爺湖は子どもを連れてキャンプをする場所だった。
キャンプも3~4泊が常で、観光船にも乗ったしモーターボートで島巡りもした。
しかし、ホテルに宿泊するのは今回が初めてだったと思う。

今までの温泉宿泊とは違い、強迫観念のない、ただひたすらノンビリしたものだった。
ビールを飲み過ぎると蕁麻疹が出ていた私だが、そういうこともなかった。
妻に言わせると、お金の心配をしなくて良いのが助かる、というのも一理ありか。


DSC07712.JPG

9階に大展望浴場があり、ガラス越しのパノラマを眺望できる。大浴場の一隅に螺旋階段があって、屋上露天風呂に至る。連泊の強みは、人が来ない時間帯を調査できることで、露天風呂と湖面が一体化した光景を、独り占めして楽しむことができる。心地よい溜め息が清々しい。




DSC07433.JPG

朝食時間をずらして、ひたすら遅めの行動をとれば、洞爺湖と中島、遠く羊蹄山を眺めながら、珈琲とぜんざいと妻とのさほど重要でもない会話が楽しい。わたしら蝦夷版、夫婦善哉でおます。ちょっと人生をサボって、追い立てられることもなく、景色を吸い込む。うふふ。




DSC07496.JPG

午前11時から午後3時までは風呂も掃除タイムでお休みになる。だから湖畔の散歩を楽しむ。ふたりで歩いたのは9996歩。おとなりのホテルも調査して、カラカミ観光さんは庭造りに凝っていることを知る。こちらの借景も宜しく、しばらく腰掛けて眺めさせて貰う。そして、お土産コーナーでキャラメルを買い、後ろめたさをなくす。


運動能力も低下し、自分に対する失望も多いのだけど、こうして、ただノンビリなんて、かつては出来ることではなかった。そんなことが、出来るようになったんだと、変化を感じたのだった。



ファイト!




洞爺湖温泉「乃々風リゾート」   [温泉]




温泉なんて年寄りの好む所だぜ。奴は冷たくそう言った。
そんなことを言われても、やっぱり温泉が好きだ。
ボクたち温泉が好きで、新婚旅行の第一弾には南紀白浜を選んだんだ。

温泉って、凶暴性を持ったサルですら、うっとりするんだ。
おまけに娘から、ありがとう、感謝ですと言われて封筒を渡された。
洞爺湖温泉2泊、楽しんでおいでと言う、ワクワクする話ではないか。

年寄りになっても、温泉が好きだ、ボク。



DSC07311.JPGDSC07335.JPG

送迎バスに乗って、飲酒して、運転される楽チン加減。
本を読み、景色を眺め、妻を見て、飲む、そういう時間ですら楽しい。
やっぱり北海道は、蝦夷富士と利尻富士、近場は蝦夷富士こと羊蹄山、美しい裾野。




DSC07410.JPG

全室、湖に面した部屋で、この景色を独り占めできる贅沢が嬉しい。
そんなことも全て金で済むにしろ、娘がリッチでないことを知るのだから、ありがとうの量産だ。
もう飲むしかないのだが、まずは露天風呂、そしてB、入ってはBの繰り返し。




DSC07376.JPG

リゾート地に来てせかせかするのはみっともない。
そう思いながらもせっかちに入浴、B、散歩、B、読書、B、はい、夕陽が綺麗だね、B。
それでもやっぱり、ひとつの景色が変化していくのを眺めている。




m1.jpg
露天風呂/TEN QOO (天空)

風呂場は写真撮影禁止だったからHPより拝借したけれど、最高に気分の良い露天風呂。
もちろん「普通の人」が来ない時間帯には、独占スイム・タイムになる。
夜中には星空を見上げて、ひと汗の後のBを考えるだけで、発汗快感、随喜。

ほどほどに、たっぷり汗をかき、B、のんびりして、B、自分が温泉人間だと再確認。
何をしたと言うわけでもなく、よく食べ、よく浸かり、よく飲み、よく楽しみました。



ファイト!




豊平峡温泉   [温泉]




高気圧に覆われて快晴が続いた北海道である。
晩秋の紅葉は、散り残った侘びしさの中、人出の少なさが期待できた。

平日の温泉を楽しむ老人デビュー戦を兼ねて、ドライブに妻を誘う。
ただ、8歳下の妻に「婆さんや」と言うには失礼だから、デビュー戦の対象は私だけ。

01DSC06534.JPG02DSC06451.JPG

目的地まで真っ直ぐに暴走してしまう私は助手席に座り、運転は妻に任せた。
定山渓温泉から脇に入って、山道を登る1時間半のドライブだった。
駐車場から豊平峡(ほうへいきょう)ダムへはバス(電気自動車)での往復だった。




03DSC06559.JPG

黒四ダムを経験してしまっているのでミニサイズに見えるけれど、景色は良かった。
C国の方がたくさん来られており、絶対に近づかないが、お金使ってねと期待した。




04DSC06520.JPG05DSC06522.JPG

ダムの散歩で見えた「もの」が、妻と相談しても理解不能だった。
結局は、何かを投げて当てて遊ぶのかなと、勝手なことを言って、話題を放置した。




06DSC06494.JPG

それよりもと、話題を変えた。ほら、あそこにスキーをしている人がいる。あ、ホントだ。
ずっと昔もこんな会話をしていたような気がする。




07DSC06462.JPG08DSC06571.JPG

豊平峡温泉は良い心地の温泉だった。露天風呂につかりながら、ずっと空を見上げていた。
ぼんやりと空を見上げ、源泉に近づいたり離れたりしながら、2時間近く露天風呂にいた。




DSC07394.JPGDSC07403.JPG

ランチは、なぜか知らないがこの温泉の名物、カレーを食べることになる。
平日にもかかわらず、しかも2時過ぎの食事にしたのに、長い列で順番待ちだった。

おそらくパキスタンの方が5名ほど働いていらっしゃる。
核保有国だから逆らわないけれど、中からピースをするほどの平和的姿勢の方だった。




DSC06618.JPGDSC06636.JPG

帰りも助手席の私は、ずっと空を見上げていた。
妻が「事故」、と言うので空に向けていたレンズを右に振った。
どうして真横になっているのか、考えても分からないから、また空を見上げることにした。





DSC07408.JPGDSC07407.JPG

次女の誕生日と言うことで妻が、甘さ控えめのあずきケーキを作った。
練りあずきが余ったというので、上に文字を書いて貰った。嬉しかった。

ただ空を見上げているだけの露天風呂は、実に久しぶりであることに気づいた。
上々の老人デビュー戦であったように感じている。



ファイト!





財宝   [温泉]



DSC00198.JPG

ものすごく美味しいというわけではないけれど、今夏、拙宅ではコレでした。
妻もお気に入りのようで、持ち歩いては飲んでいます。
「財宝」って珍しい名前で、ローカルな温泉が始まりだと思います。
妻が今春、鹿児島で日帰りを経験した、地元の小さな温泉です。
おそらく銭湯未満の規模ですが、東京ドームの得点板の左にこの広告があり驚きました。
「財宝」「財宝温泉」、もの凄い名前です。

昨日、風呂上がりにテレビをつけると女子バレーをやっていました。
グラチャンとか言って、いつなったか知らないけれど女子日本は世界ランク3位だそうです。
この大会の開幕戦で、日本はロシアと戦っていました。
1セットを取って、第2セットで競り合いをしている時でした。
木村さんがアップになり、腰を抜かしそうになりました。

DSC00191.JPG

なんと、財宝じゃありませんか!

DSC00196.JPG



そして恐ろしいことに、CMまで・・・

DSC00195.JPG


鹿児島の三女が財宝のTVCMがあると言っていたけれど、これのことだったのでしょうか。驚き。
何が驚きって、「財宝」ですよ、財宝。
御利益ありってことでしょうか。何だか近づいてきている気がします。来てますねぇ~。


さあ今日も、財宝のペットボトル持ってJR通勤、ファイト


ランドマーク崩壊   [温泉]



ランドマーク崩壊の憂き目を見る。

高速道路を降りると、わかりやすい、異様とも呼べる、船の形をした建造物があった。
移り住んだ頃は、「ビックシップ」と呼ばれていた。一度、入ったことがある。
それが親会社の変更で、「グルメシップ」と改名し、前の職場で一度だけ宴会をしたことがある。
不評だったことを覚えている。

そしてやっぱり経営不振で経営者が変わり、「じょいくるーず」と改名したがすぐに潰れた。
もちろん、一度も行ったことはない。全部で2回利用しただけである。
場所と時代に合わない、というのが実感であった。

先っぽに、灯台まで設置してあるのだが、何をしたかったのでしょうかねぇ。
CIMG8329.JPG


重機が入り、削り取られていく。
温泉も止めてしまったのでしょうか。
それとも異様な建造物は破壊して、普通のスーパー銭湯に変えるのだろうか。

CIMG8325.JPG


一抹の寂しさはあるが、仕方のないことでしょうか。
ランドマーク崩壊である。

登別   [温泉]

今までは「新年フェスティバル」が登別の小さなプールで実施されていた。1月2週あたりの土日に行われるので、金曜から行って親にとっては2泊3日の温泉旅行でもあった。

ただ、山の上の温泉街に泊まれば宿泊代金が高いので、山の下にある観光バスの乗務員が宿泊する簡素な旅館に泊まっている。地元の人が入る銭湯温泉が宿泊施設を兼ねている、といった図である。

大会にチチのイビキで眠れないとなると大変だから、出発当日、二部屋にしてくれと泣きを入れたのだった。すると、土曜でほぼ満室状態だったから、もう一部屋は普段であれば高い料金になる、唯一の洋室を開放してもらったのでお得だった。

いつも私たちが泊まる一番奥の二部屋(左側)の通路を挟んで向かい側の二部屋(右側)を利用できることになったのだった。結局はチチなど酔っぱらって眠るだけだから、どうってことはないのだけど。

チチと母は洋室。
CIMG3067-1.jpg
もう一部屋はいつもと同じ。
CIMG3068-1.jpg
変化は食堂が椅子式になったこと。
CIMG3072-1.jpg

聖歌   [温泉]

なぜか眠る前に聞きたくなる聖歌
気分はきりりと温泉
おやすみなさい