So-net無料ブログ作成

引っ越し準備開始   [仕事]




ベトナム落ちた、ニッポンで生きろ。
大変だというセリフが似つかわしい、キツイ生活が始まった。
奴隷のような、作業が、つ・づ・く。



AA4I1823.JPG


フィギュア女子、ザキトワちゃんがメドベージェワを越え世界最高点。
運転中で見落としたが、その後、4位と5位の演技ばかり、見たくないのに流れる。
あたしゃ、ザキトワちゃんの世界最高の滑りが見たいんだよ。

そんな文句が出るとは知らない昨日の朝の空気は気持ちよかった。
昨日はね、引っ越しの見積もりが終了し、イチバン良心価格の会社に決定。
高騰価格の直前で、ギリギリ押さえることが出来ました。




AA4I1807.JPG

毎週水曜日は粗大ゴミの日。
机は900円、イスは200円で持っていって貰う。
引っ越しを機に断捨離も、少し加速です。



AA4I1834.JPG

どこかの空き地に置いてこないか。
ダメよ、そんなことしちゃ。
そこの川にそっと置いてくるよ。
何考えてるの、そんなことはいけないの。

ケーズデンキまで運び、3456円払った。
2階から下ろすのに腕がしびれてしまった。
ケーズデンキの女の子は軽く担いで運び、妻が大声で驚いた。



AA4I1843.JPG

近くのリサイクル工場へブラウン管以外の電気製品を搬入。
DVDデッキ2台、MDデッキ、パソコン2台、餅つき器。
5人家族から2人家族への断捨離。


娘たちの賞状、全国大会を除き、段ボール箱1つ分を再生紙に出した。
引っ越し用の段ボール箱は、あさって入ることになり、加速が加速。
凹んでいられないし、腕が痛くなってきた。




ファイト!






ファイト!(102)  コメント(7) 

休職から求職へ   [仕事]




ベトナム落ちた、ニッポン死ね。
ふてくされても、そんなゲスなことは言わない。
ただ、ふてくされているだけなんだ。




AA4I1787.JPG


そして、読んだ本のことなどを思い出しているのだよ。
言葉に救われるから、生きてる人間かな、感謝だ。
コメントも然り、三姉妹それぞれの、推薦書記入者の、言葉が響く。




AA4I1788.JPG


救いは一歩踏み出すことだ。
さてもう一歩。
そしてこの同じ一歩を繰り返すのだ。 (サン・テグジュペリ)




AA4I1804.JPG


ベトナムは閉ざされたけれど、さあ、ないかね、オレの居場所は。
本日の山場、引っ越しの見積もり査定に業者が来る。
もう一社も準備し、2月25日の売買契約後に、おおむね確定する。

山が動き始めた。
ふてくされているのも、本日の正午まで。
「ァ」を付けて、逆襲に出る。




ファイト!






ファイト!(123)  コメント(8) 

残念至極   [仕事]





ちょっと凹み方が激しいから 来週より立ち直るとしよう
雪が こんな雪が静かに繰り返される日々に
またかって 畳みかける 落ち込み地獄




AA4I1785.JPG


11月に元同僚の校長たちに複数の推薦状を書いてもらい。
規定の書類に文字を埋め込み、履歴書とエントリーシートを作り。
大学の卒業証明書を用意し、あれこれ、郵便局とのおつきあい。

そう、オレ、ベトナムでもうひと暴れしたいって、申し込んだ。
一次に合格し、1月は、健康診断書を良い状態にしてから作り。
2月に入り、二次面接を受けに大阪へ行った。




AA4I1786.JPG


感触としては五分五分。
人をかき分けてでも自分を売り込むのはイヤだったけどね。
1時間あまりの集団面接は厳しい質問が飛び交い、返答を楽しんだ。

第2次選考結果を踏まえ、慎重に選考を重ねましたところ、貴殿をベトナムに派遣することは見送らせていただくこととなりました。


昨夜届いた選考結果、残念至極。
人生がなくなったくらいに落ち込んでしまった。
しばらく元気を失うことになる。

あーあ。
オレって、必要とされない人間だろうかってね。
生きていく場所はあるのだろうかってね。




フィト!






ファイト!(94)  コメント(7) 

売り家を見に来る人   [仕事]





昨日はね、朝から大変だった。
午後1時に、業者さんが、家を見たいって人を連れてきた。
車を止める駐車スペースを作らねばならない。

  
AA4I1035.JPG


朝、妻を送った後、自宅の駐車スペース拡張作業をおこなった。
2台分のスペースを1台で使っていたので、拡張である。
おまけに庭の雪捨て場も広げるために、踏む踏む、踏む踏む。




AA4I1044.JPG


思いのほか体力を消耗して、頑張って3台分の駐車スペースを作った。
1台は、斜めに止めてもらったが、3台を詰め込むことが出来た。
若いご夫婦、お子様2名。




AA4I1052.JPG


業者さんが家の中を案内して、オレは別大マラソンを見ていた。
何だか小っ恥ずかしくて、でもちゃんと売れると良いなと思った。
来週も日曜に、見に来る人がいる、がんばんべ。




AA4I1029.JPG


今日から雪祭りが始まる。
足元も今のところ滑らないだろうと思う。
オレは冬道用の靴で、今の路面だと滑らない。

自分にとっては最後の雪まつり。
写真を撮りに行くけれど、妻は来るだろうか。
金曜の夜にでも誘って、ススキノで呑むかな。




ファイト!






ファイト!(120)  コメント(14) 

萌芽   [仕事]





一昨日、フムフムをして陽当たりを良くしたのだが。
昨日の朝、起きたら音もなく降り積もった雪が、幻滅を灯してくれた。


AA4I0858.JPG

連日のフムフムは、足腰を痛めるので、無理はしない。
無理はしない時の呪文を唱える。
どーせ、みーんな、春になったら溶けちまう。


AA4I0863.JPG

拙宅で豆苗を食してから、3度目の発芽であるが、初々しい。
ただ、見た感じ細身ではあるが、妻が作る畑の質の高さかな。
水をキレイにするという注文付き。




AA4I0867.JPG

昨日、妻が市川へ、先遣隊として偵察に出た。
次女のために、嬉しそうに和菓子を買い漁っていた。
昨夜は、女子会だろうな。

今日からオレ独身。
折り紙の練習を始める。
ネットのビデオ解説で、まずは、鶴の折り紙技術習得を目指す。

また本日、中央郵便局より重要書類を送付。
これで、人事を尽くして天命を待つ、明鏡止水の心境で。
どーんと来い、2月、如月。




ファイト!






ファイト!(122)  コメント(7) 

むかしはゆるかった   [仕事]





喪失と所有 そして死と生は一体
輝く太陽がなければ影も落ちない
       (ヒレア・ベロック)




今年の漢字に「北」が選ばれたと聞く。
むかし北高に勤務していたが、職場の仲が悪かった。
北という字は人と人が背中会わせ、背くという意味だ。
そんなことを誰かが言ってて、納得した職場であった。



DSC01309.JPG

帰る時間を早くにするというのは、賢者のワザ。
北海道では、酔っ払って道で寝る人は居ない。
凍死をするか、もしくは寒くて風邪をひくから。






1994年9月21日(水) TDL/スプラッシュマウンテン

1994年9月21日(水).jpg

ハードディスク内の整理と処分中の、事故写真。
恥ずかしくなってしまう証拠写真だ。
修学旅行の仲良し引率だぜ、叫ばずに我慢しろよ。

あーあ 土曜でもないのにアロハで正装する奴が居る。
それでよく 学年主任やっとったな。
45人×7クラスの生徒を引率する校長も、スプラッシュ!

オリエンタルランドが印字した時間は、19時20分。
勤務時間外だから、多少大騒ぎをしても許す。
ゆるい時代、今のセンセイが少し可哀想だ。




ファイト!





ファイト!(116)  コメント(10) 

バトンタッチ   [仕事]






風呂上がりに2階ですっぽんぽん体操をしていた。

玄関のベルが鳴り妻が対応し、呼ばれた。

客人だという。




すっぽんぽんおじさん

スクランブル発進で

駆け下りていく





空手少年.JPG


私が函館時代に、サッカー部員だった教え子が来た。
彼も札幌市内に住んでいて、年に一度は顔を見せる。
空手の練習に行く前、息子を連れて、遠回りして寄ってくれた。

お兄ちゃんは、小6の部で3位。
全国大会だからね。
眼光鋭い弟は、努力賞。

それぞれとガンの飛ばしあい、メンチ切りまくり、にらめっこ。
おらぁ、目をそらすなと、弱虫の爺さんが、エラそうに言う。
オッサンと自称しても、彼らには爺さんだろうしな。





武道館.JPG


お土産をくれた、武道館まんじゅう。
柳ジョージのコンサート、大学の卒業式以来、行ってない。
あのビートルズが演奏した、武道館のまんじゅう、もちろん仏壇に。

置物は困るけど、飲食系のお土産は嬉しい。
お土産がなくても、教え子の、その子どもの活躍が嬉しい。
幸せだなと、思ったオッサンである。





ゴールドバニー.JPG

(Gold Bunny /北大植物園にて)


人が訪ねてきてくれることは、嬉しい限りである。
教え子が、子ども自慢にやって来る、嬉しい限りである。
オマエタチ ハ キタエテ アル

おそらく正しく、子育てを今後もやり続けてくれるだろう。
何となくだが、バトンタッチが出来ているような気がする。
しあわせだなぁーって、思うのさ。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(7) 

闘魂注入   [仕事]




一昨日の最高気温   4℃。
昨日の最高気温は 17.9℃。
激しい変化だ。

DSC03816.JPG

一昨日は吹雪もあり、着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます。
自宅海峡、冬ぅ景ぇ~色ぃ~。


DSC03825.JPG

日本ハムファイターズ、あまりにも貧弱な打線、投手が居ない。
もう、精神力だけだから、一昨日、札幌ドームへ闘魂注入に出かけた。


DSC03847.JPG

大谷が控えに回っていた。
こんなとこで何やってんだと、注意一秒ケガ一生。


DSC03878.JPG

ツクシのお姉さんが出てきて、膨らませて飛ばしましょうと、案内です。
なんだか、わくわくしてきたぜ、オジサン。


DSC03886.JPG

ま、現在、最下位であったとしてもよ。
こんなペナント2枚も掲げてるのは、わしらだけじゃけんのぉ。


DSC03918.JPG

とてつもなく危ない試合であったが、闘魂注入のお陰で何とか勝利した。
お陰で泥酔に近づいてしまったけど、陽気なのは、妻が楽しそうだったから。
それにしても、ポリーちゃん、可愛い。
何とかディズニーデビューをさせてあげたいほどの完成度、美脚。

これで暫く日ハムも宜しかろう。
妻の言うには、私の札幌ドーム無敗記録がまた伸びた、と。
さもありなん、あれだけ呑んだら勝つ、平和なニッポン、ハム、ファイターズや。



ファイト!






ニッポン落ちた   [仕事]




アルバイト落ちた、ニッポン生きろ。
思いのほか凹んでしまった。
行けそうな感じのアルバイトだっただけに。


DSC01162.JPG

平日の夜5日間か、土日の終日か。
人が来そうにない方を選ばないと。
妻はそう言うけれど、土日労働を選んだオレ。
面接官5人の笑顔に騙された。



DSC01163.JPG

学校の体育館開放に伴う開け閉めと、管理。
まあ、ちゃんと真面目に働くつもりだったがね。
笑顔も作って面接受けたけど、落ちた。
心なしか、残尿感以上に、後を引き響く。



DSC00958.JPG

結局はこういうコト。 誰彼を恨むつもりもなく、ただ、東京で会った卒業生に、9月には先生宅にお邪魔しますと言われ、土日はダメだよ、オレ働くからと、その気になって言っていたし。 次女にも、6月頃にはディズニーシー誘ってねと言ってたし。 強気すぎたのかしら。

いや、こういう流れなのである。 神が乗り越えろと試練を与えたのではなく、やるべきコトをやれと、このアルバイトを回避させたのだろう。 いよいよオレの人生、懸賞生活に傾いてきたのだな。 まずは予定通り、今月を楽しむ。 そして、目処を付けるぞなもし。




ファイト!






サッカー熱   [仕事]





        高校時代、サッカー小僧だった。
        広島の社会人リーグでもやったし、函館の社会人リーグでもやった。
        教員時代、部活顧問として、サッカー部を鍛えてもいた。
        今でもサッカーは好きで、既に、観戦者だが、ファンだと思っている。




DSC00622.JPG
(玄関にバイエルンミュンヘンのペナントを飾って迎えた)


        ホームステイの受け入れをずっとやってきた。
        札幌市とポートランド市が姉妹都市だから、アメリカが中心。
        韓国、英国、カナダ、豪州、フランスからも人はやってきて泊まりはした。
        しかし、玄関には星条旗とトリコロールしか掲げていなかった。



DSC00587.JPG
(コンサドーレ札幌の練習会場を写すベンヤミンさん)


        今回、ベンヤミンさんを迎えるに当たって、工夫した。
        1974年W杯優勝の西ドイツ主砲、ゲルト・ミュラーのサインペナントを掲げた。
        これはサッカー小僧の宝物だけど、玄関に掲げて、ドイツ人に敬意を表した。
        ベンヤミンさんはよく知っていて、理解してくれた。



DSC00592.JPG
(ドイツでの応援風景を見せられ、「行きたい!」と叫んだオレ)


        京都での留学中も、チームの大事な試合の応援で、ドイツに帰ったらしい。
        応援は本気で、イノチガケと言っていいくらいの彼である。
        昔やっていたとか、サッカーが好きだとか、その程度とは違う。
        ベンヤミンさんがサッカーを語り始めると、あまりに熱くて、狂熱でaru。



DSC00570.JPG
(SAPPORO を愛してくれたようだ)


        彼は、柏レイソルのサポーターと行動を共にして、J1を追うようだ。
        札幌との試合も、もしかすると来るかも知れない。
        そして、コンサドーレ札幌のひたむきさが好きで、札幌も応援するらしい。
        まだまだ未熟だと、おっさんは反省した。

        ブンデスリーガを是非、体験しに来るように言われた。
        ドイツに発煙筒の応援を見に行きたい、そう思っている。
        そして、自分のサッカー愛が、まだまだ未熟であると、知った。
        本気さが足りないのかもな、オレって。




ファイト!