So-net無料ブログ作成
新聞から ブログトップ
前の10件 | -

波紋   [新聞から]





昨日は、運動不足解消に午前5時半のポタリングに出かけた。
水元公園と小岩菖蒲園で写真を撮った後、コンビニでお買い物。
元旦でもないのに、紙きれと呼ばれる朝日以外の有力紙を買ってきた。




1 黄色.JPG



各紙ともコラムで日大アメフト部の不祥事を辛口で取り上げていた。
東京新聞、読売新聞、産経新聞は一面から厳しく扱っていた。
日経はスポーツ欄と社会面だけで、最も大人しかった。




2 白紫.JPG



ある程度整理された形で考えると、とんでもない、大学の醜態。
日大アメフト部監督以下、首脳陣は卑怯者になった。
日大自体に自浄能力がないと、馬脚を現したか。




3 白紫黄.JPG



産経は社説を使って手厳しいが、その通りと思える。
(前略) 社会問題化後は指示の有無について明言せず、「いろいろな臆測に対応し切れない。心外だ」とまで述べていた。◆内田氏は監督を辞任したが、大学の実質ナンバー2である常務理事の職は続行する。教育に携わる資格があるのか。日大は相当の決意をもって大学や部のあり方を見直さなければ、社会的存在意義さえ問われる。◆関東学生アメリカンフットボール連盟の15大学は21日、この問題を受けて共同宣言を発表し、「日本のフットボールが将来も存続し得るか、極めて強い危機感を持っている」と懸念を示した。日大は「判断できない」として名前を連ねていない。日大こそ、極限の危機感を持つべきである。 (後略)





4 白黄.JPG



マンモス過ぎる日大は、変化を生み出せないのだろうと思う。
自主創造を掲げながら、一党独裁に近い支配の構造があるようだ。
日大を今年落ちた人は、行かなくて良かったと思うだろうな。

さて、水泳の池江さんは来年、日大に行くのかしら。
そして古賀クンがドーピング陽性反応が出てしまい、困ったもんだ。
彼は第一三共に所属してるんだけど、さてさて。

どこに所属するか、どこを卒業したか、一つのバロメーター。
社会的責任という拳で、みーんな突き上げられるのだけどね。
日大の遅すぎる鈍感な対応は、炎上しちゃうだろうな。

もう、ショータイムになっちゃった感じの、日大。
相撲か野球でも見て、飲むしかないかな。




ファイト!











ファイト!(104)  コメント(13) 

危機管理学部があるんだって   [新聞から]





雨が降る前にと、市川動植物園へ行った。
あまりの暑さに我が兄弟、ゴリラが暑さで固まっていた。
暑さで固まったゴリラしかいないのだ。

ゴリラもキリンもシマウマも固まっていた。
固まって動けないのは可愛そうだけど。
意表をついて薔薇園が威勢良く、散る薔薇も咲く薔薇も、まだ等しくある。




AA4I6555.JPG

妻が言うには、ここは「動植物園」、動物に期待するな。
なるほど、それにしても目の大きなゴリラやな。
だんだんオレ、眼が小さくなってゴリラとの乖離があるな。




ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ2.JPG
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ (フランス)

薔薇族のsnowさんに負けないように本腰を入れて写した。
マクロの決死圏であったけれど、平成では通じないかな。
芳香剤ではない薔薇の香りで、おじさんウットリである。




ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ14.JPG
ツル.聖火 (日本)

一本の木に赤く咲く薔薇と、白く咲く薔薇がある。
手の込んだ、名前も初めて聞くものばかりである。
母が好きな花、見たかった花が、薔薇。




新雪1.JPG
新雪 (日本)

自分が白いバラを好んでいると、最近気づいた。
何か意味があるのかどうなのか、少なくとも気高きものを求めるのであろう。
気高きもの、素直な心だよ。



怒ると怖い高校国語教師だった現役時代。
でもね、生徒にも保護者にも同僚にも、謝る時は早かった。
謝りに行かせてくれなかったとき、読売新聞に大きく出たけど、ね。

問題が発生したら、まず、ごめんなさい。
1.問題点の把握(事実を確認し隠さず提示)
2.問題点の分析(なぜそうなったかそうなるかを提示)
3.解決法の決定(今後二度と起こさないためにどう取り組むかを提示)
そして再び、ごめんなさい。

トップが優柔不断で、ごまかしばかりだと、事態は確実にこじれる。
「事情聴取」にばかり時間がかかり、傷口が広がってしまう。
3倍ぐらいに膨らんでから、しっぽ切りが始まる。

現場には、やってられねぇぜ、という空気だけが流れる。
日大には危機管理学部があるらしいけれど、偏差値は下がったね。
日大本営発表、って感じなのかな。




ファイト!







ファイト!(112)  コメント(11) 

厄除けにも理由がある   [新聞から]





記憶の中に、佐野厄除け大師という響きがある。
先週、関空からの帰りの飛行機に乗り遅れたこともあり、意識していた。
厄除けの機会があればなぁ、と。





DSC02280.JPG

LCCを廃棄してJALで帰ってきたのには理由があって、義母様との約束。
翌日の、あしかがフラワーパークへの運転業務だった。
高速を降りると、佐野厄除けの文字が入り、オレのためだと確信した。

行ってみると、おったまげた、すんばらしー。
釣鐘と撞木(しゅもく)がキン・キン・GOLD、真っ金、金。
これはジャンボのお告げではないか、と気合が入った。




AA4I3166.JPG


業務を終えて帰り、夕刻にテレビを見て腰を抜かしそうになった。
フジテレビだったが、バカ野郎なアナウンサーの実況。
金正恩の妻が車から降りたところでバカが言う。

「李夫人が淡いピンクのワンピースをお召しになっています」
非常に不愉快な気分になった。
多くの日本人を拉致したまま返さない犯罪者に、「お召しになる」はない。




AA4I3156.JPG


南北の「笑み」を「歴史的」と呼ぶな / 福井県立大学教授・島田洋一 (前略)北朝鮮による外国人拉致は、身分の盗用や教育係の確保など国家的なテロ・破壊工作の一環である。単なる誘拐ではない。そして他人になりすました工作員の最大のターゲットは米軍基地である。日本が特にアメリカに共同対処を呼び掛ける根拠がここにある。 北が工作員をすべて引き揚げれば、彼らの顔を知る拉致被害者を全員解放できる。解放しないのは、工作員を潜入させ続けているためと見る他ない。「完全かつ検証可能なテロ放棄」の核心が、まさに拉致の解決だといえる。(後略) /産経新聞 2018.4.30





AA4I3159.JPG


審議拒否という怠慢を主導する野党の愚かさ。
正義の使者のようにふるまう前に、拉致された人を取り返しに行ってくれ。
モリ、カケ、セクハラと騒ぐ前に、拉致された人を奪還する作戦を提示してくれよ。

「#Mee To」運動をやるなら、山尾志桜里さんを先頭に出してほしい。
立憲民主党の青山雅幸衆院議員のセクハラも同じ圧力で追及してほしい。
などと負け犬の遠吠えでしかないから、言わん雷帝。


4月はずっと不愉快なモヤモヤが続いたので、今日から脳天気に勉強する。
三脚を買いに行くのは、今日かしら。




ファイト!







ファイト!(112)  コメント(7) 

若返らない会   [新聞から]





伊達なクラブ仙台 《西町 わかがえる会》
そんな集団があり、私は属せそうにないが、彼らは「老人の船」に乗る資格を得た。

どこかの有名な花見に行くのに。幹事さんが一駅もどって始発から乗り、「席をお譲りください。次の駅から、敬老者が16名乗車します」と置き紙をして、4人掛けボックス席4か所に置いたという。まあ、炎上するのは当たり前の無神経ぶりだが、思うことが一つ。

この親切な気配り幹事さん、一駅戻って始発から乗って座席を確保したんだけど、おそらく改札を出ずにやっているだろうから、キセルも平気でやってるんじゃないかな。スイカで乗ってたら全く感知せずだろうし。仙台だぜ、伊達なクラブだぜ。




AA4I2649.JPG

妻が札幌で使っていた自転車を借りて使っている。
そろそろ自分用を買うつもりだけど、まだ迷っている。
スポーツタイプか電動自転車か。


AA4I2648.JPG

電動自転車の、その重々しい感じがちょっと困りそうだし。
衰えつつある脚力を維持するためにも、スポーツタイプなのか。
ある意味、悩み続けながらも、今週は妻の自転車で金町まで行ってみるつもり。

そういう遠征ののち、どっちにするのか考えてみようと思う。
お達者なクラブ市川 一匹狼は若返らない会
動き始めるぞう。




ファイト!






ファイト!(112)  コメント(12) 

6月の楽しみを奪わないでくれ   [新聞から]





昨日の午前中、里見公園に行った。
ローカルTVで桜祭りの模様を流していて、行こうと思っていた。
大きな公園を想定して行ったが、まあ、都会に近いとこうなのかな。

15世紀にこの地に太田道灌が仮陣を置いた、などと看板に書いてあった。
そうかぁ、その戦は勝ったとあるが、さて、サッカーW杯、勝てるのか。
ハリルホジッチ監督の突然の解任を、まだ頭の中で整理できていない。




AA4I2653.JPG


6月のW杯を前に、監督解任という協会の「勇断」が理解できないでいる。
解任の理由は聞いて驚く、コミュニケーション不足。
「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきた」で解任か。

しかも、選ばれた後任監督が、西野朗。
彼は、代表チームに帯同して、選手と監督の間に立っていた人物。
しかも、西野氏はW杯で指揮を執った経験がない。

西野氏は、U-20、U-23 の代表監督以外は、Jリーグの監督歴しかない。
こんな突然の解任で、協会の、理解できる説明はない。
ハリルホジッチ監督を更迭するなら、昨年12月で良かったはず。





AA4I2654.JPG


西野氏を「マイアミの軌跡」と称賛するが、あれはブラジルの自損事故。
しかも嵐のような、怒涛のシュートの山をさばいたGK川口のおかげで勝った。
ベタ引きで守って、まぐれで点を取るサッカーなんてつまらない。

その後の試合、西野監督は引いて守れと指示を出すだけだった。
ピッチ上で「勝てる」と判断した中田英寿らが攻勢をかけると、・・・??
あとの試合に中田の姿はなく、まぐれでブラジルに勝っただけの五輪予選リーグ終了。





AA4I2660.JPG


感情で采配を振るう「温情派」の監督として、西野氏に好感を持たない。
サッカーの魅力はそのスピードと意外性にあると、私は知っている。
リスクテイクして冒険する醍醐味があるのだが、守りだけ重視の大昔に戻るのか。


サッカー協会は、英断なら韓国戦に大敗した12月に下すべきだった。
おそれるのは、「日本人監督で勝つ」との血迷った発想。
日本代表が勝つことだけを期待していて、今回のドタバタが鬱陶しいのだよ。


今まで代表監督を応援したことは一度もない。
サッカー日本代表を応援したいだけなんだ。
頑張れ、大谷クン!





ファイト!






ファイト!(123)  コメント(8) 

雑感ってこと   [新聞から]





むかし村上龍さんの本で読んだ「老人の船」の話。
若い起業家との話で、このままでは日本がダメになると言い、そこでアイデア。
ある一定以上の年齢のおじさんを「老人の船」に乗せて、何年か世界を回る。

知識や技術を持っているのだから、世界各国に寄港して、活躍する。
世界から日本が感謝され、数年間「老人」不在のうち、新しい国を創建できる。
「今まで」だとか、「昔は」という言葉が不在の中で、新しい価値観が生み出せる。

そういう話を、昨日は思い出してしまった。




AA4I2607.JPG


もう、どっかへ行ってほしい会長やら、副会長。
昨日初めて知った驚きの、副会長が8人もいる。
日本レスリング協会、副会長が8人だって。




AA4I2614.JPG


むかし輝かしい成績を出したらしい方々が、たくさんいるようだ。
要するに、しがみついているだけの名誉職、副会長8人。
これじゃあ何も決められないし、おまけに、だれも責任を取らない。




AA4I2634.JPG


この地球上に、現在、オリンピック5連覇を狙えるのは、何人いるんだ。
一人でも我が国にいるなら、大切にしようって、思わない化け物の協会。
霊長類最強ですらできなかった4連覇なのに、どうしてリスペクト出来ないのか。

あの協会の、会長、副会長、理事、ぜ~んぶ、老人の船に乗せたいものだ。
彼らが3年ほど世界を回って、役立つ仕事をして帰ってきたら、称賛する。
偉そうにするだけで、何がアスリートファーストだ、と思う。


不愉快などこもかしこも「協会」だ。
だから、大谷クン特集を録画して、何度も見ている。
うちの息子やねん、って。




ファイト!







ファイト!(120)  コメント(8) 

何を見て前に進むか   [新聞から]





日経の朝刊に、あまり好まない作家の林真理子が連載小説を書いている
「愉楽にて」という作品だが、彼女の介護経験を使った作品であろう。
昨日の話で重い箇所があった。
入院中の母・真佐子が見舞いに来た息子に語る場面の台詞が少し重い。




AA4I1371.JPG


「年寄りってかなしいもんだなあってつくづく思うわ。旅行したり、友だちとおいしいものを食べたりして、そのことを忘れようって必死になるけど、所詮あとは死ぬだけなのよ。ある時まではね、みんな元気そうなふりをするの。だけど気づくの。ふっと空しくなるのよ。何をやったって後は死ぬだけだって」




AA4I1358.JPG


私も肉親を失い、更に肉親が順番待ちをしている現実。
無気力になったり、空しくなったり、そういうことが多くなったのだ。
かと言って、思い出話ばかりはイヤである。

だからこそ、新しいことを始めるように意識する。
新しい出会いを恐れないで、前に進む。
そんな生活を作ることが大事だと、学校では教えてくれなかった。

確かに、ワルの頃の充実感が全く消え失せてしまった。
しかしながら、今さら、ワルに戻るのはイヤだ。
ゆえに、新しい生活を恐れないで、前に進むしかないのかな。




ファイト!







ファイト!(120)  コメント(9) 

清宮クン   [新聞から]




日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(東京・早稲田実高)が8日、千葉県鎌ヶ谷市の選手寮に入寮した。 ( 2018年01月08日 Yomiuri Shimbun )

こんなことがニュースになる。
おそらく全国放送でも流れたのではないかな。
はやく、札幌に来て欲しいぞ。


DSC_0007.JPG

さっそく清宮クン向け、太めサイズのユニホーム作りも始まった。
お針子さんも忙しそうである。
鎌ヶ谷の方は先輩のハンカチ王子に任せて、開幕ベンチに居て欲しいな。

清宮クンこそ、北海道の景気回復の切り札だ。
日本ハムを美味しそうに食べてくれるだろうし。
早く来い来い、旭川のことを旭山と言う清宮クン。




ファイト!






ファイト!(109)  コメント(6) 

来るな 超巨大地震   [新聞から]




北海道沖で超巨大地震切迫の可能性あり
政府の地震調査委員会が19日、千島海溝でのマグニチュード(M)9級の巨大地震の発生について「切迫性が高い」とする長期評価を公表した。  (2017.12.19 19:24/産経ニュース)




DSC08159.JPG


昨日の午後になると、物騒なニュースが流れた。
切迫性が高い巨大地震が北海道にやって来る。
いつよ、いつなんだ。
そのとき この球体が転げ出すかも知れないぞ。



DSC08177.JPG


今週に入ると、月曜、火曜と続けて中央郵便局に行った。
行くだけの理由があるのだけど、札幌駅北口側の地下道を歩いた。
おそらく、合同庁舎に通勤する公務員のための地下道だろう。



DSC08188.JPG


合同庁舎に用事がある人は皆さん車で行く。
通勤と退勤時間以外は、混雑していない。
雨の日のサッカー部練習に使おうかと真剣に考えたことがある。

しかしこういう無駄にも近い空間が、核攻撃に備えたものかもしれない。
あるいは、やがて襲ってくるであろう巨大地震の避難場所か。
でも、地下道は、核攻撃以外には危険地帯であろう。




ファイト!










ファイト!(117)  コメント(11) 

黒板に叩き付けるって本当ですか   [新聞から]




2017年という現在の現代に、これはアウト!
小2女子児童の頭を掴んで黒板に叩き付けたら、アウト!
文字にすれば怖いけど、実際は柔らかくやったとしても、アウト!


■ 小2担任、女子児童の頭つかみ黒板にたたきつけ
 愛知県豊橋市の市立岩西小学校で、40歳代の男性教諭が、担任を務める2年生の児童5人に体罰をしていたことが9日、わかった。◆同市教育委員会によると、10月上旬、教諭は女子児童の頭をつかんで黒板に複数回、たたきつけた。他の4人に対しても今年4月以降、定規などで頭をたたくなどしたという。◆女子児童の保護者から連絡があり、市教委と学校で事情を聞いた。教諭は「(児童らが)教えた通りにできないので腹が立った。申し訳ない」と話しているという。市教委は9日午後に記者会見を開く。  (2017年11月09日 11時21分 /読売新聞 )



アウト! アウト! アウト!



DSC05868.JPG


現役教師だった頃、TT(team teaching)が必要だと思っていた。
本来は、授業内の落ちこぼれ救済の機能だけど。
インチキ授業や教師の不正を牽制する意味でも、必要だと思っていた。

TT は、何度か意図的にやったことはあるが、それはお互いの研修のため。
自分の授業を見に来てもらって手伝ってもらって、主に研修として。
人あまりの時代に、少人数授業やTT、できないもんかな。

退職した元教師のおっさん、役に立ちまっせ。
時給800円のアルバイトをして腰を痛めるより、ね。
時代遅れの体罰、学校が機能していないんだなと思うよ。




ファイト!






ファイト!(121)  コメント(12) 
前の10件 | - 新聞から ブログトップ