So-net無料ブログ作成
検索選択

薫々堂ふたたび   [味]






朝からセミのうるさい大阪駅前第四ビル横であった。

あるひと曰く、「売り場の右横にケースに入れられた七億円の札束が陳列されていますが、一番上だけがホンモノで本体はニセモノのようだと睨んでいますが、さて。」



DSC02385.JPG

一番上は、小さく見えるおいらの頭。
籠池さんじゃないけれど、ほとんど全部ニセ物じゃないかしら。
だって、警備が全くの手薄で、行列の方にしか人員を割いていない。



DSC02572.JPG

薫々堂ふたたび
電話くれたら冷やしといたのにと言われました。
とても面白く美味しい物でしたが、冷やすともっと美味かろう。

表皮は薄ーく、伸縮自在の伸び伸び感とモチモチ感たっぷり。
歯触りというか噛んだ感触が上品。
そしてパインがキュッとして、良かった。

亀戸神社の近くで食べた青梅大福を超えたかもしれない。
次女のためにもメモするが、季節限定。
その時は、電話して冷やしておいて貰おう。




DSC02598.JPG

暑くて目眩がするので心配になった。
200円だが、熱中症で倒れるオッサンを演じるよりはいい。
何だか効いたような気がして、母には元気な顔を見せるのだ。



DSC02653.JPG

母のために花の写真をばかり写していた。
スナップ写真はどうやって写すのか、知らないことに気づいた。
団扇を受け取ってあげるから写させて、と写したスナップ、これでいいのだろうか。

案の定、母は、花の写真を大いに喜んだ。
写真大きくして送ってな、部屋に飾るわ、という。
厳選して送ろうと約束したが、動画の方が気に入っていたぞ、お上手か。


35℃を異常と感じる神経を、私は持っている。
暑くて汗だくで、オレ以外の人の、強烈なニオイがする電車。
現金引き出しコーナー、コンビニ、喫茶店と、飛び石で体を冷まして移動するオレ。

大坂夏の陣、終了。




ファイト!








ブロッコリーを楽しむ   [味]





久々に雨の降る札幌だった。
家庭菜園のキュウリとミニトマトが喜んだ。
でも、湿度が上昇して、不快感は増した。



DSC01947.JPG

裏庭のアジサイが、初めて花をつけた、と思う。
どうしたことだろう。
オレ、もうひと花咲かせそうな予感かな。



DSC01949.JPG

雨が小降りになったので、窓から写す。
エアコンをつける前に、身を乗り出して写す。
乗り出しすぎて、落ちそうになったけど。




ブロッコリーだぜ.JPG

ブロッコリーが心臓に良いと聞き、夏バテを予防でブロッコリーづくし。
自分では会心のヒット作かな。
3点セットで、勝負でしたね。

ブロッコリーのカニ玉あんかけ
ブロッコリーとベーコンのニンニク炒め
ブロッコリーたっぷりのオニオンスープ

個人的な感想ではありますが、美味しかった。
三連発で楽しむことができました。
心臓強化ですかね。




ファイト!







冷や奴だよ   [味]





プールに行く、どうする?
妻に言われ、置き去りにされないように、付いていった。
平岸プール、50mの長水プールである。

そこにした理由は、大きくて、ぶつからないから。
着くなり妻が、懐かしいねぇと言う。
娘たちの応援で通ったという意味。

・・・爺さんや、婆さんや。
そこまで行かずとも、しかし老けた。
妻は淡々と泳ぎ、私は始めの50mで、腕が上がらなくなった。

1200mでギブアップ。
何と言うことだろうか、落胆である。
水泳は全身運動と、今さらながらの思いは、半端じゃない疲れである。




冷や奴.JPG

どーだの冷や奴

やる気の出ない、しんどい時の簡単食事は冷や奴。
豆腐の上にキムチをたっぷりのせ、しらすを盛りつける。
さらに上から天かすをばらまき、天つゆで、あるいるさん召しあがれ。


全くもって疲れた水泳。
大阪遠征でもしっかり歩いて、なんて、運動不足の言い訳でしかなかった。
ちょっと老後に赤信号が点滅のスイミングでしたね。

呼吸はつらいわ、腕がつらいわ、足も疲れた。
もう少し魚を食べなくてはな、と思った。



ファイト!








おもてなし   [味]





教え子が東京から猛暑を運んでやってきた。
わざわざ来てくれるのだから、おもてなし料理をする。
いつでも自己満足の、オレ。
 



1 piklus.JPG

・ ベーコンと玉ねぎ丸ごとのコンソメスープ
・ ピリ辛バンバンジー
・ ピクルス純情編と大人の黒胡椒ピクルスの2種
◆ イタリア産 スパークリングワイン





2 curry.JPG

・ 堅めに湯がいた枝豆
・ 和風だしとクミンシードのチキンカレー
・ 鶏挽肉とキノコのだし炊き込み御飯 (あとで)
◆フランス産シャルドネ3種、飲み比べ
その後、
◆ イタリア産の赤と、ボルドー産の赤





3 Odagiri.JPG

聞けばモーレツ社員状態で、オレの悪しき所に似て、心配になった。
流行りじゃないのに、寝不足の連続だったようだ。
3時間目を過ぎる頃には泥酔直前になり、4時間目からは水ばかりを与えた。

少しばかり大きな仕事を仕上げるようで、少々誇らしくもあるかな。
まだまだ勉強不足だ勉強せぇ、と余計なことを言うオッサン。
6時間目当たりから妻が合流した。

次女の「苦しい時代」は親も苦しかったと妻が言い、知らぬは脳天気なオレだけと知る。
7時間目には妻お手製の、絶賛チーズケーキを食し、8時間目に突入前、追い返す。
教訓: 先生の所には仲間と来なくては、さしで飲んだら疲れるぞ。


楽しかった。
8年前、彼女たちの3年次に作ったスライドショーを見た。
次の世代より完成度は低いのだが、見たいと言うから仕方がない。
見終えると、やっぱりオレって、良い作品を作るなぁ、と思った。

また会おう。
それまでにまた、成長していようぜ。
イイ仕事をしろよ。




ファイト!







豆乳みたいなもんか   [味]





妻が自身の栄養補給のため、ライスミルクを買った。
例によって、ネット通販である。

005.JPG

よく冷えた物があって、試飲させてくれ、と懇願した。
情状酌量されて、1本だけよ、と恵んで貰った。
獺祭だけど、酒ではなく、豆乳のようなお味であった。




026.JPG

社長のオススメなんだけど、しばらくの期間売り切れだった。
成田空港の土産物店で買った。
うわさの、こっこ。


030.JPG

うなぎパイだけが静岡の土産ではない、社長の言い分。
他にも味に種類があるけれど、まずは、標準を食す。
ただの蒸しケーキではない。




三女ちゃんご当選.jpg

研究生活に多忙中のようだけど、相変わらず三女ちゃんはご当選。
ふじっ子のレトルト食品は、食べてみたいと思う。
塩昆布でも豆でもなく、ラザニアとは、どんな感じなんだろうか、気になる。


北朝鮮は何をしたいのか分からんが、また飛ばしよった。
North Korea has just launched another missile.
Does this guy have anything better to do with his life?
トランプにこんなこと言われたらね、でも、非常に面白い。




ファイト!






とん平焼きを作った   [味]





接客レシピを蓄積中で、新たに一つ。
とん平焼きを作った。
これはイケる、ナイスだ。


025.JPG

出来たては美味いが、冷めると落ちる。
でも、レンジで温めて十分だった。
お好みソースで決まるので、安定的な味を提示できる。







005.jpg

JR生鮮市場へ買い出しに行く。
凜として立ち、立派に育っているのだが。
いったい何なのかが分からない。


004.JPG

あなたは誰ですか?
ネギですか?
よく見かけるのだが花なのか草なのか食物なのか、不明。



018.JPG

エルムの森公園に咲いている。
強い匂いをする花なのか、この木、何の木、気になる木。
モヤモヤしたまま、写す。






1498306388057.jpg
(ディズニーシーで)

ディズニーシーでウィッシングカードを配るお姉さんの、浴衣が気になった。
カードを貰わずに、ジロジロ見るオジサンは嫌われる。
だから貰ったが、浴衣が気になる。


隠れミッキーdazo.jpg

あちこちに、隠れミッキーかと思われる模様がある。
ディズニーで仕事をする人の浴衣は制服だから、この丸三つはミッキー略式か。
花の名前は分からなくてもいいが、こういうことは気になるのでした。


将棋の藤井クンが負けて少し寂しいが、これで彼も自分に挑戦できるようになった。
自民が大敗して、お灸を据えることが出来たのだろうかと、思った。
世の中は山場を過ぎたようなので、読書もしないでボンヤリした。

嵐の前の静けさ。
台風と、前線が、蒸し暑さと雨を連れて来るらしい。
それまでに、おもてなしレシピを、さらに追加していく。




ファイト!






料理人   [味]





大阪、東京から札幌に戻り、料理を楽しんでいる。
幾つかは妻に認められ、幾つかは課題が出された。
奨励賞を貰って、精進する。




照り焼き.jpg

照り焼きは、魚臭さを消し、照り照りに仕上げた。
棒棒鶏にピクルス、ラーメンサラダと、高得点。
バンバンジーはすりこぎで叩いて仕上げた、まさに棒棒鶏。

ピクルスと棒棒鶏は、お客様用に、成長である。
近いうちに、おもてなし料理として登場する。
準備、オーケーや。





塩昆布パスタ.jpg

塩昆布とシーチキンのパスタ。
なかなか面白く、暑い日の冷製としても良いかな。
これも、わがレシピに、キープ





クミンシードピラフ.jpg

クミンシードを使ったチキンピラフ。
暑い日のオジサンには受けるが、妻には、あまり・・・。
ベーコンとオニオンのスープは大いに喜ばれた。

ベーコンとオニオンのスープ、わてのレシピとして殿堂入りや。
これも接客用に、キープとなる。





ベーコンパスタ.jpg

和風お好み焼きソースパスタ。
めんつゆ(大匙3)、お好み焼きソース(小匙2)、塩胡椒、ガーリックパウダー。

一種独特の、変わった味が、また食べたい感を増す。
もやし(レンジで2分30秒)は、ポン酢とすりごまで、さっぱり系。





きのこパスタ.jpg

きのこのペペロンチーノ。
「まあ、こんなもんかな」と、妻。
あまり意外性はなかったので、殿堂入りはしない。


半年が終わり、まだまだ、修行中の料理人。
パスタを究めたい欲求がある。
妻に迷惑をかけない程度に、作り続けるつもり。

これからの半年。
どうなるのだろう2017年の後半。
不安もあるが、なるようにしかならない。




ファイト!






茶だんご   [味]





京阪電車の「宇治・伏見 1dayチケット」
茶だんごを食す。
そして、思う。


茶団子.jpg

京阪宇治駅前の駿河屋で、茶だんごを買う。
食べる、うまし。
妻や次女が居れば、どれほど喜んだことだろうか。


駿河屋.jpg

橋を渡って宇治橋西詰めの駿河屋、店の前に立ちて思う。
以前、この店で何かを買って食べたが。
と、電脳写真庫をあさり、見つける。


2004.12 Osa 083.jpg

2004年12月18日/駿河屋前にて
私の祖母が12月14日に亡くなり、18日には宇治で長女の大会があった。
葬式を終え、大会を応援だが、家族総出である。
もしJRを使わず京阪を使っていれば、橋の東側の駿河屋で茶だんごを食ってたな。


2004.12 Osa 031.jpg

2004年12月18日/立命館宇治高校にて
第3回 鳳凰杯 全国中学生英語スピーチコンテスト
確か長女は5位か6位だったように思う。
優勝したら春休みにカナダ招待で、アメリカ遠征と衝突するなぁ。
そんな不謹慎なことを考えていると、優勝を逃すものなのだった。

この大会は第14回を、平等院鳳凰堂でおこなって、最終回となった。
中学生あたりに刺激を与える大会は未来投資なのだが、この国はショボイ。
消えていく良きもの、もったいないなと思う。

同じ名の、駿河屋。 同じ名でも、売り物が違っていて、ケンカか?
13年前、私たちが京阪を使って移動し、茶だんごを食べていたら、人生変わってたか。
あの年、宇治川にかかる宇治橋を渡っていても、うーん、何も変わらんかったか。

年を距てた写真を見ながら、茶だんごを知らなかった自分を悔いている。
これはこれはもう、美味しかったんだから。
13年間、美味い物を知らずに過ごす不幸。

どうでもいいことを、思い考えてしまっている。




ファイト!







体験もんじゃ   [味]




次女と出かけると、基本的に3つのパターンとなる。
 1. ディズニー遠征
 2. 美味い酒と食を安く堪能する
 3. 甘味街道を歩く


群林堂.jpg

今回の目標地点は「群林堂」である。
東京メトロ有楽町線「護国寺駅」5番出口から徒歩1分
もちろん出来たての豆大福を買って食べる。


豆大福.jpg

黒豆の自己主張が強いけれど、絶妙の食感に震えた。
並びにある甲月堂の麩まんじゅう(税込み162円)も美味かった。
護国寺で世界平和と家族の幸せを願って、甘味こそ、よけれ。




まるた.jpg

月島に移動し昼食を取る。
月島もんじゃ振興会協同組合でクーポン券(1100円相当を1000円)×4枚買う。
まずは「まるた」に入る。


おしお.jpg

次に「おしお」に入る。
40年ほど前に新宿で食べたが、正しい食べ方ではなかったようだ。
今回は、「まるた」で指導を受け、「おしお」で実践をして食した。


もんじゃ.jpg

大阪生まれ人の典型で、もんじゃを下に見ていたのだが。
全く別の食べ物で、比較する対象ではないことが分かった。
べつに無くては生きていけないようなこともなく、呑むのには良いのかな。

焼き方も食べ方も分かった。
さーて、次は誰と食べることになるのだろうか。
今後は誘われて逃げることもなくなると思う。




ファイト!






コイもサカナ   [味]





春の待機圏内で、足踏み状態になっている。
昨日の朝、空模様も怪しく、風も冷たく強く、心配だから妻を送った。
数日の雨の日以外は既に、妻は自転車通勤だった。


初恋のぼり.JPG

娘たちが小さかった頃に勤務した学校の前を通って、妻を送る。
朝、おそらく生徒会の娘さんだろうか、鯉のぼりを上げていた。
三宮の北野天満宮なら、「恋のぼり」とでも言いたかろう。

冷たい風の中を泳ぐ鯉は、曇天に映えることはない。
それでも、生徒会の子は、誇らしそうに、舞う風を見上げていた。
乙女たちはきっと、それだけで正しいのだろう。




ブリの照り焼きウメェー.JPG

ブリの照り焼きを作った。
これが2作目であり、自身の、照りのからめ具合の上達を感じた。
迷ったけれど、やっぱり大根下ろしが必要だったか。
大根は、ネギとちくわと一緒に甘辛く煮込んで、とろみを付けたのだった。

極上の、ブリの照り焼きを、いずれ究めるつもりである。
酒、醤油、味醂、砂糖の2:2:2:1であるが、それを基本形に改良したい。
ブリの照り焼きを究める、カッコイイような気がするのだ。




ファイト!